・コミックファイア ネタバレ感想」タグアーカイブ

コミックファイア作品のネタバレ感想。
コミックファイアについて。

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。

異世界料理道 第3話ネタバレ感想『異郷の朝|黒ギャル・アイファのサービスシーン』

生まれたままのアイファを助けるアスタ | 異世界料理道

生まれたままのアイファを助けるアスタ | 異世界料理道より引用

  • 異世界料理道 第3話ネタバレストーリー・あらすじ『異郷の朝』
  • 異世界料理道 第3話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 異世界料理道 概要
  • 異世界料理道 登場キャラクター一覧
  • 異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

異世界料理道 第3話ネタバレストーリー・あらすじ『異郷の朝』

異世界の見習い料理人・アスタ。一応、料理の許可を得た。

大見得を切って申し出たのだから下手な料理を出せば、どうなるかわかるなとアイファに脅される。

森の中に入る二人。

ピコの葉を取りに行く。その辺に生えてる葉を見るアスタ。ピコの葉は川辺に生えているとアイファが教えてくれる。

ピコの葉は黒コショウの原料。食料庫を乾燥させていたものとアイファに確認するアスタ。肉にまぶすことで腐敗を防ぎ、一ヶ月ほどで効果はなくなるというアイファ。

アスタはこの辺りの実も何かに使うのかと摘み取ろうとするとアイファが止める。

モルガの山から恵みを奪うのはタブーだという。

ギバ喰いのための民だと説明するアイファ | 異世界料理道

ギバ喰いのための民だと説明するアイファ | 異世界料理道より引用

ギバにとって食用にならない一部の草葉のみ採取が許されている。モルガノ森も山も西の王国セルヴァの版図。元々、南の王国ジャガルより逃れてきた森辺の民は、ギバを狩るという約定のもとに定住を許されたギバ喰いのための民だと説明するアイファ。

