・コミックDAYS ネタバレ感想」タグアーカイブ

コミックDAYSのネタバレ感想。
コミックDAYSについて。

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」。

中間管理録トネガワ 第60話ネタバレ感想『黒服に愛されるトネガワ』

いない上司(トネガワ)のモノマネ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

いない上司(トネガワ)のモノマネ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第60話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第60話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第60話ネタバレストーリー・あらすじ

関東は大雪が降っていた。

テレビでも関東広範囲で大雪と報道している。

帝愛の黒服たちは、電車が止まれば帰れないと帰宅困難を心配する。

東京は、圧倒的かつ記録的大雪に見舞われた。

大雪で帰宅できなくなった黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

大雪で帰宅できなくなった黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

この大雪は予報により、社員を大事にするホワイト企業ではいつもよりも早い時間に帰宅命令が出され、交通機関が止まる前に無事、帰宅することが可能。

帝愛はブラック。社員のことを思った早退命令など出ない。

黒服たちは今夜は会社に泊まる覚悟をしていた。

晩飯の話になり、この大雪だと出前もやってないと頭を悩ませる。

仕方ないので下のコンビニで何かを買ってくることにした。

オフィスでささやかなブラックパーティをすることにした黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

オフィスでささやかなブラックパーティをすることにした黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

皆でコンビニに買出しに行き、オフィスに戻る。帰り損ねた黒服によるささやかなブラックパーティが開かれる。

酒とコンビニ飯のパーティ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

酒とコンビニ飯のパーティ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

いつも辛気臭い顔ばかり並ぶオフィスで味わう、酒とコンビニ飯。

コンビニ飯でも盛り上がる。ゆで卵とサラダチキンが薄きスライスされている。西口がスライスしておいたことに驚く。

ビールとトマトジュースでレッドアイを作る者や給湯室でラーメンを作る者。マグカップを用意するもの。それぞれの工夫でパーティは盛り上がる。

唐突に始まるのはいない上司のモノマネ。ラーメンをマグカップで食べるというアイデア。まさに悪魔的発想とトネガワのマネをする。

佐衛門がその時、今日は何曜日かと聞く。金曜日と誰かが答えると、テレビの電源を急いでつける佐衛門。

テレビでは漫才クランプリの番組が放送されていた。

テレビを見て、また黒服たちが盛り上がる。

盛り上がりひと段落すると、ちょっとだけ真面目な話。

帝愛を辞めて転職とか考えたことがあるかとウノをやりながら切り出す。

帝愛が好きってわけじゃないからやめたいと思ったことは結構あったけど、トネガワの下についてから思わなくなったという。それに同意するものも。

トネガワの下についてから会社を辞めようと思わなくなったという意見に同意する黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワの下についてから会社を辞めようと思わなくなったという意見に同意する黒服たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ブラック企業の定義はいろいろあるけど、個人的には人間関係が一番大事で、そういう意味では今の環境は割りと悪くないと。トネガワがその辺りの空気作りが上手いのだろうと。

それを物陰から聞いていたトネガワ。書類を取りに来たのに出るに出られない。夜中にお菓子食べながらウノなんて大学のサークルじゃあるまいしと言いながらもトネガワは部下の黒服たちをそのままにその場から立ち去る。

部下の話を立ち聞きしてしまい出るに出られなくなるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

部下の話を立ち聞きしてしまい出るに出られなくなるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第60話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

翌日土曜日。出勤する黒服たち。

中間管理録トネガワ 第60話ネタバレ感想・まとめ

トネガワ、部下に愛されてる。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想『偶然にもコウヘイに接近する一ノ瀬』

一ノ瀬はコウヘイに落し物だとテレフォンカードを手渡す | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一ノ瀬はコウヘイに落し物だとテレフォンカードを手渡す | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第23話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレストーリー・あらすじ

深見、一ノ瀬は朝河に事情聴取をしていた。

その時、朝河は犯人は右手に腕時計をしていたと証言する。

警察署。

被害者は、能登宏樹36歳。元講談組構成員。過去に暴行恐喝による逮捕歴がある。

鋭器による心臓の損傷での失血死。血液から複数の薬物が検出されており、常習犯の可能性あり。

現場は夕刻。駅前喫茶店店内。容疑者は能登と同行していた男性と見て間違いない。

容疑者の容姿は、身長175~180cm。短髪で30~40代。見た目。ワイシャツにズボン、革靴。退店時にレジで接客した店員によれば、印象に残りづらい顔。入店してきたときと退店時では顔が違っていたと証言。

特に慌ててる様子もなく、極めて冷静に店を出たとの話し。能登の交流関係をさらって該当する人物がいないか捜査中。薬物がらみの線を検討。

次に遺留品について。コーヒーカップから指紋を採取。タバコの吸殻から唾液の検出。現在、指紋の照合と唾液の検査を行っている。

犯行時の状況について。店内に複数の客、店員がいたにもかかわらず、誰も気付かなかったという。口論や争いなどはなかったと思われる。つまり、抵抗する間も与えず、真正面から一撃で仕留めたと。

