奴隷遊戯 第13話ネタバレ&感想『ZGAME(特別なゲーム)』

奴隷のメイド | 奴隷遊戯

奴隷のメイド | 奴隷遊戯より引用

  • 奴隷遊戯 第13話ネタバレストーリー・あらすじ『ZGAME(特別なゲーム)』
  • 奴隷遊戯 第13話ネタバレ感想・考察
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第13話ネタバレストーリー・あらすじ『ZGAME(特別なゲーム)』

カイはリンナを所有している会員に呼ばれた。

約束の日まで時間はあるけど、期日は覚えているかの確認だった。

運ばれてきたコーヒーを飲んでカイは美味しいと感じる。

そのコーヒーは、コピ・ルアクという最高品種で、猫のウンチから採取した豆を使っていると説明を受けるとコーヒーを噴出してしまうカイ。

カイは、コーヒーをやめて紅茶を所望する。

紅茶を持ってきた奴隷がミルクをどうするか聞いてきたのでカイはお願いした。

すると、女奴隷は、胸を露にして母乳を紅茶にいれはじめる。

栄養たっぷりの絞りたてを直接飲んでもいいといわれるもカイはテーブルを叩き、憤慨する。

リンナの声を聞かせてほしいと要求する。

すると見せられたタブレット端末には鎖でつながれたリンナが映っていた。

カイはタブレット端末に向かって叫ぶ。声は届いているようで、リンナもカイなのかと返事をする。助けやるといい終える前にタブレット端末の電源を切られてしまう。

1億デロス。これがリンナの交換条件だった。

面会が終わり、通路を歩いていると久保谷に声をかけられるカイ。

久保谷は話があるから少し付き合ってほしいというもカイは拒否する。

久保谷は、カイが金が必要なことを嗅ぎつけ、自分の存在はチャンスだとカイを唆そうとする。

久保谷が連れてきたのはレース場。奴隷が馬車を引いたレース場だった。ソサエティでは、1対1のバトルだけとは限らない。ここで、100万かけて万馬券がでれば1億デロス。

カイは、準会員が所持金ゼロになったら奴隷落ちになることを危惧する。

久保谷は、だから自分の提案に乗ってほしいという。

自分との勝負にのってくれたら、1億デロスをかけてもいいという。

カイはすぐに久保谷が何かを企んでいることを考える。

久保谷付きのオズワルドが現れ、カイに自己紹介をする。

貴族会員:久保谷 | 奴隷遊戯

貴族会員:久保谷 | 奴隷遊戯より引用

久保谷は、カイとZGAME(特別なゲーム)しようと微笑みかける。

カイは有村のことを思い出して、寒気を覚える。

オズワルドが勘違いしているカイにZGAME(特別なゲーム)の説明をする。

特別なゲーム | 奴隷遊戯

特別なゲーム | 奴隷遊戯より引用

ZGAME(特別なゲーム)とは、Zodiac EXodus(ゾディアック・エクソダス)の略で、黄道十二宮になぞらえて、十二の地獄。阿鼻叫喚の地獄に放り込まれた奴隷達が命を賭して脱出しようとするゲーム。

この街で開催する場合は「天蠍地獄」だという。バサラシティでの開催は数年ぶりだともいう。

そこでカイは自分の所有奴隷のことを整理する。

カイの所有奴隷は全員で4名。

カイ陣営 | 奴隷遊戯

カイ陣営 | 奴隷遊戯より引用

浜口は2度勝利しているも心もとない。
柏崎は政治家の中年だからバトル向きではない。
武闘派ヤクザの有村とテラノならどんな勝負でも勝てると考える。

しかし、ZGAMEの参加条件は最低参加人数は各チーム5人となる。ということを聞いて、参加条件に見合わないことを知る。

カイは奴隷は4人しかいないというと久保谷はとんでもないことを言い出す。

カイ自身がZGAMEに参加すればいいと。

久保谷は5人目のプレイヤーがカイ自身だった場合、1億デロスかけると約束する。

奴隷遊戯 第13話ネタバレ感想・考察

特別なゲームの最初の説明からして、1試合で12の地獄をクリアして脱出するのかと思ったら、「この街で開催するなら『天蠍地獄』」といっていたから一つを脱出すればクリア。勝敗は、一番最初に生還してものなのか、脱出中にポイントなどが加算され、それの合計点なのか。

今週の少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です