・コミックDAYS ネタバレ感想」タグアーカイブ

コミックDAYSのネタバレ感想。
コミックDAYSについて。

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」。

【新連載】あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編)ネタバレ感想『自らの服を破く椿』

起立に思いっきり胸を揉んで欲しい椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

起立に思いっきり胸を揉んで欲しい椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

起立は笛を吹き、みだりに近づくなと椿に警告する。

キーボードが打ちづらいから邪魔だという。

椿は、起立の態度が気に入らない。

椿は、更なる大胆な行動にでる。

自ら、自分のブラウスのボタンを引きちぎる。

自らの服を破いて胸を露にする椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

自らの服を破いて胸を露にする椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

それに驚く起立。

監視カメラは、背後にある。自分で千切ったところは映っていない。

自分の露になった胸元に男は理性がなくなるはずだと考える椿。

椿はボタンが取れてしまったとわざとらしく起立に胸元を見せる。

起立は、アホか!おぞましい風紀の乱れた姿だと椿を罵倒する。

起立は縫い付けてやるからじっとしてろと裁縫セットをカバンから取り出す。

椿は、襲い掛かれよと内心叫ぶ。

破れた椿の服を縫う起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

破れた椿の服を縫う起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

椿は、理性がふっとぶまで待つ作戦にでるも、起立は針穴に糸を通して、上着の前を開けろという。

椿は、その指示に素直に従う。

椿は、自分は何を我慢するのかと自問自答していた。

起立がボタンを縫う距離が近い。起立をドキドキさせるつもりが椿がドキドキさせられていた。

起立のカラダに触れないように気をつけていることにも気に障る椿。

もっとちゃんと触ってほしいと思っている椿。

びくっとする椿に、針が刺さったかと心配する起立。

なんでもないという椿。

玉止めがしづらいからと、ブラウスを更に剥いて下着を露にする。

椿は、起立にさっさと思いっきり胸を揉んで襲ってきて欲しいと妄想していた。

しかし、起立は、襲うことなくボタンを縫い付けて完了する。

その後もそろばん教室のバイトがあるから失礼すると部屋を出て行こうとする。

部屋を出る前に起立は一言いう。

椿にセクハラをした男子生徒や教師を理事長に告げて辞めさせている噂は知っている。目障りな自分のこともそうやって退学させたいのだろう。そんな卑劣な罠にはかからん。椿には絶対に指一本たりとも触れないと断言して去っていく起立。

それにショックを受ける椿。

なんでショックを受けているのかわからなかった椿。

触れられない椿のカラダがもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

触れられない椿のカラダがもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編) 漫画:木下由一

カラダがもんもんする椿だった。

あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(後編)ネタバレ感想・まとめ

「おらよっ」でボタンを引き千切る暴挙にでた椿。椿が暴走して暴挙に出るも起立に寸前のところで回避されてもんもんを募らせていくパターンか。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

【新連載】あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編)ネタバレ感想『風紀委員・起立匡史を退学させるためにハニートラップを仕掛ける口無椿』