つまり、体のいい害獣狩り。

川辺にたどり着いたアスタとアイファ。植物が見当たらないが、アイファがピコの葉を捜す前に行水するといい、アスタに来ていた毛皮を渡す。

アスタはこれはラッキースケ…と思ったら、未婚の女の裸身を目にするのはタブーだという。アスタは目を閉じるも、既婚の女性なら許されるということだなと確認する。

アイファは、行水の間、何も来ないか見張りをしろとアスタに指示する。

見たくても大岩が邪魔で見れないし、アイファの荷物が重た過ぎて動けないアスタ。

アイファの悲鳴が聞える。

アスタは無事を確認するもアイファの返事がない。

緊急事態だから見えても不可抗力だと断りをいれて、アイファの場所を覗き込むアスタ。

アイファの姿がない。

流されたかと考えるもすぐにアイファが水面から出てくる。

溺れたと思ってすぐに助けにいくというも、アイファはくるなという。

行水中に巨大にヘビに襲われるアイファ | 異世界料理道

行水中に巨大にヘビに襲われるアイファ | 異世界料理道より引用

アイファは巨大ヘビにからみつかれていた。

アスタも巨大ヘビの尻尾に腕を捕まれる。

左腕が痛いがこれはチャンスだと考えるアスタ。

このまま巨大ヘビを水からあげるという。

ヘビの尾がさらにアスタの腕に絡みついてくる。頃合を見計らってアスタは思いっきり引っ張り揚げる。巨大ヘビはアイファの体ごと大岩にぶつかり気絶する。

ヘビの力が緩んだ隙に、アイファを助け出す。

アスタは気絶したヘビを川へと蹴り落とす。

アスタは、アイファの体を心配するも生まれたままのアイファに見とれてしまう。それと同時にタブーを犯してしまって始末されることを恐れるアスタ。

アイファは、フラフラの体で自分の荷物に行き、ナイフを持ち出す。

アスタは何も見ていないといいわけするもアスタの視界は真っ暗になった。

アイファが上にのしかかるなにかをどかす。

ギバがいた。

生まれたままでギバを狩るアイファ | 異世界料理道

生まれたままでギバを狩るアイファ | 異世界料理道より引用

アイファは、ひとつ終わったからと気を抜くなとアスタに説教する。生まれたままで説教されても説得力がない。

しかし、助けてくれたことを感謝するアイファ。

アイファはギバを解体しようとし、アスタが血抜きを聞くも血抜きの意味をしらないアイファ。

肉の臭みは血の匂い。血を抜いておけば臭みは減ると説明するも持って帰るのは後ろ足だけだという。

アスタは解体をやらせてほしいという。

アイファは仕方なくアスタにまかせる。

血抜きには、心臓が動いている間に大動脈か頚動脈を切断して血を抜く。イノシシとは体の構造が違うだろうけどとアスタはナイフを入れる。

血が出てきた。成功だと考えるアスタ。

アイファは後ろ足と角さえあれば十分だというも勿体無いというアスタ。

次に内蔵の摘出。棒に縛りつけ、村に持ち帰る。

皮も手に入ったし、いろいろ使える。マントとかにというと、アイファはアスタは何も知らないのだなとバカにする。

皮をなめすのは女衆の仕事。ギバの毛皮は牙で買える。女衆はギバ狩りをしない。

アイファはファ家の家長だから狩りをするという。

異世界料理道 第3話ネタバレ感想・考察まとめ

3話目にして早速の水浴び回。ヘビに裸体を絡ませるならもうちょっと言い感じに描写してほしかったな。団子になってる。現実だと団子になるんだろうけど。

それにしてもアスタ。メチャクチャ怪力だな。アイファとアイファよりも質量の多そうな巨大ヘビの両方を水から引き上げてそのまま岩に激突させるほどの怪力。

最後のほうのコマが意味不明だったけど、アイファの足につたっていったのは、アスタの妄想だよね。でも右足で太ももの外側から何かの汁が流れている。内側ではないんだ。よくわからん。

コミックファイア『異世界料理道』を読んで。

異世界料理道 概要

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、 父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、 『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、 そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、 人々はただ生きるためにモノを喰らう。 料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。

異世界料理道 登場キャラクター一覧

津留見明日太(つるみあすた)
大衆食堂『つるみ屋』の父親の手伝いをする。父親の榊屋の三徳包丁を持って異世界に飛ばされる。

アイ=ファ
森辺の民

玲奈(れいな)
アスタのことをあすたちゃんと呼ぶ幼馴染?

ディガ=スン
森辺の民を治めるスン家の跡取り息子

異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。

異世界料理道 第2話ネタバレ感想『最悪なる晩餐|黒ギャルなアイファ』

異世界料理道 第2話ネタバレ感想『最悪なる晩餐』 | 異世界料理道

異世界料理道 第2話ネタバレ感想『最悪なる晩餐』 | 異世界料理道より引用

  • 異世界料理道 第2話ネタバレストーリー・あらすじ『最悪なる晩餐』
  • 異世界料理道 第2話ネタバレ感想・考察
  • 異世界料理道 概要
  • 異世界料理道 登場キャラクター一覧
  • 異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

異世界料理道 第2話ネタバレストーリー・あらすじ『最悪なる晩餐』

料理を始めるアイファ。

鍋の大きさから、アイファをアスタの二人分にしては多い。そのことをいうとアイファは何も知らないなとアスタを子ども扱いする。

アイファは鍋にスープを入れ、香辛料がついた肉を鍋の中にそぎ落とす。

アスタはアイファの料理を見ながら、豪快で美味しそうだと顔を綻ばせる。

食い物に執着のないアイファ | 異世界料理道

食い物に執着のないアイファ | 異世界料理道より引用

アイファはアスタのにやけ顔にツッコミを入れる。アスタは美味しそうだからというも、アイファはまた「食い物に美味いも不味いもない」という。

一通りの準備を追え、肉が煮えるまで時間があるからとアスタのことを聞かせてほしいというアイファ。

アスタはこの17年間をどんなところでどのように過ごしてきたかをアイファに話した。

アスタは、どこかの国に飛ばされたのなら、日本語しか喋っていない自分と日本を知らないアイファと会話ができるのはおかしい。アスタは、アイファの世界のことを教えてほしいという。

