奴隷遊戯 第17話ネタバレ&感想『重要アイテム|有村の裏切り』

久保谷に寝返る交渉をする有村 | 奴隷遊戯

久保谷に寝返る交渉をする有村 | 奴隷遊戯より引用

  • 奴隷遊戯 第17話ネタバレストーリー・あらすじ『重要アイテム』
  • 奴隷遊戯 第17話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第17話ネタバレストーリー・あらすじ『重要アイテム』

ゲート近くのテラノが攻略した砦を任された柏崎。

まずは、テラノが投げつけて発射できなくした機銃の銃口に突き刺さったナタを抜き取る柏崎。

通信で、カイが周囲を警戒してなるべく威嚇射撃ですましてほしいというも柏崎は弾丸に限りがあるので無駄弾になって肝心なときに弾丸切れのことを心配する。

その通信を聞いて、テラノは、倒した奴隷は生きているからと忠告する。

実際に、奴隷は気絶しているだけで、動いたことに気付く柏崎は、銃口を砦を守っていた奴隷に向ける。

カイは撃つなと柏崎に命令する。

柏崎に不殺を命令するカイ | 奴隷遊戯

柏崎に不殺を命令するカイ | 奴隷遊戯より引用

襲われてやむを得ない時以外はなるべく始末しないようにしてほしいと頼む。

縛ればいいというも縛るものを持っていない柏崎。

仕方なく、腕はベルトで、足はスボンで奴隷を拘束する。

サソリに怯える柏崎。

有村は、そんなやり取りを聞いて、カイは優しいと笑う。ヘッドギアを外す有村。

観客会場

砦はフィールド上に5、6個あると予想し、中央に近づけば近づくほど重要なアイテムが隠されているという。

久保谷チームが二つ目、しかも中央部の砦を攻略。その攻略の早さに歓声が巻き起こる。

久保谷は経験者だから砦への嗅覚が鋭いと考える観客。

カイはカメラでチームの確認をする。柏崎はなんとか大丈夫。有村のほうはジャングルで動かない。サボっているのかと考える。

その時、浜口に頭を抑えられ、伏せることを強制されるカイ。

浜口が指差す先に、砦があり、久保谷チームの奴隷が2人で、砦の奴隷に拷問していた。

カイは、石を拾い、スリングで攻撃しようとするも浜口が止める。

浜口は、NPCという関係ない奴隷だから助ける義理はないというもカイはゲームには勝ちたいが、命に優先順位をつけて見捨てたら、この戦いを笑ってみている連中と同じなるとカイは浜口の制止をふりはらってスリングショットをする。

石は、久保谷チームの奴隷に当たらず、自分たちの存在を気付かせるだけだった。

久保谷の奴隷は、砦で獲得した武器を使用する。

カイと浜口の近くの木の幹が砕ける。

使ったのは『拳銃』だった。

久保谷は、リューゴに通信で中央に敵が現れたから向かえと命令する。

その時、リューゴは気配を感じ、ナイフを繰り出すも止められる。

お願いリューゴvs有村 | 奴隷遊戯

お願いリューゴvs有村 | 奴隷遊戯より引用

リューゴのナイフをとめたのは有村だった。

有村はリューゴをタイプじゃないと軽くあしらう。

久保谷にビジネス交渉を持ちかける有村 | 奴隷遊戯

久保谷にビジネス交渉を持ちかける有村 | 奴隷遊戯より引用

有村はリューゴのマスターに相談したいことがあるという。

久保谷はリューゴに待つように命令する。

有村は話せるかと電話のジェスチャーをする。

リューゴのヘッドセットを渡すように久保谷はいう。

有村は、まず表の世界の自分の自己紹介をする。久保谷はヤクザとの付き合いはないから知らないという。

テラノの存在を久保谷にバラす有村 | 奴隷遊戯

テラノの存在を久保谷にバラす有村 | 奴隷遊戯より引用

有村は、カイのチームに最強の格闘家がいて、久保谷の奴隷だと勝てないと宣言する。

久保谷は有村に本題に入るようにいう。

有村は、カイのことをションベン臭くて頼りないと説明する。

久保谷は時間稼ぎなら話を切るといおうとすると、有村は格闘家を自身で始末すると宣言する。

成功報酬でいいから、このゲームが片付いたら買い取ってほしいと久保谷に要求する。

久保谷は自分のところに来たいのかと聞くと、有村は人に使われるよりも使うほうが得意だという。

奴隷遊戯 第17話ネタバレ感想・考察まとめ

ヘッドセットがとれてもペナルティはないのか。

有村の裏切りのように見えるけど、これは有村の作戦じゃないかな。有村が、テラノを錐一本で始末できるとも思えないし。

格闘家の強さを説明し、自分で始末つけるといえば、久保谷は奴隷の被害を最少にするべく、有村の報告を受けるまで、防御態勢を奴隷に指示するはず。

その時間稼ぎをした上で、有利に持っていく作戦のような気もする。

有村の本心 | 奴隷遊戯

有村の本心 | 奴隷遊戯より引用

有村は、「使われるよりも使うほうが得意」という発言。これは今回の作戦に合致している。カイの作戦で使われるよりも自分の作戦で久保谷を利用したほうが有村にはやりやすいということではないだろうか。

マスターは、久保谷よりもカイのほうが「使いやすい」だろうし、使いにくい久保谷のところにわざわざいかないだろう。

しかし、ただの時間稼ぎも面白くないから、次の手を考えているだろうけど、有村はどうやって次を作ろうとするのか。

奴隷にカメラがある以上、有村が対決の行動をとるとバレてしまうので、隠密で始末するか、人質とったいってリューゴをテラノのところに連れて行くとかだろうか。

そうすれば、安全にまずひとりは敵の奴隷を減らせる。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です