・マンガボックス ネタバレ感想」タグアーカイブ

マンガボックス作品のネタバレ感想。
マンガボックスについて。

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

【最終回】天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想『神の存在意義』

最終回 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

最終回 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレストーリー・あらすじ

ヒールの音が聞えてくる。

スナイパー仮面は、卯月の頭に手を置いて覚悟を決めさせる。

弥生は卯月を前にして、母親らしい態度をとれない。まだ自分が母親と自覚がない。

しかし、卯月にはそんなことを関係なかった。卯月は弥生に抱きつき涙を流しながら母親を呼ぶ。

弥生は卯月を抱きしめ返す。

統括者によると、停止しているのはユリに領域を壊されないための仕方ない処置。「神の誕生」「神を誕生させるためのエネルギーの生成」この目的は放置できないという。

この機関を作ったのは誰かについてはわからないが「神を誕生させる必要性」については推測できるという統括者。

スナイパーたちが存在していた次元を中心に複数の次元を巻き込んだ乱れが発生している。各次元の膜が薄くなり、他の次元と結合したりしてる状態。この危険な状態を正すために「神」が必要。いますぐ、大きな問題にならないかもしれないけど放置もできない。だから、神の誕生は絶対に必要だという統括者。

神を誕生させるためのエネルギーが全然足りない。できれば、すぐに「ルール」と「流入」を再開してエネルギーを増幅させたい。

スナイパー仮面は、エネルギーが必要なのはわかったがその方法が人間同士の潰し合いというのは納得できないという。

生命体の進化は淘汰という適度な潰し合いによって成し遂げられている。今のスナイパー仮面もたくさんの犠牲の上で大きなエネルギーを操れるようになっている。結局それが一番効率的だという。

話はここまでであとはユリが目覚めてからだという。目覚めればの話だけどという統括者。

しかし、スナイパー仮面は目覚めると信じていた。

ユリの脳内で、久遠はユリを見守っていた。

そこに吉田が現れる。

吉田はすぐに自分は消えるという。その前にユリにお礼をしたくてと、何かをユリに渡す。

吉田からの贈り物を受取り覚醒するユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田からの贈り物を受取り覚醒するユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

その瞬間、ユリが目覚める。

飛び起きたことに恥かしさを感じるユリ。

理火とニセにただいまという。

まだやることが沢山あるが、ユリは休んでいたほうがいいという理火。ユリは昔から自分の疲れを忘れて動くからすぐ寝てしまう。

そういうと、ニセが「今の本城さん」に関しては私のほうがずっと詳しいですからと対抗意識を燃やす。

ユリは、ニセと腕組みをして、おなかすいたとスナイパーが持ってきてくれた食材を食べにいこうと去っていく。

去り際に、理火に「まことお兄ちゃん」と言って去っていくユリ。

それを聞いて赤面する理火。

「まことお兄ちゃん」とユリから呼ばれて赤面する理火 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「まことお兄ちゃん」とユリから呼ばれて赤面する理火 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想・考察まとめ

最後の最後に血のつながってない兄妹のラブラブを見られるとは。

最後の最後に血がつながっていないことを知ってるとアピールしたユリの意図は理火も兄妹愛ではない恋愛対象になるという意味だろうか。

理火のことを「まことお兄ちゃん」と呼ぶユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火のことを「まことお兄ちゃん」と呼ぶユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想『次回完結』

もう目覚めないかもしれないユリに涙する理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

もう目覚めないかもしれないユリに涙する理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレストーリー・あらすじ

中華仮面は、赤ん坊と空を見上げていた。

空の色はいつもと変わらないが、このセカイそのものが大きく変わったことを感じる。

無表情仮面と対峙するも無表情仮面は構えていた銃をホルスターにしまう。

統括者の強制停止コマンドが実行されたため、現行のルールはすべて機能停止。次のルールが定まるまで参加者には大きな動きは自重しつつお待ちくださいとメッセージを伝える。

現行のルールの停止は、今の戦いも含めたやりあいも終わりという意味かと聞くと無表情仮面は、あくまでも一時的な措置だけどそうだと答え、去ってく。

ヤンキー仮面は、あとはこのセカイを終わらせるだけだけど、そんな終わり方でいいのかと疑問を投げかける。ここまでいろいろやってきて、その結果が「何もなし」について。これ以上、命が消えないという事実を喜ぼうという。