森辺の集落も、石の都ジェノスも、西の王国セルヴァの領内にある。西の王都には星の数ほど人間が暮らしていて、セルヴァの民は西の神セルヴァを崇めている。アムスホルンの大陸に四大王国があり、四大王国には四大神がある。アムスホルンに四大神の加護なき民は存在せず、神を持たぬ者は獣なり。

異世界に飛ばされたことがほぼ確定になって寂しく思うアスタ | 異世界料理道

異世界に飛ばされたことがほぼ確定になって寂しく思うアスタ | 異世界料理道より引用

アイファの世界の常識を伝えるもアスタの知らない常識だった。

アスタは少しの希望を持っていたが、聞く限りでは元の世界ではない。自分と似ような境遇の人間がいないかと聞くもいないと答えるアイファ。

アスタは元の世界に戻れず、孤独を感じる。

アイファはアスタの言い分をさらっと受けとめる。

アスタのそんな話を軽く受け入れるアイファ | 異世界料理道

アスタのそんな話を軽く受け入れるアイファ | 異世界料理道より引用

肉が煮えた頃合だと鍋に戻るアイファ。

鍋の蓋をあけると、ものすごい量の灰汁だった。

アスタは、自分の話を簡単に受け止めるアイファに信じるのかと聞くも、別の世界から来た人間か狂人かということを了解したという。アスタの目が真剣だったから嘘ではないだろうから、狂人だというアイファ。

アイファは鍋に野菜を切って入れる。

アスタはアイファに感謝する。

狂人扱いされても嬉しいのかと聞くアイファ。

アスタは、今日はじめて会った変なヤツの言葉を信じてくれたことが嬉しいという。

戻る算段は、と聞かれ、来た理論もわからないからと言葉を濁すアスタ。

長居はしないからというアスタだが、アスタと一緒にいるところがガディスンに見られた。アスタが何かしらのタブーを犯したら、アイファが責任を負わされる。だから、しばらくはアイファの家にいろという。

最低限の道理と掟ぐらい身につけてからにしろという。

アイファに感謝するアスタ。

料理ができ、器に移し替え、アスタはアイファの料理を食べる。

不味かった。

アスタは昔のことを思い出していた。

イノシシを解体する手伝いをさせてもらい。シシ鍋ができたからと呼ばれるも、解体したばかりのイノシシの肉はどうするのかと聞く。数日おいて塾生させると。

シシ鍋は臭みがなく美味しかった。

そんなファームキャンプで食べたシシ鍋の夢を見ていた。

朝、アイファに叩き起こされるアスタ。

ゲンコツでアスタを起こすアイファ | 異世界料理道

ゲンコツでアスタを起こすアイファ | 異世界料理道より引用

いてもいいといったがタダ飯を食べさせるとはいっていないと採取に行くという。ギバの干し肉を食べていくぞとアイファに言われる。

臭くて噛み切れない。血抜きが十分ではないのだろう。

アイファがこちらを睨みつけている。

昨晩の鍋も地獄の三重奏だった。

肉が動物臭くて固く脂がネバついてる。タマネギみたいな野菜はシャキシャキしているけど食感だけで味はない。ジャガイモのようなものはドロドロになって粉っぽい。味付けは黒コショウのみだった。

アスタが、ギバの干し肉を噛み切れないことにイライラするアイファ。

出かける前にアスタは自分の三徳包丁のことを聞く。

食料庫にあるという。

食料庫はものすごい香辛料の香りだった。

アスタは、泊めてもらっている御礼を兼ねて、夕食を作らせてほしいというもアイファは子供でもできることを御礼だというのかという。

アスタは、自分の知っている「料理」とここの「料理」は別だという。

食事など生きるために必要な手段だというアイファに、手段だけじゃないと反論するアスタ。少しは役に立てると真剣にいうアスタに好きにしてみるがいいと承諾するアイファ。

異世界料理道 第2話ネタバレ感想・考察

アイファは、どんなことでも一応受け入れるけど、自分のペースを乱されるとイライラする黒ギャルなイメージだな。

コミックファイア『異世界料理道』を読んで。

異世界料理道 概要

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、 父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、 『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、 そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、 人々はただ生きるためにモノを喰らう。 料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。

異世界料理道 登場キャラクター一覧

津留見明日太(つるみあすた)
大衆食堂『つるみ屋』の父親の手伝いをする。父親の榊屋の三徳包丁を持って異世界に飛ばされる。

アイ=ファ
森辺の民

玲奈(れいな)
アスタのことをあすたちゃんと呼ぶ幼馴染?