左胸に鋭器による創傷がひとつ。心臓にまで到達しており、これが原因なのは間違いない。その成傷器の特定がなんとも。傷口を見るに、日本刀や匕首ではないかと考える。胸骨をもろともせず、刃が縦方向に刺突されていることが気になるところ。

入り口は、その刺切傷のみ。しかし、心臓はズタズタに引き裂かれている。つまり、刺突し、心臓まで到達した後、内部で先端が変形して心臓を斬り裂き、また元に戻って引き抜かれた。果たして、そのような鋭器がありえるだろうか。

店員の証言では、容疑者は終始手ぶらだったという。

容疑者が寄生生物ではないかと質問する | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

容疑者が寄生生物ではないかと質問する | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一人の刑事が、容疑者の頭部が不自然に変形したという証言はなかったかと質問するもないと返事を受ける。

質問した刑事は、北署の平間に報告すべきかと考える。

一ノ瀬は街中で、コウヘイと野田の二人組みに、落し物ですと声をかける。

コウヘイは一ノ瀬からテレフォンカードを受取る | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは一ノ瀬からテレフォンカードを受取る | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイが一ノ瀬が落としたというものを見ると猫のテレフォンカード。受け取り確認するも自分のではないと一ノ瀬に返そうとする。

コウヘイが触ったテレフォンカードをハンカチでくるんでポケットに入れる一ノ瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイが触ったテレフォンカードをハンカチでくるんでポケットに入れる一ノ瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一ノ瀬は、そうですかとコウヘイからテレフォンカードを受取る。

立ち去るコウヘイと野田を見て、一ノ瀬はコウヘイから受取ったテレフォンカードをハンカチに挟みポケットに入れる。

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想・まとめ

野田が頭のいい奴だったら、落し物と出したテレフォンカードをハンカチにくるんでポケットにいれたことに疑問を持つだろうか。疑問に持ったなら一ノ瀬はこの後、野田に始末される。

勘などではなく、ただの不運であるというナレーションから一ノ瀬がやられるということか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想『股間攻撃と胸揉み攻撃でもんもんする椿』

椿を凝視しながら胸を揉む起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿を凝視しながら胸を揉む起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

起立は眼鏡を落とし、眼鏡を探すためにずり這いをする。

そのまま、椿に覆いかぶさる形となった。

椿は、起立が覆いかぶさってきたことに動揺するも、これは絶好のチャンス。

この先に監視カメラがあったはずだから、そこまでいければ、言い逃れできない犯行現場を映像に収めることができると考える椿。

しかし、その作戦も一瞬で頭から吹き飛ぶ事態が起きる。

起立に股間をアタックされる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

起立に股間をアタックされる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿の股間に起立が膝が当たる。

全身に衝撃が巡る椿。

目の見えない起立には、何が当たったのかわからなかった。

起立は、それでも眼鏡を探そうとぐりぐりと膝を動かす。

それに感じる椿。

胸を揉まれる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

胸を揉まれる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

次に起立は、椿の胸に手がいく。

前が見えない起立は、触った柔らかいものを揉みしだく。

起立は、椿の胸を揉みながら、じっと椿のことを見つめる。

椿は襲われると感じた。

起立は、間近で椿の顔を凝視してやっと椿だと理解する。

起立は、なんでこんなところに椿がいるのか驚愕する。転ばせたのも罠かと椿を罵る起立。

椿は、勝手に一人で転んで勝手にかぶさってきたと事実をいうと、起立はすごすごと失礼したと椿の上から降りる。

そして、眼鏡を発見する起立。

起立は振り向きもせず、暗いから帰るようにと椿に言い放ち、その場を去って行く。

続きをしてもらえなかった椿はもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

続きをしてもらえなかった椿はもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿は、ひとりでもんもんしてバカみたいとモジモジしながら帰っていく。

起立は、椿の女子バレーのユニフォーム姿が最大の弱点だった。ユニフォーム姿に動揺して、転倒してしまい、その後のことはよくわからなかったが眼鏡が見つかってよかったと思っている起立。

起立の弱点は女子バレーのユニフォーム姿だった | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

起立の弱点は女子バレーのユニフォーム姿だった | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想・まとめ

目が見えず、触ったことがなければ、胸を触っても胸とはわからないかもな。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

千原好雄(ちはらよしお)
イケメン男子生徒だが、椿は動悸しない男子。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編)ネタバレ感想『起立の弱点を見つける椿』

