生者の行進 第7話ネタバレ&感想『終わらない悪夢』

別の霊がまどかを襲う | 生者の行進

別の霊がまどかを襲う | 生者の行進より引用

  • 生者の行進 第7話ネタバレストーリー・あらすじ『終わらない悪夢』
  • 生者の行進 第7話ネタバレ感想・考察
  • 生者の行進 概要
  • 生者の行進 登場キャラクター
  • 生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

生者の行進 第7話ネタバレストーリー・あらすじ『終わらない悪夢』

泪の弟・トモキの霊は、泪の生き霊だと指摘する省吾。

自分自身で生み出した幻だと言われ、今までのことが理解できた泪。

トモキの生き霊の存在理由 | 生者の行進

トモキの生き霊の存在理由 | 生者の行進より引用

このトモキは、自分の罪を忘れないためだけに生み出した存在だと再認識する。

省吾は、泪もワケありかと知って、めんどくさいカップルだなと思う。

泪はトモキの生き霊は放っておいてほしいと省吾にいう。

電話で東雲が高岡家の前に到着したと連絡してきた。除霊のことも話す。

そこに、浩二の友人・水戸が高岡家にやってくる。

高岡家に侵入しようとして東雲に止められる水戸 | 生者の行進

高岡家に侵入しようとして東雲に止められる水戸 | 生者の行進より引用

玄関外にいった東雲は、まどかの家庭教師を装って、水戸に近づくも水戸は浩二がいないならいいと足早に立ち去っていった。

高岡家で合流した泪とまどか。泪はバイトがあるので別れる。

今晩は泊まりの準備をしてきたという東雲。

東雲は、先ほど高岡家に来た浩二の友人・水戸の似顔絵を書いてまどかに見せる。

兄の友達ならよかったというも東雲はよくないと否定する。

コソコソしてたし、東雲の姿をみたら逃げるように帰っていったという。

それを聞いて、まどかも水戸のことは少し苦手だと告白する。

東雲は、何かあったら引っ張れるように裏を取っておくという。

東雲は警察の同僚に電話をかける。

水戸の身辺調査とアリバイと部下に調べさせる東雲 | 生者の行進

水戸の身辺調査とアリバイと部下に調べさせる東雲 | 生者の行進より引用

水戸の身辺調査と女子高生の事件の当日のアリバイや前科の確認などを要請する。

泪は、バイトに出かける直前に父親の呼び止められる。

小遣いがほしいなら出すというも高校卒業したら家をでるからそれまで我慢してほしいといって家を出る泪。

泪がバイトに出かけたことを確認する東雲。

兄浩二は彼女の家にいってるというメールがあったから今夜は帰ってこないだろうというまどか。

晩御飯を一緒にとる二人。

まどかは東雲の兄弟のことを聞くと、10年前に亡くなったと言う。

話題を変えて、東雲は美人だから恋人がいるのではと聞くと、いたけど仕事に夢中になりすぎて振られたという。

まどかが泪のことを好きだと看破する東雲 | 生者の行進

まどかが泪のことを好きだと看破する東雲 | 生者の行進より引用

恋人の話題になり、東雲はまどかに泪のことが好きなんだろうと確認する。

肯定するまどか。

その思いを伝えるまでは生き延びないとなという東雲。

夜、同じ部屋で寝ることになるまどかと東雲。

唇の霊はいなくなったから大丈夫かと考えるまどかだったが、その考えは甘かった。

足音が消えてくる。

足音がベッドにあがってきた。

まどかが目をあけると、そこには唇とは違う何かがベッドに這い上がってきた。

グプ、プピピ

何を言っているのかわからない言葉で、その霊は、包丁を振り上げて、まどかに振り下ろす。

別の霊がまどかを襲う | 生者の行進

別の霊がまどかを襲う | 生者の行進より引用

頬が切れて悲鳴を上げるまどかだが声がでない。

東雲が泪に助けを求めるまどか。

生者の行進 第7話ネタバレ感想・考察

今回の亡者みたいな霊は、唇の生き霊が変化したものか。または唇の生き霊とは別の何かか。

別の生き霊だとすると、この生き霊こそ水戸の生き霊なのか。

唇の生き霊が強過ぎて、水戸の生き霊がこれなかっただけなのか。

少年ジャンプ+『生者の行進』を読んで。

生者の行進 概要

「その唇を見た瞬間?僕は心臓が止まりそうになった。」第2回連載グランプリ獲得作品が満を持して連載化!日常に這い寄る混沌…!本能を刺激する新進気鋭のホラーサスペンス!!

生者の行進 登場キャラクター

吉川泪(よしかわるい)
霊が見える少年。

小栗美弥(おぐりみや)
狂気を感じる霊に取り憑かれていた女子高校生。

高岡まどか(たかおかまどか)
吉川泪(よしかわるい)の幼馴染。

吉川トモキ(よしかわともき)
吉川泪(よしかわるい)の弟。幼い頃に交通事故で亡くなり、霊となって吉川泪(よしかわるい)の傍にいる。

東雲(しののめ)
捜査一課の刑事。

高岡浩二(たかおかこうじ)
高岡まどかの兄で昔、吉川泪(よしかわるい)をいじめていたグループのリーダーだった。

神原省吾(かんばらしょうご)
除霊能力を持つ高校一年生。

生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です