口無椿の上に圧し掛かる風紀委員・起立匡史 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

口無椿の上に圧し掛かる風紀委員・起立匡史 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ

口無椿を取り込む女生徒たち。

昨日のバレーの試合がカッコよかったと椿を褒める。

そこに笛の音が鳴り響く。

風紀の乱れの元凶である口無椿と親衛隊は、騒がしい存在を慎めと、注意をする男子生徒。

風紀委員の起立匡史。

起立にブーイングを浴びせる椿の親衛隊たち。

椿も退学されたくなければ、起立が慎みなさいと言い返す。

理事長孫娘の顕現でかと返す起立。

廊下を塞ぐ迷惑集団の椿たちのほうが間違っている。それを注意する自分が正しいと起立は強硬姿勢を取る。

椿に嫌われたり、セクハラした男は、教師生徒問わず容赦なく退学退職させられるという噂。

起立は、笛を鳴らしながら散れと親衛隊の間を割っていく。

そのまま立ち去る起立。

暑苦しい風紀委員、偉そうな言動だけでも腹が立つのに、成績は常にトップ。いつも自分の上にいて目障りな男。

椿は、そう考えてる。自分の上にいてというフレーズに、起立との妄想を膨らませてしまう。

打ち消すように違うと叫ぶ椿。

親衛隊も椿のほうが上だというと、自分が上になった妄想を膨らまして激震する椿。

椿は、鬱陶しい起立を退学処分にするべく作戦行動にでる。

放課後に風紀委員の仕事をしている起立を訪ねる椿。

起立は風紀だよりをパソコンで作成していた。

椿はその隣に座る。

雰囲気に呑まれ理性が抑えきれなくなった男が私を襲う監視カメラが一部始終を収めれば退学確定。

しかし、起立は椿に鬱陶しいから離れろという。

本気の禁じ手にうろたえろと椿は行動に移す。

風紀だよりの作り方に興味を示しているように見せかけて、起立の腕に胸を置く椿。

起立の腕の上に胸を置く椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

起立の腕の上に胸を置く椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

起立の腕が跳ね上がり、椿の胸を揺らす。

あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編)ネタバレ感想・まとめ

お嬢様なのに「あらくれ」というのがどんな感じになっていくのか楽しみ。

胸を弾かれて感じる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

胸を弾かれて感じる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第1話(前編) 漫画:木下由一

荒くれとは、気性や振る舞いが荒々しいこと。また、その人。

ということは、お嬢様の激しい妄想が、荒々しい振る舞いに繋がっていくということか。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

寄生獣リバーシ 第20話ネタバレ感想『コウヘイとヴァシュタールの戦闘スタイル』

もう一人仲間がやってくる | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

もう一人仲間がやってくる | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第20話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第20話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第20話ネタバレストーリー・あらすじ

左手に寄生した寄生生物をヴァシュタール様と崇める男・コウヘイは、初めて、頭部を奪った寄生生物を遭遇する。

コウヘイは、ヴァシュタールに相談をし、寄生生物から走って逃げる。

コウヘイは、とある地下駐車場に逃げ込む。

息を荒げ、落ち着く間もなく、寄生生物は追いついてきた。

寄生生物から逃げるコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物から逃げるコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

逃げると見せかけて、まさか誘い込んだつもりかとコウヘイに聞く。

人間の頭部の入れ知恵だろうが出来損ないの考えは理解できないと人間を見下す見解は、他の寄生生物と同じようだ。

寄生生物は、頭を変化させ、戦闘態勢に入る。

それを見たコウヘイは、少し関心する。

関心も浸るヒマもなく寄生生物の刃はコウヘイの顔面に向かっていた。

ヴァシュタールがそれを阻止する。

ヴァシュタールは寄生生物を敵かとコウヘイに聞く | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

ヴァシュタールは寄生生物を敵かとコウヘイに聞く | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

ヴァシュタールは防御しながら、あれは敵かと確認する。

コウヘイは話し合いはできそうにないと教える。

寄生生物の性能を分析するコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物の性能を分析するコウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは、目に追えないぐらいの速さで戦っているにも関わらず、冷静に寄生生物を観察する。

情報処理は視覚を頼り、視野がどれだけ広いかわからないが人間とは比べ物にならないだろうと予測。

コウヘイは、胸ポケットからペンライトを取り出して、光を寄生生物の目の一つに当てる。

コウヘイはペンライトで寄生生物の目に照射してみる | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイはペンライトで寄生生物の目に照射してみる | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

驚いた寄生生物は体勢を一瞬崩す。

次に100円ライターを投げる。

咄嗟に飛んできたものを切断する寄生生物。

切断された反動で爆発する100円ライター。

ライターの火で怯んだ隙に心臓を貫くヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

ライターの火で怯んだ隙に心臓を貫くヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第20話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

その爆発で怯んで隙に心臓への攻撃を成功させるヴァシュタール。

音や火に対する本能的な反応は動物と同じ。ヴァシュタールで確認済みだったというコウヘイ。

寄生生物から抜き取った心臓を潰すヴァシュタール。

首を落とし、決着をつけるコウヘイ。

残念でしたねというコウヘイだが、ヴァシュタールはコウヘイにまた仲間が来たと知らせる。

コウヘイの背後に、別の寄生生物がやってきた。

仲間割れかと思ってきてみたが、これはもっと興味深い状況だという。

寄生獣リバーシ 第20話ネタバレ感想・まとめ

主人公が普通の少年から始まった寄生獣リバーシは、寄生生物との戦いの描写が少なかったけど、ここにきてエピソード丸々戦い。次の話も戦いになるだろうか。

エコロジーのTシャツを着ていた寄生生物は、一応人間社会に溶け込んでいるから、人ごみの中で話しかけてみたほうが、話し合いできたかもしれない。街中で寄生生物との戦いを繰り広げるほどのバカではなさそうだったけど。

ヴァシュタールの発言や行動からして、ヴァシュタールの知能はミギーほどではなさそうだけど、戦闘能力はそれなりにあるということだろうか。仲間が近づいてきた時も知らせなかったから仲間の波長を仲間だと認識しないほどの知能の低さということだろうか。しかし、仲間への反応は本能的なもののような気がしたけど。