理火はユリが眠るビルに走る。

ユリの横たわるベッドにはニセと無表情仮面が付き添っていた。

眠るユリに駆けつける理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

眠るユリに駆けつける理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火は、焦りを抑えつつ医師の無表情仮面に容態について聞く。無表情仮面は、知見に及ぶ範囲では大きな問題は見た足らない。しかし、現在のユリは理を越えた能力を発動してしまっている。その能力がこの状態の要因だとするならば、同じ能力を持つ者でない限り、対処は不可能。このまま永遠に目を覚まさない可能性もある。

理火は、涙を流し、自慢の妹だとユリの手を握る。

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想・考察まとめ

あと一話で完結というなら、最後に統括者のプログラムをユリが破壊して終わりなのか。

管理者もあっさり始末されちゃったし、あっさり、このセカイを破壊して終わるという場合もある。

まさか、このセカイを破壊できないからユリだけ残ってみんなを現実に帰すというバッドエンドなのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想『花火のタマを盗みとるキリヲ』

花火は空砲だった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

花火は空砲だった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

  • 魔入りました!入間くん 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 魔入りました!入間くん 概要
  • 魔入りました!入間くんを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

魔入りました!入間くん 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

アスモデウス邸では、アズが執事に今日から三日間は学校に寝泊りして帰らないと伝える。

ダヴィデの執事は了承し、母親からの伝言をアズに伝える。

明日のバトラ参観は絶対行くからと。アズはダヴィデに全力で阻止しろと命令する。

クララ家では、クララの両足を掴んで話さない妹たちがいた。母親は応援にいくとクララを送り出す。

サブノック邸では兄弟からの電話を受けるサブノック。父親が来ないと知らされて怒鳴りつける。

入間邸では入間はソワソワしている。祖父はまだ帰ってきていない。祖父の所在を気にするもやらんぽらんだけど約束は守る方だと入間を安心させ、送り出す。

入間は早速、鬼盛りやきそばを平らげて食物バトラを潰す。

入間はサブノックに本祭では何をやるのかと聞く。サブノックは魔王活劇をやると自信満々。過去の魔王の逸話を舞台で披露する。最高傑作だという。

魔術バトラでは新魔術を披露するという。石から水を生成するショー。

ゲームバトラでは体感型ゲームができるという。幻術帽子をアレンジして仮想冒険できる。

他のバトラも今年はレベルが高そうだという。

作成名は即撃必勝と名づけるアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

作成名は即撃必勝と名づけるアズ | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

アズが作戦名を披露。即撃必勝。狙うは学校中央広場の注目。みんなが集まり、前夜祭終了と同時に鳴る本祭開始の鐘の鳴り終わった瞬間に花火を打ち上げる。

あとは、本祭は小さめの華やかで美しい花火を定期的に打ち上げてアピール。

ここから中央広場は少し遠いけど、音と光で十分目立つはずだというアズ。

組み立ては万全。点火から5秒で打ち上がるようになっている。

導火線に火がついてしまった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

導火線に火がついてしまった | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

点火は、アズが火種を渡すので入間が導火線に火を実演すると導火線に火が移ってしまう。

導火線が火がつき、カウントが0になる。

しかし、花火は打ちあがらない。砲身の中をみると、花火のタマがなくなっていた。

花火のタマは、キリヲが持ち出していた。

例の隠し部屋で最後の祭りをはじめようと独り言を呟く。

魔入りました!入間くん 第28話ネタバレ感想・考察まとめ

前夜祭の花火は何とか打ち上げてアピールし、本祭の最後にキリヲが何かを爆発させるのだろうけど、それが花火のように打ちあがり、生徒には、魔具バトラの花火だと勘違いして祭りは終了。そして、特賞をゲットするという流れかな。

花火を打ち上げる作戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

花火を打ち上げる作戦 | 引用元:魔入りました!入間くん 第28話 漫画:西修

マンガボックス『魔入りました!入間くん』を読んで。

魔入りました!入間くん 概要

鈴木入間は14歳の少年。両親は鬼畜外道で、遊ぶ金欲しさに息子を悪魔に売り渡した。入間を購入した大悪魔・サリバンには妻子が無く、「孫になってくれ」と入間に懇願する。サリバンが理事長を務める魔界の学校に理事長の孫兼特待生として入間は入学し、人間であることを隠し、悪魔に交じって学園生活を送ることになる。さまざまなトラブルが入間に襲い掛かるが、苦労して育ったことによる素直で健気な性格で乗り越え、意図せずに学園内で交友関係を築きあげ、不本意ながら有名人になって行く。

魔入りました!入間くんを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。