不可抗力で起立の下にもぐりこむ形となる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

不可抗力で起立の下にもぐりこむ形となる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ

学力テストの順位発表を見て、椿は苛立っていた。

ランキングの1位を飾るのは起立匡史で、椿はランキングに入っていなかった。

椿は、全部、起立のせいだと考える。

一刻も早く起立を学園から排除しなければならないと考える。

いままでのように思いつきで行動してもまた失敗してしまう。ちゃんとデータを集めて、作戦を練らなければならない。

椿親衛隊は、起立にスカートをメジャーで計り、短いといわれてありえないと抗議の声をあげる。

椿は他の女の子にもやっていたのかと嫉妬する。

それを起立の担任教師に話をするも、風紀に対して行き過ぎてるところもあるねぐらいの感じで話にならない。

起立の弱点がわからない。起立の友人に聞くかと、椿は、千原に声をかける。

しかし、千原は、起立の友達じゃないから弱点なんて知らないという。

あまりの形相の椿に、好きな女の子には弱いと適当なことをいう。

千原の適当発現を真に受ける椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

千原の適当発現を真に受ける椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

椿は、千原の適当な発言を真に受けて、好きな子が弱点をどうにか使えないかと考える。

部活を終えて、暗くなった中、椿は、起立がどんなタイプの子が好きなのかわからない。調査が必要と考える。

自分が起立のタイプではないから教われなかったということかと思考回路が変換させて、一人で苛立つ椿。

そこに、下校しようとしていた起立にばったりを会う。

作戦がまだ練られていない時に突然の遭遇。椿は無視するかと素通りしようとするも起立が睨みつけてくる。

椿は、風紀を乱すようなことをしていないというと起立も反論せず、立ち去ろうとする。

起立が突然つまずき倒れる。

転倒のはずみで眼鏡を落としてしまった起立。

眼鏡を探す起立。

起立の弱点を発見する椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

起立の弱点を発見する椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編) 漫画:木下由一

起立の弱点を発見する椿。

起立が見えていないうちに罠に誘導しようと考える椿。

起立は眼鏡を求めて、四つん這いでうろつく。起立が近づいてきて逃れようとする椿だったが、起立の移動が早く、起立の下にもぐりこむかたちとなった。

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(前編)ネタバレ感想・まとめ

視力が悪い起立だから、このまま、椿の胸などを無造作に弄るのか。

いや、こんな状態でも「触られない」ままで椿はもんもんとするのだろう。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

千原好雄(ちはらよしお)
イケメン男子生徒だが、椿は動悸しない男子。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想『ゾンビと化す多重債務者』

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

山崎が血相を変えて部屋に飛び込んでくる。

トネガワはノックもなしにとタバコを吸いながら不満を口にする。

しかし、山崎は事の重大さにトネガワの不満を無視し、新聞を見たかと聞く。

まだだというと山崎はすぐに新聞を取り出し、トネガワにある記事を見せる。

見て驚くトネガワ。

グレーゾーン金利の撤廃と大見出しにある。

グレー金利とは、利息制限法と出資法の二つの上限金利の闇の金利帯のことで、つまり、グレー金利の撤廃とは、端的に言えば、これまで違法金利だが明確に違法とみなされなかった金利利率がアウトになるということ。

帝愛の金利はもろグレー。

アウツ中のアウツ。

今度は佐衛門が慌てて部屋に入ってきて外が大変だという。

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

外は、過払い、金返せなどのプラカードを持った人だかりができている。

佐衛門は帝愛は終わりだといい、今日限りで辞めるとグラサンを取る。

山崎は止めようとするもトネガワは止めようとする山崎を止める。

トネガワは他にも辞めたいやつがいたら裏口から逃げることだといい、自分は会長のところにいくという。

会長室では、兵藤会長が爆発寸前の怒りに満ちていた。

あれだけの根回しをしたのに。

トネガワが兵藤会長を逃がそうとするも、その時権田から電話がかかり、裏口もダメだといわれる。

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口にも人だかりができ、ドアを叩き、今にも雪崩れ込んでくるという。

トネガワは権田たちを他の場所から逃げろというも権田は逃げないという。最後まで帝愛の黒服として職務を全うするつもりだった。

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ドアを破り雪崩れ込んでくる多重債務者に立ち向かう権田たち。

トネガワは下は危ないと兵藤会長を上へと誘導する。

帝愛のビル中に多重債務者がまるでゾンビ映画のゾンビのよういうろついている。

多重債務者が「いたぞ、会長だ」という声に見つかったと思ったが、まさやんが棒を持って立っていた。

まさやんは、襲い掛かる多重債務者を杖でいなしながら戦っている。山崎がまさやんを助けに行こうとするもトネガワが止める。

まさやんの覚悟を無駄にするつもりかと。

今のうちに、本物をおぶって逃げる。

しかし、まさやんは多重債務者に捕まってしまう。

屋上までやってきたトネガワたち。屋上では、ヘリがホバリングして空中で待機していた。ヘリから縄梯子が下ろされ、兵藤会長を誘導する。

縄梯子に登る三人だが、多重債務者が追いつき、縄橋子を掴む。

トネガワは、了承してかりたのはキサマらだと蹴落とそうとするも数の圧倒で、足を掴まれ、服を掴まれ、強引を下ろされてしまう。

落ちたトネガワにゾンビのように群がる多重債務者。

ベッドから飛び起きるトネガワ。

夢。

一連の出来事はすべてトネガワが見た夢。

トネガワは冷蔵庫の飲み物を飲んで一息つく。

ゲレー金利の撤廃なんてあるはずがないと歯ブラシに歯磨き粉をつけて、ベランダにでるトネガワ。

しかし、2018年の日本では、グレー金利は撤廃されている。払いすぎている借金が戻ってくるかもしれない。

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ

多重債務者が完全にゾンビだった。

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」