地獄楽 第7話ネタバレ感想『佐切をお姫様抱っこで助ける画眉丸』

佐切をお姫様抱っこで助ける画眉丸 | 地獄楽

佐切をお姫様抱っこで助ける画眉丸 | 地獄楽より引用

  • 地獄楽 第7話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第7話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第7話ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸は、目の前にいる得体の知れないものの正体はわからなかった。

魚の頭に、腕は6本。数珠をして合掌している。ばかばかしい見た目だがあまりにも非現実的。

画眉丸の本能が危険と告げていた。

画眉丸はマスクをして得体の知れない化物に戦いを挑む。

佐切もこの状況を冷静に判断しようと思うも分かったことはキモいということ。

頭が魚の化物が、合掌した手を数珠ごと引きちぎり、無数の手を伸ばして画眉丸に攻撃してきた。

画眉丸は伸びた手をかわし、頭に蹴りをいれる。

化物に捕まる画眉丸 | 地獄楽

化物に捕まる画眉丸 | 地獄楽より引用

口先が破裂しながらも魚は画眉丸の足を掴み、地面に叩きつける。

佐切が心配して助けようとするも画眉丸は自力で腕を振り払い逃れる。

画眉丸の蹴りで血を流していることから生き物だとは分かる。

忍びの鉄則その五。得体の知れぬ敵とは対峙すべからず | 地獄楽

忍びの鉄則その五。得体の知れぬ敵とは対峙すべからず | 地獄楽より引用

長から教えられた忍びの鉄則その五に得体の知れぬ敵とは対峙すべからずとある。

逃げることを考えるも佐切と二人でかと迷う。

その迷いの隙に魚の化物は、画眉丸を捕まえようとする。

棘のある尾を画眉丸に巻きつけ、木にぶつける。

血を流す画眉丸。佐切が駆けつけ心配する。

画眉丸は鉄則に従い、ひとまず逃げると佐切に告げるも周りには魚だけではない化物で囲まれていた。

その化物の皆が、数珠や法衣を着ている。

画眉丸は余計なことを考えるのをやめて、化物たちに攻撃をしかける。

忍法・火法師。

体温上げて皮脂を発火させる単純な術だと説明する画眉丸に佐切は普通はできないという。

石隠れ衆は常軌を逸した修行を積む。

それにより人間の域を超えた能力を手に入れる。

火を吹くなど序の口。雲まで飛ぶ忍びもいれば、海と一体になる忍びもいる。

妻がいう情を貫く事が真の武勇。

佐切がいう情は弱さじゃない。

化物に囲まれて戦うことだけを考えろと自分に言い聞かせる画眉丸 | 地獄楽

化物に囲まれて戦うことだけを考えろと自分に言い聞かせる画眉丸 | 地獄楽より引用

そんな言葉を頭から振り払い、ただ化物と戦うことを考えようとする画眉丸。

攻撃してきた鬼のような化物の背後に周り首に手を突っ込み、頭を破裂させる画眉丸。

無罪を手にし、血塗られた世界から抜け出すためにただ戦う。

画眉丸の壮絶な戦い方をみて、佐切は、危険なお役目だと承知していたつもりだったが、違った。世界が違うと感じる佐切。

現実逃避する佐切 | 地獄楽

現実逃避する佐切 | 地獄楽より引用

とてもこの世の光景とは思えない。本物の極楽浄土かと考える佐切。

しかし、足をひっぱられ現実に戻される佐切。

後ろから攻撃してくる化物に対応しようとする佐切。それを目の端で捕らえる画眉丸。

余計なものは気にするな。目の前の敵を排除することだけに集中しろと自分に言い聞かせる画眉丸。

しかし、画眉丸のカラダは、佐切を助けていた。佐切に襲い掛かろうとしていた化物の腕を切り落とし、佐切をお姫様抱っこで助けていた。

佐切を助けたことで隙が生まれ、敵の尾が画眉丸の顔に撒きつく。

地獄楽 第7話ネタバレ感想・考察・まとめ

緊急事態に現実逃避とはな。この流れで足を引っ張るパターンはお約束だけど、、、

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です