最底辺の男 第13話②ネタバレ感想『真実』

最低過ぎて最高だと雅彦を評すマヤ | 最底辺の男

最低過ぎて最高だと雅彦を評すマヤ | 最底辺の男より引用

  • 最底辺の男 第13話②ネタバレストーリー・あらすじ『真実』
  • 最底辺の男 第13話②ネタバレ感想・考察
  • 最底辺の男 概要
  • 最底辺の男を連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

最底辺の男 第13話②ネタバレストーリー・あらすじ『真実』

父親が埋めた遥を掘り返してみると、目を見開く遥。

そして、遥は目を見ろという。

雅彦は、遥の首を絞めていた。

真実を遥から語られて叫ぶ雅彦。

その話は本当なのかと刑事は聞く。血まみれになりながらも生きながらえていた刑事。

雅彦の父親が犯人と確信していたから乱暴な方法で自白させた。

遺棄した場所には、遥の遺体はなく、そのせいで強引な捜査が問題になり、雅彦の父親はその後、釈放される。

刑事は、雅彦に遺体を動かしたのかと聞く。

雅彦は何も知らないという。しかし、遥はすべては雅彦がやったという。

それを聞いたマヤやその子供たちは、雅彦が最底辺すぎてよだれがでてくる。

山田なんて目じゃない。あまりの食欲にどうにかなりそうだというマヤ。

しかし、マヤは一応ルールがあるからとその場で雅彦を食べない。家族に了承をとってからでないと食べられない。雅彦の家族はもういない。

マヤは雅彦に携帯電話を渡し、雅彦のことを必要だといってくれそうな人に連絡をとって「必要」といったらセーフにしてあげるという。

大サービスでたったひとりでいいというマヤ。

しかし、マヤはそんな人が雅彦にいないことを知っていた。

過去にはそうなってくれそうな人はいた。山田や佐藤。しかし、雅彦は自ら放棄した。

マヤは残った人間二人に雅彦が必要といってあげればというも難しい。

正真正銘の最底辺の男だと格付けされる雅彦 | 最底辺の男

正真正銘の最底辺の男だと格付けされる雅彦 | 最底辺の男より引用

地球上で誰一人、雅彦のことを必要としていない。正真正銘の最底辺の男だというマヤ。

必要する人がいない雅彦を食べようとするマヤたち。

雅彦のことは遥が必要だという | 最底辺の男

雅彦のことは遥が必要だという | 最底辺の男より引用

しかし、遥が必要だという。自分には雅彦が必要だという遥。

遥は雅彦のことを愛しているという。

雅彦のことを愛しているという遥 | 最底辺の男

雅彦のことを愛しているという遥 | 最底辺の男より引用

最底辺の男 第13話②ネタバレ感想・考察

遥は、雅彦を愛しているから、マヤたちを裏切った。愛しているから雅彦を助けたということだとして、最底辺すぎるから惚れたということだろうか。それとも他に何かがあるのだろうか。

マンガUP!『最底辺の男』を読んで。

最底辺の男 概要

クラスの底辺をさまよう臭いフェチ・村井雅彦(16)。ある日、転校してきた美少女・水沢遥と付き合うことになった、彼の口からこぼれた言葉は「水沢遥は5年前に死んでいる」という事実だった…。彼女はいったい何者なのか!? その目的は!? 心揺るがす最底辺サスペンスホラー開幕!

最底辺の男を連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

人気のファンタジー、コメディー・ギャグ、バトル・アクション、恋愛・ラブコメ、ホラー・サスペンスなど、15種類以上のジャンルから作品を検索できます!
少年漫画から少女漫画、青年コミックなど多彩なマンガジャンルが勢揃い!恋愛マンガが好きな方もホラー漫画やアクション漫画にハマっている方も満足していただけます!
更に運営がまとめた作品テーマも!好みのジャンル・テーマからお気に入りの漫画を見つけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です