・マンガボックス ネタバレ感想」タグアーカイブ

マンガボックス作品のネタバレ感想。
マンガボックスについて。

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第61話ネタバレ感想『新キャラ・サカキ・ジウベエ・インゴ』

【画像】「エギ大祭」開催の宣告をするガモウ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】「エギ大祭」開催の宣告をするガモウ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第61話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第61話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第61話ネタバレストーリー・あらすじ

若林とアレックスの前にガモウが現れる。

ガモウは、明晩、「エギ大祭」を執行すると宣言する。

すると、周りのシマビトは大歓声を上げる。

イヤツコの身分を捨て「自由」を望む者、我がシマで「力」を望む者、購う命もインゴが為に汝。

【画像】「エギ大祭」で自由を掴むから力を掴むか | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】「エギ大祭」で自由を掴むから力を掴むか | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

ガモウの言葉を聞いて、若林は、アレックスが狙っていたのはこのことかと聴く。肯定し、セレクションだというアレックス。

ガモウは、ジウベエを呼び、ジウベエは、「エギ大祭」参入を望むものを募る。

ジウベエは片手を挙げ、参入者は片手を挙げるように促す。

イヤツコの中からチラホラと手を挙げるものが。

アレックスは、簡単じゃないが、これが唯一の希望だという。

若林は、運は天にありといい、希望があるならそれに懸ける。

武士たるもの、運を自らに定むるべしと笑ってみせる。

アレックスは、若林をサムライだという。

インゴシマ 第61話ネタバレ感想・考察まとめ

いきなり、武士発言。いきなり、日本人魂に目覚めてしまったのか若林。

特殊で過酷な環境に置かれたら、心の拠り所がなければ、精神崩壊してしまう。若林の場合は、武士だったのか。

若林は、体育教師だったよね。武道か何かをやっていて、そういう精神は学んできたというバックストーリーがあるのかな。

今回、コリオに続き、シマビト側の名前あるキャラができてきた。ジウベエ。シマビトキャラのなかで今まで一番のイケメンではないだろうか。

【画像】サカキ・ジウベエ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】サカキ・ジウベエ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第61話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

ガモウ・インゴ、コリオ・インゴ、サカキ・ジウベエ・インゴ、、、選ばれたもののみに「インゴ」の称号がもらえるのか。サカキ・ジウベエだから、元は日本人なのだろう。シマビトの王族は血筋ではなく、実力で権力を勝ち取ったものが王族に加わるという仕組みなのか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

サカキ・ジウベエ・インゴ
「エギ大祭」参入者を募る者。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第60話ネタバレ感想『ガモウに会いたがる薫子』

【画像】イヤツコが共有するはずの女を独占していることを言いふらすとシマビトを脅す薫子 | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】イヤツコが共有するはずの女を独占していることを言いふらすとシマビトを脅す薫子 | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第60話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第60話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第60話ネタバレストーリー・あらすじ

薫子は、シマビトに足を舐めさせ、ガモウに会わせることを要求する。

シマビトは聞き返す。

島の王様、ガモウに会わせなさいと命令する薫子。

シマビトは、それはまだできないと呟くと、シマビトにビンタする薫子。

ガモウは今忙しいからとシマビトは言い訳をする。

しかし、薫子は許さない。シマビトの口を掴み、本当は私に惚れてるんじゃないのと聞く。

【画像】薫子はシマビトに惚れてるのかと問う | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】薫子はシマビトに惚れてるのかと問う | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

