生者の行進 第11話ネタバレ感想『絆』

霊を押さえ込む泪 | 生者の行進

霊を押さえ込む泪 | 生者の行進より引用

  • 生者の行進 第11話ネタバレストーリー・あらすじ『絆』
  • 生者の行進 第11話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 生者の行進 概要
  • 生者の行進 登場キャラクター
  • 生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

生者の行進 第11話ネタバレストーリー・あらすじ『絆』

まどかを襲っている新手の霊。

肉の焦げた匂いが部屋中にたちこめる。

携帯が反応しない。いまならと泪は、まどかにのしかかる霊に体当たりをする。

霊に触れることができた泪。

霊にタックルする泪 | 生者の行進

霊にタックルする泪 | 生者の行進より引用

泪は、霊を壁に押し付けながら、まどかをベッドから降りるように指示する。

震えながらまどかはベッドから降りる。

泪は霊に投げ飛ばされ、逃げるまどかの髪の毛を使ってつるし上げる霊。

明らかな殺意がある霊。

泪は、ちゃぶ台を持って、霊に突進していく。

ちゃぶ台とベッドで霊をサンドイッチにしてまどかを逃がす。

泪は部屋の外にでろという。霊は包丁を持って泪の手につきたてる。

形勢逆転した霊は、何度も泪に切りつける。

まどかは、霊にやめるように懇願する。

その時、まどかの前にトモキの霊がやってくる。

トモキの霊は、泪と襲っている霊の間に入って、やめてと懇願する。

霊は、生前に息子に庇われたことを思い出して動きを止める。

霊は亡者から女性の姿にかわる。

トモキが助けにくる | 生者の行進

トモキが助けにくる | 生者の行進より引用

トモキは泪に、長く持たないから先に言っておくという。

わるいひとには教えればいいと。

何を教えればいいと聞くも襲ってきた霊は、女性の姿から亡者へ変容し、トモキを襲おうとする。

トモキは「起きて」というと、泪とまどかは目を醒ます。

互いにトモキの霊だったよなと確認しあう二人。

病院では、省吾が入院中の母親にお見舞いにきていた。

花を母親に贈る省吾。自分が花瓶にいれる。

小夜子は、省吾が佐倉のことに気づき、自己紹介する佐倉。

省吾が彼女を連れてきたとはしゃぐ両親。

医師が回診にまわってくる。

簡単な診察を終え、医師は省吾を別室に呼ぶ。

そこで、医師は、省吾に土下座していた。

医師を威圧する省吾 | 生者の行進

医師を威圧する省吾 | 生者の行進より引用

そして、省吾は話が違うと医師に威圧していた。

生者の行進 第11話ネタバレ感想・考察まとめ

省吾の親は霊能力はなさそう。話が違うというのはどういうことだろうか。治療ができていないから、悪い霊を医者に取り付かせるとかいって脅しているのだろうか。

少年ジャンプ+『生者の行進』を読んで。

生者の行進 概要

「その唇を見た瞬間?僕は心臓が止まりそうになった。」第2回連載グランプリ獲得作品が満を持して連載化!日常に這い寄る混沌…!本能を刺激する新進気鋭のホラーサスペンス!!

生者の行進 登場キャラクター

吉川泪(よしかわるい)
霊が見える少年。

小栗美弥(おぐりみや)
狂気を感じる霊に取り憑かれていた女子高校生。

高岡まどか(たかおかまどか)
吉川泪(よしかわるい)の幼馴染。

吉川トモキ(よしかわともき)
吉川泪(よしかわるい)の弟。幼い頃に交通事故で亡くなり、霊となって吉川泪(よしかわるい)の傍にいる。

東雲(しののめ)
捜査一課の刑事。

高岡浩二(たかおかこうじ)
高岡まどかの兄で昔、吉川泪(よしかわるい)をいじめていたグループのリーダーだった。

神原省吾(かんばらしょうご)
除霊能力を持つ高校一年生。

水戸則夫(みとのりお)
まどかの兄・浩二の友人。現在、小栗美弥を始末した最有力容疑者。

神原小夜子
省吾の母。

佐倉はるか
省吾のクラスメート。

生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です