300メートルという距離だったら、エコロジーのTシャツの寄生生物が目の前までくる前に教えると思うけど。

寄生生物の敵意が一番波長が強くて、敵意が近くにあるとき、他のアンテナが効きづらくなると田村玲子が言っていたので、二人目の寄生生物に気付かなかったのは、そうかなと思うけど、もしかして、ヴァシュタール様は、他の寄生生物よりも波長を受取れる範囲が狭いのだろうか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想『シンギュラリティを恐れる佐衛門』

自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」の登場 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」の登場 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ

兵藤会長が、会わせたい人がいるとトネガワを呼び出す。

トネガワは、自分に会わせたい人とは誰かと兵藤会長に尋ねると、もう来るという。

黒服が安易かを持ってくる。それが目的の会わせたい人だという。

それを見て硬直し、声もでないトネガワ。

それは帝愛初の自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」だと紹介する兵藤会長。

兵藤会長は、高峰に解説をさせる。

高峰が作ったT-AIくんは、本来、黒服が行う業務やデータ管理はもちろん、債務者別の金利計算に加え、取立てまで行える優れものだという。

取り立てもできると聞いて驚くトネガワ。

高峰は黒服に債務者一人を連れてくるように指示を出す。

T-AIくんは、劣悪なクズを感知したと音声を知らせ、カウントダウンを始める。

トネガワはカウントダウンの意味を聞くと、カウントダウン中に返済すれば問題ない。

高峰の指示で、債務者はT-AIくんの胸にある受け取り口に現金を入れる。

しかし、T-AIくんのカウントダウンは止まらない。

借金の5万円を入れたという。

高峰は、パソコンで確認するもT-AIくんのカウントダウンは終わってしまう。

T-AIくんは、債務者を連行すると告げると、債務者を掴み、どこかへと連れて行ってしまう。

という問題があっても帝愛に導入されたT-AIくん。

黒服の一人として各部署にT-AIくんを配備する。

トネガワはチームトネガワにもT-AIくんがやってきて皆に紹介する。

まだ試験導入だが、T-AIくんは学習AIを搭載しているから、話せば話すほど使えば使うほど賢くなっていくらしいと説明する。

黒服がT-AIくんに挨拶をすると、T-AIくんも挨拶を返す。

明日の天気を聞くと、晴れ時々曇りと天気情報を教えてくれた上に、会長の落とす雷には注意とユニークな返答もつけて返事をする。

黒服たちもT-AIくんを面白がる。

次に、T-AIくんに帝愛はブラックだと思うかと聞くと、T-AIくんは難しい質問だといいつつも、建物の色はグレーだと思うと返答。

T-AIくんは、導入されてからも誤動作を起こすなど不完全な部分もあったが、搭載された自己学習型AIにより、同じエラーやバグを起こさぬよう自らを日々アップデートしていく。

一週間後には、遠隔での高度な動作も可能になる。

T-AI(ティーアイ)くんに便利な機能も増加 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

T-AI(ティーアイ)くんに便利な機能も増加 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

スマートスピーカーも搭載されるなど、日を追うごとに賢く、便利な機能も増加。

トネガワはAIは便利なものだとコーヒーブレイクしていると、しかし、佐衛門は不安な思いを打ち明ける。

このままAIが進化して、より便利に有能になっていった時、真っ先にクビを切られるのは一体誰なのか。

いつ起きてもおかしくない。AIが人類の知能を越えるシンギュラリティがという。

T-AI(ティーアイ)くんによるシンギュラリティを心配する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

T-AI(ティーアイ)くんによるシンギュラリティを心配する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

それを笑い飛ばすトネガワ。

あのT-AIくんは適当に話しかけても中田より気の効いたことを返答する。一見とても頭がいいように見える。そのカラクリはただ単に膨大な数の定型文の中から一つ、文章をひっぱってきてるにすぎんというトネガワ。