シマビトは、床の薫子は最高。ガモウよりも自分のヨメゴになってほしいという。

それにキレる薫子。

足を踏み鳴らし、アンタの嫁なわけないと大声を張り上げる。

シマビトは、薫子に声を小さくするようにお願いする。

薫子がここにいることがバレたら、大変なことになる。「イヤツコ」たちが共有するはずの女を、独占していることが知れたらどうなるかと薫子はシマビトを脅す。

シマビトは、すぐ話すからと焦る。

薫子は、「誰に?」と確認する。シマビトは「ガモウ様に」と答える。

薫子は続けて「何を?」と確認する。シマビトは、「カオルコをヨメゴに」と答える。

だから静かにしてくれと。

薫子は、シマビトのためだともいう。

「海岸に女が倒れていた。最高の美女だったので献上する」とこれで屋敷に住めるでしょというも、シマビトは、ガモウのヨメゴはガモウが選ぶ。薫子は儀式でチオモ様に選ばれなかった。チオモ様は薫子の顔を覚えているという。

すると、薫子はナタを手にとって、自分の自慢の髪を切って短髪にする。

【画像】髪を切る薫子 | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】髪を切る薫子 | 引用元:インゴシマ 第60話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

インゴシマ 第60話ネタバレ感想・考察まとめ

髪切ったぐらいでバレないだろうか。

仮にバレないとしても、結局新しい人間は、チオモの儀式を通過しないとガモウの選別までたどり着けないだろう。

同じ人間で、儀式を二回受けて、結果が違うということがあるのだろうか。

だとすると、儀式で査定してる部分は、先天性のものではないということか。

儀式だから、ただのチオモの「勘」というだけだろうか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第59話ネタバレ感想『薫子は看守を誘惑して脱出する』

【画像】看守を誘惑する薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】看守を誘惑する薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第59話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

薫子は、自分たちが処理の道具に過ぎないと理解する。

同じような女の子が何人いるかわからないけど、若い女の子は貴重なはず。それをこんな汚い牢屋に放置したまま。そんなわけありえない。

【画像】自分の立場を分析する薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】自分の立場を分析する薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

薫子は、立ち上がり、牢屋のドアを押す。

さすがにカギはかかっている。

薫子は、入り口の前を警護しているシマビトに声をかける。

看守は、ハバカリなら中にあるというも薫子は話を聞いてほしいという。

看守は、禁じられているという。

薫子は、看守にしかできないことだとお願いする。

看守は牢屋のカギを開けて、薫子に近づき、自分にかしできないこととはなんだと聞く。

薫子は、看守に抱きつきほしいという要求し、看守の下半身に手を伸ばす。

看守は、穢れたアガメに触れてはならぬ定めだと拒否しようとするも、薫子はバレなきゃヤリ放題だと微笑む。

そして、薫子は無理矢理看守にキスをする。

キスをされて、理性を失った看守は、薫子に抱きつく。

薫子は、ここはイヤだと拒否する。二人っきりになれるところに連れて行ってとおねだりする。

看守は、薫子の要求を受け入れる。

【画像】看守の誘惑が成功して悪魔の顔を見せる薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】看守の誘惑が成功して悪魔の顔を見せる薫子 | 引用元:インゴシマ 第59話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

薫子は、ちょろいと悪い顔になる。

看守に連れて行かれる前に、牢屋に残った加奈と茜に頑張ってという薫子。

看守を手玉にとった薫子は、そろそろ島の王「ガモウ」に会わせてと看守に要求する。

インゴシマ 第59話ネタバレ感想・考察まとめ

加奈と茜に涙を流して、頑張ってというのは、後に助けるつもりがあって、それまで耐えてという意味なのか。自分は何が何でも助かる方法を見つけるから、あなたたちも頑張っての意味だろうか。涙流すのは前者っぽいけど。

それにしてもバレなきゃヤリ放題と連れ出してもらっている以上、薫子をガモウに合わせたら、ヤリ放題ではなくなってしまうから、看守は薫子の要求を飲むだろうか。

そもそも、イヤツコの女に降格したアガメは、儀式によって決定したわけで、儀式を行うような風習の村で、儀式にたてつくような行為をするのは叛逆行為。そんな行為を自ら露呈するようなことを看守はするだろうか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売 | インゴシマより引用

