【連載再開】出会って5秒でバトル 第65話ネタバレ感想『4thプログラムの内容』

4thプログラムの集合場所に向かうアキラとユーリ | 出会って5秒でバトル

4thプログラムの集合場所に向かうアキラとユーリ | 出会って5秒でバトルより引用

  • 出会って5秒でバトル 第65話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 出会って5秒でバトル 第65話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 出会って5秒でバトル 概要
  • 出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

出会って5秒でバトル 第65話ネタバレストーリー・あらすじ

4thプログラム開始初日。午後6時。

指定座標に集まるアキラとユーリ。

指定座標を遠くから見る二人。

広場のベンチには一人帽子を被ったものが座っていた。

あのものも参加者の一人かとも考える。

アキラは、知らされている参加者は12人。半分は知らない人間。魅音のメッセージには「集合」としか書いてなかった。4thの内容もいつ開始かも分からない以上、不用意に先に姿を見せたくないのは全員同じだろうという。理由からあのものは一般人かもしれないというアキラ。

ユーリは最後にリーダーの白鷲を何を話ししたのかとアキラに聞く。

アキラは負傷した白鷲に4thプログラムへ進むことを伝える。

白鷲は、アキラに緑のリーダーになってほしかったが、このゲームを終わらせれるのもアキラだろうと4thを受け入れる。

約束通り、3rdを出るためにチームが蓄えたポイントを使うことを許可し、ユーリとアキラだけではない4thに進む意思のある者にも全員ポイントを与えるといいとアキラにいう。

そして、人払いまでしてアキラと二人っきりで話したかったのは頼みたいことがあるという白鷲。

二人だけの秘密ゆえにユーリにも話さなかったアキラ。

そこに、熊切とりんごがアキラとユーリを見つける。

熊切の切断された手が元に戻っていた。

りんごの顔の怪我も治っていた。熊切は今更驚かないという。

熊切がアキラに指差した先に霧崎がいた。

心配する熊切だがアキラはすぐそこでやりあうわけじゃないという。

アキラが熊切とりんごに話したいことがあるというも、集合場所の広場に魅音が現れる。

参加者は、魅音の周囲に集まるようにと指示され、アキラたちはそれに従う。

万年青を見つけるアキラ。

万年青のそばには二人。前にも見た青チームの仲間だろうかと考える。

最初に座っていた帽子の男も参加者だった。アキラは要注意人物だと考える。

そこに、香椎がアキラのところにやってくる。

アキラの能力が大砲ではないと知る香椎 | 出会って5秒でバトル

アキラの能力が大砲ではないと知る香椎 | 出会って5秒でバトルより引用

4thにコマを進めた香椎。アキラは3rdのほうが安全と思わなかったかと聞くと、香椎はアキラとのつながりができたんだし、アキラについていけという勘がいっているとアキラにくっつく香椎。

香椎は、アキラの能力が「大砲ではない」と知っている。気を許してはいけない存在。

そこで、男がりんごや香椎に声をかける。

最初は誰だがわからなかったが、2ndプログラムで対戦した北島浩二だった。

様子が変わっている北島にどうしたんだろうと思うりんご。

魅音は始めるというも霧崎が11人しかいないと指摘する。

チーム魅音の12人目のメンバーは魅音自身 | 出会って5秒でバトル

チーム魅音の12人目のメンバーは魅音自身 | 出会って5秒でバトルより引用

魅音は「チーム魅音」の12人目は自分だという。

モニターで関している佐藤は、ヤンに魅音に振り回されていることを指摘する。

万年青をまだ処分していないことも指摘するとヤンは、そのことは知らなかったといいわけをする。

佐藤は、魅音は特別で、魅音を監視人にしたのは賭け。でも結果は必ず望むものでなければならないという。

4thプログラムの他の監視人たち | 出会って5秒でバトル

4thプログラムの他の監視人たち | 出会って5秒でバトルより引用

4thプログラムの他の監視人たちと厄災レオンハルト | 出会って5秒でバトル

4thプログラムの他の監視人たちと厄災レオンハルト | 出会って5秒でバトルより引用

4thプログラムは、監視人たちが、それぞれのやり方と尺度で選んだ「候補者」たちのバトルロイヤル。「候補者」たちの闘いであると同時に監視人たちの闘いでもある。

それだけに、監視人たちを監視する監視人が必要。

厄災は「レオンハルト」。

ヤンの「目」の能力 | 出会って5秒でバトル

ヤンの「目」の能力 | 出会って5秒でバトルより引用

佐藤は、ヤンにプログラムを成功させなさいという。4thプログラムに限り、ヤンの「目」の能力の使用許可を出す。

12人のチームが6チームの全66人によるバトルロイヤル。ラストプログラムにすすめるのは、最後まで残った6人だけ。

出会って5秒でバトル 第65話ネタバレ感想・考察まとめ

「候補者」が全員始末されて、残ったのが監視人6人でもラストプログラムを監視人たちでやるということだろうか。

だとするなら、そもそも魅音も、大きな流れの「参加者」ということか。魅音も闘いに参加すると考えると魅音の能力の「大砲」はちょっと弱いんじゃないかな。大砲以外に何かの能力があるのか。

「チーム魅音」のメンバーと能力を整理。

魅音
手を大砲にする能力

白柳啓
16歳、高校生。「詭弁家」相手があなたの能力だと思った能力

天翔優利
17歳、高校生。「鬼神」身体能力を5倍にする能力

霧崎円
17歳、高校生。「真剣師」木の枝をなんでも切れる剣に変える能力

熊切真
33歳、プロレスラー。「金剛手」2秒間無敵になる能力

多々良りんご
18歳、高校生。「皮肉屋」相手の能力を十分の一でコピーする能力

北島浩二
手を地面につけている間、触れた能力を無効化する能力

香椎鈴
24歳、OL。「鉄の処女」血を刃物に変える能力

万年青
能力不明

万年青の仲間1(男)
能力不明

万年青の仲間2(女)
能力不明

謎の帽子の男
能力不明

マンガワン『出会って5秒でバトル』を読んで。

出会って5秒でバトル 概要

主人公、白柳 啓(しろやなぎ あきら)は現在16歳の高校生。趣味はゲーム。

成績は全国模試でもトップクラス。そんな彼は公式、文法、単語、年表・・・単にどれだけ記憶できるかを競うだけの受験戦争などに興味はなく、さまざまなテーマを与えられ、それに従った効率的な攻略法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する

そういったゲームを求めていた。そのため、普通の日常というものに退屈していたのだが・・・

突然現れた謎の包帯男により、その日常は崩壊した。

啓は、その包帯男をゲーム感覚で撃退することに成功した。ほっとしたのもつかの間、新たに現れたマジシャン風の女に「負けイベントだ」と つげられ、あっけなくやられてしまうのだった。

その後、どことも知れない病院に似た施設にて手当を受けた後に、似たような境遇の人ばかりが集められた会場に再びマジシャン風の女が出現。

それぞれに与えられた「能力」を使って戦うことになるのだった・・・。

出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。

マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。

2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。

マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です