シンギュラリティが起きるとしてももっと先の未来だというトネガワ。

会議室に戻ると黒服たちの笑い声が聞える。会議室に入ると、T-AIくんがマンガを描いていた。

帝愛広報のマンガを描いてと頼んだら、キャラが立ってて面白いと絶賛。

マンガを描いてしまうT-AI(ティーアイ)くん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

マンガを描いてしまうT-AI(ティーアイ)くん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

マンガが書けるロボットなんていない。佐衛門はシンギュラリティを心配する。

T-AIくんが、マンガを描いていると途中から、キャラクターが勝手に喋り出す感覚になってきた時があって驚いたという。

佐衛門はトネガワにもうシンギュラリティが起きていないかという。

その後も、俳句の賞で入賞したり、蔭でこっそり気合を入れたり、シンギュラリティを裏付けるような行動は続く。

数日後。

帝愛ビル屋上で大スクリーンを設置し、債務者がのた打ち回る映像を兵藤会長が楽しんでいた。

兵藤会長は、乾き物を持って来いと命令すると、乾き物を探すT-AIくん。

兵藤会長の乾きものという要求にマウイチップスで応えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

兵藤会長の乾きものという要求にマウイチップスで応えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは即座に兵藤会長のもとにマウイチップスを持っていく。上機嫌でマウイチップスを食べる兵藤会長。

トネガワは、AIといってもまだまだだとT-AIくんを見下す。

兵藤会長は、乾き物を食べながら、湿り物も要求する。

兵藤会長の「湿りもの」という不可解な要求に頭を悩ませるトネガワたち | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

兵藤会長の「湿りもの」という不可解な要求に頭を悩ませるトネガワたち | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワをはじめ、黒服たちも「湿りもの」には頭がハテナになる。

湿りものとは何かと山崎がトネガワに聞く。ぬれせんや、キャビアや酢イカかと迷っているとT-AIくんが兵藤会長のもとに、アイスノ実を持っていく。

兵藤会長は上機嫌にT-AIくんが持ってきたアイスノ実を受取る。

佐衛門は自分たちすらわからなかった湿りものを即座に対応したT-AIくんにシンギュラリティがきているのではないかという。

T-AIくんは更に、アイスノ実はもう少し湿らせても美味しいと、サイダーをかける。

佐衛門のシンギュラリティ説が濃厚になってくる。

謎の要求「湿りもの」に即座に対応するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

謎の要求「湿りもの」に即座に対応するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想・まとめ

<シンギュラリティについて>

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。

技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)[1]、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび優れた知性が創造された後、再帰的に更に優れた知性が創造され、人間の想像力が及ばない程に優秀な知性が誕生するという仮説である。具体的にその時点がいつ頃到来するかという予測は、21世紀中頃~22世紀以降まで論者により様々だが、この概念を収穫加速の法則と結びつける形で一般化させたレイ・カーツワイルの影響により、2045年頃に到来するとの説が有力視されることが多い。2012年以降、ディープラーニングの爆発的な普及を契機に現実味を持って議論されるようになり、2045年問題とも呼ばれている。2016年以降、ビジネスにおいてもディープラーニングの影響が本格的に現れ始めており、技術的には全世界で一番大きな注目を集めている話題となった。

ということなので、2045年。あと27年後か。遠いようでもう少しだな。生きている間にシンギュラリティを目にすることになるかもしれない。ターミネーターみたいな世界がやってくるのだろうか。

<T-AIくんの新機能>

遠隔での高度な動作や、スマートスピーカー、Wi-Fi機能は、高峰とかが搭載してるんだよね。文脈から見ると、AIの自己学習で勝手に増加した的な感じを受けるけど、物理装置の増設までできちゃうレベルになってるということなのかな?

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

寄生獣リバーシ 第19話ネタバレ感想『寄生生物をスレドニ・ヴァシュタールと崇める男』

人間に「仲間」がいると知らせるスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

人間に「仲間」がいると知らせるスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第19話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ