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売 | インゴシマより引用

  • インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売

無残な姿に成り果てた太一が残された力を振り絞るように語る、異形のシマビト「コリオ・インゴ」の残虐非道。怒りに衝き動かされた高崎は復讐の意志を固めるが、生き延びることが先決だと市原に諭される。啓太とアキラは合流を急ぐも、先に高崎たちを発見したのはコリオの手勢だった。一方、島における奴隷の身分「イヤツコ」に落とされた若林は、同じ立場にいる西洋人アレックスから脱出プランの話を聞き出す。アレックスは語る。リスクはあるがチャンスもある。飛び込めるか否かは、お前次第だ――荒ぶる運命の渦の中で、うねりに翻弄される者は闇に呑まれてしまうのか――希望を紡ぐ者を照らす光はあるのか。選択の重みそのものが生死を選り分けていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第58話ネタバレ感想『薫子が女王スタイルに変貌した決意』

【画像】加奈と茜がクスリでカラダが絶頂しっぱなし | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】加奈と茜がクスリでカラダが絶頂しっぱなし | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第58話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ

加奈、茜と一緒にイヤツコに落とされることが決定し、牢屋に監禁される薫子。

薫子は、牢屋の外に立つシマビトを見る。

見張りをしているシマビトは、薫子をちらっと見るも見なかったように視線を反らす。シマビトも行為を見て、興奮状態だったが、自分の務めを果たそうと必死に堪えていた。

【画像】薫子を見て興奮するシマビト | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】薫子を見て興奮するシマビト | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

加奈と茜がシマビトの相手をしているとき、意思に反して、カラダが反応し、どうしようもなく声をあげていたことを思い出す薫子。

薫子は、加奈と茜に目を覚ましてと呼びかけるも二人はいまだに行為の記憶に翻弄されていた。

薫子も例外ではない。醜いシマビトが薫子に襲い掛かる。

薫子は、地面に頭を打ちつける。出血するほど頭を打ちつけた。それにより、シマビトのクスリの効果が薄まり、正気を取り戻していく。

加奈も茜もまだクスリの影響下にあり、翻弄されている。

【画像】クスリでカラダが反応する茜 | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】クスリでカラダが反応する茜 | 引用元:インゴシマ 第58話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

薫子は、閉じ込められた牢屋の中を見ると、拘束具があり、汚物が片付けられておらずハエがたかるひどい部屋。

イヤツコの女が明日からハシラになってもらうという言葉を思い出し、この悪夢が今日で終わりでないことを知る。明日も明後日も、ここにいる間はずっと続く。いつまでもあんなことをさせられる。

薫子は絶望する。

それならいっそ、死んだほうがマシだと思える。涙が溢れ出て、父親に助けを求める。

父親が、生きる意味の話をしていたことを思い出す。父親の生きる意味は、家族の薫子の人生から辛かったり、苦しかったりするものごとを失くすことだという。

薫子は、父親に謝罪し、もっと生きていたかったと思う。

その時、加奈が薫子を呼ぶ。

加奈が薫子に助けを求めるも意識を取り戻したのはその一瞬だけで、すぐに絶頂してしまう。

薫子は、ここから絶対に抜け出してやると決意する。

インゴシマ 第58話ネタバレ感想・考察まとめ

ここから見張りを誑かして、薫子だけが脱出するんだろうけど、その後は見張りを奴隷みたいに手なずけて島を脱出するということか。

啓太たちだけではなく、若林や薫子がシマビトのコミュニティ内でゲリラ行為をしていけば、外からと内からと混乱できていいかもしれない。シマビトは、イヤツコから優秀者を引き上げるぐらいの人材不足だから、そもそもそれほどの脅威にならないような気もするけど、啓太たちはただの高校生だからな。それにシマビトにはクスリがあるから。全身火傷しても高崎に襲い掛かるぐらいのクスリだから、アレを打って戦闘状態に入られたら厄介。

 

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。