ディガ=スン
森辺の民を治めるスン家の跡取り息子

異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。

異世界料理道 新連載 第1話ネタバレ感想『ギバ喰い』

異世界料理道 新連載 第1話ネタバレ感想『ギバ喰い』 | 異世界料理道

異世界料理道 新連載 第1話ネタバレ感想『ギバ喰い』 | 異世界料理道より引用

  • 異世界料理道 第1話ネタバレストーリー・あらすじ『ギバ喰い』
  • 異世界料理道 第1話ネタバレ感想・考察
  • 異世界料理道 概要
  • 異世界料理道 登場キャラクター一覧
  • 異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

異世界料理道 第1話ネタバレストーリー・あらすじ『ギバ喰い』

落とし穴を作った張本人に穴から救出してもらったアスタ。

落とし穴を作った張本人がアスタに剣の切っ先を向けて、何者かと聞く。

いきなりの挨拶に怪訝な表情をするアスタ。

理由を聞くも女性は質問に答えろと簡潔に意思を伝える。

アスタはここはどこかと聞く。

モルガの山の麓にある森辺。西の王国セルヴァの版図、地方領主ジェノス候の治める地だと説明し、アスタはどこからきたと聞く。

アスタは正直に日本の千葉県からだというも女性は理解できない。

アスタは通じるわけがないと考える。どうみても日本じゃないから。

アスタは、女性から複雑な香りがすることに気付く。

熱しすぎた果実のように甘く、花のつぼみみたいなひそやかな、香草のような落ち着いた、香辛料のような暴力的な、強烈な旨みを含んだ肉と脂の匂い。

そんなおいしそうな匂いを嗅ぐとアスタは腹が減った。

アスタのお腹の音がなると、女性はどういうつもりだと剣の切っ先を近づける。

アスタは言い訳しようとしてもお腹の音が邪魔で答えられない。

アイ=ファ | 異世界料理道

アイ=ファ | 異世界料理道より引用

女性は眉を寄せ、アスタに馬鹿にしているのかと凄む。

アスタは女性がおいしそうな匂いをしているからというも食料は携帯していないし、獲物はアスタのせいでとれなかったという。

アスタは落とし穴のことを謝ろうとすると、アスタの腹の音が最大音量で奏でる。

どんだけ謝っても腹が鳴る。アスタは相手を怒らせたことで最後を覚悟する。

女性は震えだし、剣を落とす。

涙目になって、体の具合でも悪いのかとアスタのことを気にかける。アスタは、事情を説明しようとしても腹の音が邪魔で話せない。

女性は、もうしゃべるなというもアスタの腹の音がおさまらない。

女性は突然笑い出す。こらえていたのがおさえきれなくなった。

そして、真顔に戻り、アスタを始末すると剣の切っ先を向ける。

アスタが理由を聞くと、こんな恥をかかされたのは生まれて初めてだと。

アスタは、謝罪しながら状況をまくしたてていうも女性にはアスタが陥っている状況が理解できない。ただ、石の民、西の王国の民でないことを察してくれる。

女性は、もう少し話しを聞きたいから自分の家に来いという。夜の森にいると死んでしまうからだと。

アスタの名前を正確に発音できないアイ=ファ | 異世界料理道

アスタの名前を正確に発音できないアイ=ファ | 異世界料理道より引用

互いに自己紹介する。

アイファは、時間が惜しいから肩につかまれというとアスタは肩に腕を回す。

肘撃ちを食らうアスタ。肩に掴まれとはいったが、腕を回せとはいっていないと警告するアイファ。

アイファは、アスタの包丁のことを聞く。アスタは襲う気はないよというも、アイファはその時は自分のほうが早く動くという。

夜、森にいるとギバに襲われるというアイファ。ギバの特徴からさっき遭遇したイノシシのような獣とこだろうと考えるアスタ。

アイファが着ている服もギバの毛皮かと聞く。

アイファは、モルガのギバ狩り森辺の民だという。

