天空侵犯 第205話ネタバレ感想『なにはともあれ|瀕死の大天使の仮面に亀裂』

瀕死の大天使の仮面に亀裂が入る | 天空侵犯

瀕死の大天使の仮面に亀裂が入る | 天空侵犯より引用

  • 天空侵犯 第205話ネタバレストーリー・あらすじ『なには ともあれ』
  • 天空侵犯 第205話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第205話ネタバレストーリー・あらすじ『なには ともあれ』

管理者は、「歴史好き」なので相川の狙いはわかるという。

「自分が死ねども思想は死なず」という考え。相川の思想を知る者。本城理火が生存していれば、いつかは、その思想を受け継いでくれるかもしれない。

洗脳解除につえいは、洗脳によって作られた意思など相川の思想に反する。洗脳ではなく、優秀な人間による自らの意思で思想を実現してほしい。

相川はそう考えているのではという管理者。

それを聞いてピンとこない理火。

しかし、相川は管理者の推測どおりで説明感謝するという。

自分の思想を聞いた時点でアウトだという相川 | 天空侵犯

自分の思想を聞いた時点でアウトだという相川 | 天空侵犯より引用

相川は理火に、現時点で相川の思想を否定しても関係ない。理火が相川の話を聞いたその時点でアウトだという相川。

相川の思想。優秀な人間だけを残す。絶対に正しいと考える。理火が、人間の愚かさに愛想が尽きたとき、相川の思想は復活することになる。

人間がこれ以上に愚かになっていくなら絶対にそうなると信じる相川。人間はバカばかりだと。

そのために、バレー仮面や給仕仮面など自分の配下の天使は理火に協力するようにという相川。

そして、スナイパー仮面。みんなと協力して生き延びろという理火に言う相川。

理火は、相川の思想のことではなく、最後なのだから、最後の言葉が人間に対する恨みでいいのかと相川に聞く。

相川守の母親 | 天空侵犯

相川守の母親 | 天空侵犯より引用

相川は、最後という言葉を反芻して、最後にもう一度だけ母親に会いたかったと母親のことを思い出す。そんな想いを考える自分をくだらないと考える相川。そして、最後を迎える。

理火は上着を脱ぎ、相川に被せる。

そして、管理者を見上げる理火。

相川守「落選」という管理者 | 天空侵犯

相川守「落選」という管理者 | 天空侵犯より引用

管理者は、なにはともあれ、相川守は「落選」という。

弾丸を避ける管理者。

スナイパー仮面が管理者が持つ槍を破壊しようとした。

管理者は、槍を破壊しようとするのは感心しないが、狙いは正しいという。

田辺を撃っても、管理者は死なず、田辺だけが死ぬだけだと。

スナイパー仮面は、アインのことをどうしたと聞く。

管理者の能力で眠るアインちゃん | 天空侵犯

管理者の能力で眠るアインちゃん | 天空侵犯より引用

管理者は、アインは攻撃対象になっていないといい、管理者の能力で眠ってもらっているという。

理火は、管理者の能力に感心し、管理者の持つ槍を掴む。

管理者の攻撃対象は「接触段階」に入ったものたちかという理火。

理火の動きがまったく見えなかったスナイパー仮面。管理者どころか、スナイパー仮面も理火の動きに驚く。

理火は確認する。理火と「審判」であるスナイパー仮面も攻撃対象なのだなと。二人と戦うのに、借り物のカラダで闘うつもりかと聞く理火。

管理者はため息は吐き、戦いはやめておくという。

田辺のカラダでは、勝てそうにないし、無駄なエネルギーも消費したくないという。

自分を始末できないことを盾にする管理者 | 天空侵犯

自分を始末できないことを盾にする管理者 | 天空侵犯より引用

管理者は続け、理火やスナイパー仮面に、管理者を倒してはいけないとルールを思い出していると確認する。管理者がいなくなれば、この領域と元の世界が融合してしまうことも。

いつか、「試練」として、管理者本体が直接、理火とスナイパー仮面の命を狙うときがくるかもしれませんが、その時は命を奪わないように注意してくださいと笑う。

理不尽かもしれないが、この機関の絶対的ルールなのだと。

理火は、相川とまた別のタイプのムカツクヤツだと管理者に言う。

この領域のルールを語る管理者 | 天空侵犯

この領域のルールを語る管理者 | 天空侵犯より引用

管理者は言う。すべてはこの機関を健全に運用し、正しく「神」を誕生させるため、そのためのルールを破壊する可能性がある者は、試練とは無関係に排除させてもらう。

現在は、「大天使」を排除するために守護天使が動いている。「大天使」が排除されれば、この地域における「乱れた戦い」も終了し、元の健全な展開へと戻るでしょう。

ディーラー仮面は、相川の始末、「使徒」と「審判」の戦いの終了を確認。管理者の介入も感知する。

向こうの戦いが終わったおかげで大天使の意識の観測がしやすくなった。

大天使は、まだ生きているがだいぶ弱っている。このまま亡くなってしまうかもしれないという状況の大天使。

大天使の仮面にヒビが入る。

アインのことを「アインちゃん」と呼ぶ管理者 | 天空侵犯

アインのことを「アインちゃん」と呼ぶ管理者 | 天空侵犯より引用

天空侵犯 第205話ネタバレ感想・考察まとめ

なんで、管理者は、アインのことを「アインちゃん」と呼ぶのだろうか。この管理者と名乗る男、青原じゃないだろうな。

大天使は金髪か。大天使の素顔が見えるのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です