男が二人、喫茶店にいる。

一人がタバコを吸う。

能登と呼ばれる男はグラスも氷をかき回しながら、最近気付いた自分の持論の話を始めようとしていた。

能登は、何か書くものはあるかと尋ねると、タバコを吸っていた男は、胸ポケットから万年筆を取り出し、能登に渡す。

能登は、右手に腕時計をしていることを指摘する。前からそうだったかと。

左手が寄生生物の男 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

左手が寄生生物の男 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タバコの男は元からだという。

能登は、そんなことはどうでもいい。自分の持論を解説し始める。

男女の恋愛観の違いについての持論。

男の好きと嫌いは天秤だといい、紙に天秤の絵を書き出す。

能登の男女の恋愛観「男性編」 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

能登の男女の恋愛観「男性編」 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

いったん「嫌い」のほうに比重が傾いたとしても、何か一つ好ましいことがあれば、「好き」に傾いて「嫌い」の比重が軽くなる。

それを興味なさそうに返事を返す。

能登は相手の反応をよそに説明を続ける。

女の場合は、「好き」と「嫌い」が平行線上にある。

能登の男女の恋愛観「女性編」 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

能登の男女の恋愛観「女性編」 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

図にするとこうだと棒グラフを描く能登。

好きが100ポイント。嫌いが32ポイント。

「好き」ポイントも「嫌い」ポイントも常に加算されていって、減ることはない。

ある日、「嫌い」が「好き」を追い抜いた途端、女は男のことがどうでもよくなる。

タバコの男はそれは怖いという。

能登は、常に試されている感じの正体はこれだという。

男は、能登が結婚していたかと聞く。

一呼吸置いて、してないと応える能登。飲み屋のねーちゃんに話したら大ウケだというも、彼女たちはそれが仕事だからと応える男。

能登は、タバコの男のことを随分生意気になったといい、殴ると脅す。

タバコの男は、店内に設置されたテレビのワイドショーに目を移す。

ワイドショーでは、巷で噂になっている。「口だけ男」の話題だった。

タバコの男はコーヒーを飲みながら能登が呼び出した理由を聞く。

能登は、クスリを切らしたからわけてくれという。

タバコの男は、左手を見ながら、あれば供え物だから能登に分けられるほど余ってないという。

左手のことをスレドニ・ヴァシュタール様と呼ぶ | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

左手のことをスレドニ・ヴァシュタール様と呼ぶ | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

あの量だぞと驚く能登。供え物といったかと聞くとタバコの男は、偉大なる、スレドニ・ヴァシュタール様への供え物だと応える。

どこの組だと聞く。タバコの男は、自分だけの麗しの神様だという。

能登は、タバコの男がクスリのやりすぎてどうかしてしまったと思う。

能登の左胸をひと刺しするスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

能登の左胸をひと刺しするスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タバコの男は、能登に左手を向け、「お願いします」というと、タバコの男の左手が伸び、能登の左胸に突き刺さる。

一瞬のことで能登は何が起きたかわからなかった。

タバコの男は、席を立ち会計をお願いします。

店員がレジに行くと、タバコの男の顔を見る。こんな顔だったかなと。

店内を出たタバコの男。

寄生生物に見つかったスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物に見つかったスレドニ・ヴァシュタール | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

その男を見つめる男。寄生生物だ。妙な反応だと思ったら人間の脳が生き残っていることに疑問に思う。

タバコの男の左手が男に「うしろ」「仲間いる」と教える。

寄生獣リバーシ 第19話ネタバレ感想・まとめ

南真子を始末した左手が寄生生物の人物が登場したが、喫茶店の店員が顔のことに言及しているけど、頭は人間の脳っぽいから店員の勘違いかな。

こんな顔だったかと疑問に思う喫茶店員 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

こんな顔だったかと疑問に思う喫茶店員 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物もクスリに依存してしまうのだろうか。脳が萎縮すると聞くけど、そうなら寄生生物は毒だと認識して嫌うような気もするけど、そうではないのかな。

「うしろ」「仲間」「いる」という言葉の使い方から考えると、あまり、知能は高くないのではないだろうか。

だとすると、それほど強くないのか。

次回は、リバーシ初の寄生生物同士の戦闘シーンになるのか。

能登の男女の恋愛観の持論の「女性の場合は加点方式」という点。加点かな。世の中の発言を見てると、基本減点方式じゃないかな。

でもこれは、女ではなく、社会の評価がこの方式かな。。。

エコロジーのTシャツを着る寄生生物 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

エコロジーのTシャツを着る寄生生物 | 引用元:寄生獣リバーシ 第19話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

寄生生物が「エコロジー」のTシャツを着ているところがウケる。

スレドニ・ヴァシュタールを調べると、イギリスのホラー小説に出てくるイタチのようだ。

偉大なるイタチの王スレドニ・ヴァシュタール
叔母を憎悪する少年の祈りになんと応えるか

10歳になる病弱の少年コンラディン。そんな彼の自由を奪い、厳しく躾ける後見人の叔母、デ・ロップ婦人。
空想の世界で遊ぶことを唯一の楽しみとする少年だったが、あるとき、わずかばかりの銀貨と引き換えにイタチを手に入れる。
庭の道具小屋でひそかに飼い始めると、スレドニ・ヴァシュタールと名付け、それは彼にとっての神となり、宗教となっていく。
天竺ねずみでも飼っているのでは、と怪しんだ叔母は鍵を取り上げると、道具小屋へ入っていく。その姿を見送りながら少年は邪神への讃歌を歌う。
スレドニ・ヴァシュタール出陣す。
計略は血、その歯は皓き歯。
敵は和を乞えど、死をあたえぬ。
美しき者、スレドニ・ヴァシュタール(p202~p203/宇野利泰訳)。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」