肉を喰らい、牙や骨、毛皮を売って暮らしている。石の都の住人は森辺の民をギバ喰いと蔑んでいる。

アイ=ファ、森辺の民の匂い | 異世界料理道

アイ=ファ、森辺の民の匂い | 異世界料理道より引用

理由を聞くと、ギバの肉は固くて臭い。ギバを食う森辺の民も臭いからだという。

アスタは、むしろ美味しそうな匂いだという。

ギバも美味しいはずだというもアイファは食い物に美味いも不味いもないという。

アイファの住む集落に到着した。

集落は五百人ぐらいの規模。歩けば、端まで半日はかかるという。

そこにアイファに声をかける男が現れる。アイファは舌打ちをする。

男は、ディガ=スンという。

ディガスンはアスタが何者かと聞くもアイファは関係ないという。

ディガスンは、森辺の民を治めるスン家の一員だから関係ないことはないとアスタに近づくもアイファは、スンの家に恩義はないからとディガスンを追い払う。

アスタはご近所付き合いは悪くしないほうがいいとアドバイスする。

アイファは、自分の父親が亡くなったその日の夜に嬲りものにするために寝床に忍び込んできたから、足腰が立たなくなるまで痛めつけて川に捨てたという過去のいきさつを話してくれる。

それ以来、スン家は後取りに恥をかかせたと集落での居場所がなくなった。そんな者を大事にしろとアスタに問うと、アスタは前言撤回をする。

アスタは話を続行しようとするも腹の音がなる。

アイファの家に着く。

アイファは毛皮を脱ぐと、匂いが一層増した。

アイファは、アスタの包丁を引き渡すようにいう。それが森辺の民の流儀だと。

アスタは、包丁を大事な品だから丁重に扱ってほしいいう。乱雑に扱うつもりは毛頭ないというアイファ。

親の形見かと聞くとうなずくアスタ。

家族を乱雑に扱う人間など森辺の民にいないというアイファ。

異世界料理道 第1話ネタバレ感想・考察

まだ料理がでてこなかった。アイファはツンデレタイプだな。

森辺の民の食い物への認識 | 異世界料理道

森辺の民の食い物への認識 | 異世界料理道より引用

食い物に美味いも不味いもない。という概念を打ち破っていくのがこのマンガの主軸になりそうだね。

コミックファイア『異世界料理道』を読んで。

異世界料理道 概要

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、 父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、 『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、 そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、 人々はただ生きるためにモノを喰らう。 料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。

異世界料理道 登場キャラクター一覧

津留見明日太(つるみあすた)
大衆食堂『つるみ屋』の父親の手伝いをする。父親の榊屋の三徳包丁を持って異世界に飛ばされる。

アイ=ファ
森辺の民

玲奈(れいな)
アスタのことをあすたちゃんと呼ぶ幼馴染?

ディガ=スン
森辺の民を治めるスン家の跡取り息子

異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。

異世界料理道 新連載第0話ネタバレ感想『邂逅』

異世界料理道 新連載第0話ネタバレ感想『邂逅』 | 異世界料理道

異世界料理道 新連載第0話ネタバレ感想『邂逅』 | 異世界料理道より引用

  • 異世界料理道 第0話ネタバレストーリー・あらすじ『邂逅』
  • 異世界料理道 第0話ネタバレ感想・考察
  • 異世界料理道 概要
  • 異世界料理道 登場キャラクター一覧
  • 異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

