【先読み】ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想『打撃の天才』

【画像】メデルのカポエイラはガオランの知るカポエイラではなかった | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルのカポエイラはガオランの知るカポエイラではなかった | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

 

  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレストーリー・あらすじ

メデルは、ガオランの「詰み」のパンチを体を倒すことで回避し、キックを使い出す。

寝そべってから繰り出される蹴りとは思えないほどのパワーを持ったメデルのキック。

メデルは、ガオランの足を手で押さえ、逃げられないようにしてから蹴りを繰り出す。

大久保は、メデルが使ってるのは「カポエイラ」だという。

カポエイラは、ブラジルの格闘技で、手枷された奴隷たちがダンスのふりをして習得したといわれてる。だから、足技中心の格闘技。そう解説する大久保でも詳しくは知らないという。

速水が補足する。

カポエイラは大きくわけで、アンゴーラとヘジォナウという流派に分かれている。どちらにも当てはまらないコンテンポラーニアというスタイルもあると補足する。

煉獄側は、メデルがカポエイラを習得していると知られてもメデルの勝ちを確信していた。

ガオランは、メデルのカポエイラの動きを観察し、ボクシングスタイルに比べて動きのバリエーションが少ないと見た。

【画像】メデルのカポエイラを甘く評価するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルのカポエイラを甘く評価するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

メデルの動きに合わせて、カウンターを喰らわせようとした時、メデルの動きに変化が。

メデルは、上段の蹴りをフェイントし、ガオランのくるぶしを攻撃する。

膝をつき、頭が下がったガオランの顔めがけて蹴りを入れる。

なんとかガードできたガオラン。メデルへの評価を改める。

ボクシングとカポエイラ、それに東洋武術(地功拳)の要素も混ざっている。ガオランの知るカポエイラとは全くの別物だった。

* * *

表舞台から去った後、メデルはブラジルの裏格闘技界に身を投じた。

チャンピオンだったメデルでも未体験の異種格闘技に大いに苦戦を強いられた。

メデルは、ヘビー級のままではいずれ負ける。大幅な減量が必要だと考える。

新しい技術もほしい。ボクシングベースに組み当てる場合、何がてきしてるか。

メデルに必要なのは「距離」。リーチのある蹴りを学ぶ必要があると考える。そこで、カポエイラだった。

【画像】裏格闘技界に身を投じたメデルは新しい技術としてカポエイラを選択した | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】裏格闘技界に身を投じたメデルは新しい技術としてカポエイラを選択した | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

一冊の参考書と、累計20時間の鍛錬で十分だった。

メデルはボクシングの天才に非ず、打撃の天才だった。

メデルは、ガオランの足の関節を狙い、機動力を奪う気だ。

そう思わせておいて、メデルの狙いはアギトとの戦いで一度潰された右拳。

偉大なボクサーを終わらせることに心が痛むと思いつつも、ガオランの右拳に目掛けて、蹴りを繰り出す。

ダメージを負ったのはメデルの足だった。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想・考察まとめ

起源は諸説あるみたいだけど、カポエイラの起源は、ブラジルの奴隷からなのか。

鉄拳など、ゲームでもカポエイラ使いキャラもちょいちょい出てきてるけど、動きが派手なので、なんでもない動きに惑わされてしまい、戦いづらいということがあった。苦手。

マンガワン『ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)』を読んで。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です