異世界料理道 第0話ネタバレストーリー・あらすじ『邂逅』

大衆食堂『つるみ屋』。

津留見明日太(つるみあすた)。17歳の高校二年生。大衆食堂『つるみ屋』で父親の手伝いをしている。

異世界料理道 新連載第0話ネタバレ感想『邂逅』 | 異世界料理道

異世界料理道 新連載第0話ネタバレ感想『邂逅』 | 異世界料理道より引用

しかし、店の隣にビルを建てるということで立ち退きに迫られるも父親が拒否。ひどい嫌がらせをされるも父親は断固拒否していた。

ある日、父親がトラックとの交通事故に会い、入院。アスタは病院に駆けつける。

アスタは父親を心配するも父親は怪我を笑い飛ばす。

父親が心配するのは自分の体ではなく、店のことだった。

アスタの携帯電話のコール音が鳴る。

電話はレイナからだった。店が燃えているという電話。

それを父親に報告すると、父親は包丁だけは燃やしちゃいけないとアスタに取りに帰らせる。

父親が命よりも大切にしている榊屋の三徳包丁。それをなくしてはだめだと必死に自転車を漕ぎ、店に戻る。

店は火に包まれている。店の前にはレナがいた。

アスタは、レナを振り切って、燃え盛る店の中に入っていく。

アスタが気付いた時には、店に中ではなく、見知らぬ森の中だった。

手には榊屋の三徳包丁が握られていた。

アスタは死後の世界かと思い、包丁を握り締めながら、父親とレナのことを思い出す。

その時、獣のうなり声が聞えた。

それは、イノシシに似た獣だった。

その獣はアスタ目掛けて突進してくる。

逃げるアスタ。

アスタは何かに脚をひっかけ、穴に落ちる。

誰かが掘った落とし穴だった。

あまりの深さに自力であがることができない。

アスタは助けを呼ぶも返事はない。

穴を掘った人間に罵声を浴びせるつもりで叫ぶと、穴の入り口から声が聞えた。

女性の声だった。

この落とし穴を作った本人だった。女性は、ギバを捕らえるための罠でどれだけ苦労して作ったと思っているのだといわれ、流れで謝るアスタだったが納得できなかった。

登るのを手伝ってほしいというも自力で登れると去っていこうとする女性。

ここで去られては困ると思って、アスタは怪我をしたと嘘をつく。

それでも取り付く島もない対応だったのでわめき散らすアスタ。

女性はやかましい男だとロープを垂らす。

落とし穴から登るとアスタは剣の切っ先を向けられていた。

女性の姿は現代の日本ではない服装だった。

女性はアスタのことを何者かと聞く。

異世界料理道 第0話ネタバレ感想・考察

食戟のソーマ的な初期設定で、ブラッククローバー的な名前で、どこか何かに似てる感じだけど、ダンジョン飯以降、異世界グルメ系のマンガが増えてきたので、一応チェックしておこうと思う。

コミックファイア『異世界料理道』を読んで。

異世界料理道 概要

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、 父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、 『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、 そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、 人々はただ生きるためにモノを喰らう。 料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。

異世界料理道 登場キャラクター一覧

津留見明日太(つるみあすた)
大衆食堂『つるみ屋』の父親の手伝いをする。父親の榊屋の三徳包丁を持って異世界に飛ばされる。

アイ=ファ
謎の女性?

玲奈(れいな)
アスタのことをあすたちゃんと呼ぶ幼馴染?

異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。

異世界料理道 登場人物・キャラ一覧・設定まとめ

異世界料理道 登場人物・キャラ一覧・設定

異世界料理道 登場人物・キャラ一覧・設定

  • 異世界料理道 概要
  • 異世界料理道 登場キャラクター一覧
  • 異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

異世界料理道 概要

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、 父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。 そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、 『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、 そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、 人々はただ生きるためにモノを喰らう。 料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。

異世界料理道 登場キャラクター一覧

津留見明日太(つるみあすた)

津留見明日太(つるみあすた)

津留見明日太(つるみあすた)
大衆食堂『つるみ屋』の父親の手伝いをする。父親の榊屋の三徳包丁を持って異世界に飛ばされる。

アイ=ファ

アイ=ファ

アイ=ファ
森辺の民

玲奈(れいな)
アスタのことをあすたちゃんと呼ぶ幼馴染?

ディガ=スン

ディガ=スン

ディガ=スン
森辺の民を治めるスン家の跡取り息子

異世界料理道を連載している無料WEBマンガ『コミックファイア』について

『月刊ホビージャパン』『GAME JAPAN』『アームズマガジン』等のホビー専門誌やホビー・ゲーム関連の書籍の発行、テーブルゲーム等の発売を行っているホビージャパンが運営しているコミック配信サイト。