・サイコミ ネタバレ感想」タグアーカイブ

サイコミのネタバレ感想。
サイコミについて。

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話ネタバレ感想『官房長官の思惑』

【画像】寛大なツヨシに涙する官房長官 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話 漫画:丸山恭右

【画像】寛大なツヨシに涙する官房長官 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話ネタバレストーリー・あらすじ

愛之助の前に現れた官房長官の父親・岩室勘助。

愛之助の父親がなぜ自分に会いに来たのかと疑問に思うツヨシ。

勘助は、ツヨシの手を握り、笑顔で自己紹介する。

立ち話もなんだからとツヨシを車に乗せる勘助。

車の中で、ツヨシに謝罪する勘助と秘書。

日本政府も随分前からツヨシのことは把握していた。ただ与党内でどう対処していいか意見が分かれ、これだけ時間がかかったという。日本国民であるツヨシを中国やロシアに利用されたことに再び謝罪する勘助。

【画像】ツヨシに謝罪する官房長官とその秘書 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話 漫画:丸山恭右

【画像】ツヨシに謝罪する官房長官とその秘書 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話 漫画:丸山恭右

事態は日本だけでは対処できないものになってしまったという。中国に対してはこれからを考え、友好的な関係を維持する必要がある。日本の未来のためにもツヨシの力が必要。改めて、中国ロシアの対決の見届け人になってもらいたいと。

ツヨシは、もうやるといったからやるというと、涙して喜ぶ勘助。

勘助は、愛之助が中国側として戦うということをツヨシに教える。

ツヨシのためにも負けるわけにはいかないと愛之助を鼓舞する勘助。

ツヨシの家まで送り、愛之助は再び勘助と車の中に。

勘助は、愛之助の母のことを聞き、相変わらずだと応える愛之助。

中国側につながるとはと勘助も驚くも、中立の立場とは言え、どちらかといえば中国寄り。負けるなと愛之助に言い含める。

愛之助は、そんな事情は自分に関係ないが負けるつもりはないと返事をする。

* * *

ロシア側は準備万端。照も仕上がってるというナターシャ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第65話ネタバレ感想・まとめ

日本もツヨシを利用して、国際政治に乗り出すということなのだろうか。

ツヨシはどんだけ強いんだ。

それとも、これを気に格闘省みたいなものを創設するということか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

マルコフ・チェゲノビッチ
ニキータの格闘技のコーチ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話ネタバレ感想『愛之助の言葉に涙するツヨシ』

【画像】愛之助の言葉に涙するツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助の言葉に涙するツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話ネタバレストーリー・あらすじ

アトリエを出たツヨシに声をかけたのは愛之助。

一緒に帰路に着く。

愛之助は、もう秋だと他愛もない話をする。

山篭りをしていた話をすると、歩き方で強くなったことがわかるというツヨシ。

愛之助は、ツヨシに比べればまだまだ。修行を経て、ツヨシがいかに強いかよりわかったという。

愛之助は、中国とロシアの厄介なことに巻き込まれてることにツヨシに同情する。

強い力に惹かれていろんな人が集まってくるということでしょうかと見解を述べる愛之助。

でも困ってるツヨシの顔を見て、戦いが好きじゃなく、絵を描いていた人だと分かっているといい、一番やりたいことができるのが一番いいという。

愛之助は、自分の力が及ばず止められなかったことをツヨシに謝罪する。

ツヨシは、愛之助は関係ないから謝る必要はないと伝えるも、愛之助は自分で決めたことだという。ツヨシに降りかかる火の粉があれば、こっちで何とかしようと。

でも前回は無様に負けてしまった。情けない。次は絶対に負けない。ツヨシを守ると笑顔でいう愛之助。

【画像】ツヨシのことを思って個人的に守るという愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話 漫画:丸山恭右

【画像】ツヨシのことを思って個人的に守るという愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話 漫画:丸山恭右

そんな愛之助の言葉を受けて、涙を流すツヨシ。

そこに車が横付けしてくる。

降りてきたのはスーツをきたメガネの女性。

目的はツヨシ。

愛之助はツヨシをかばうように、メガネの女性との間に割ってはいる。

メガネの女性は、内閣調査室の長谷川美波と名刺を出す。危害を加えるつもりはないと話し、中国とロシアの対抗戦を仕切ることになったことの報告にあがったという。

愛之助に久しぶりと声をかける男が車から出てくる。

内閣官房長官・岩室勘助。

その男を愛之助は「親父」と呼ぶ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第64話ネタバレ感想・まとめ

シェンメイやナターシャの「ツヨシを守る」はあくまでも利用価値があるから守るというのであって、愛之助はそれとは別に守るいってくれたことにツヨシは心打たれたのだろう。

* * *

日本は、ツヨシ獲得には乗り出さないのか。

この世界では格闘技が政府も関わる重要要素っぽいけど、それは中国とロシアだけの話なのだろうか。

世界にはいろんな格闘技があるので、きっとそういうのも巻き込むために、この路線はある程度維持されるだろうなと思ったけど。。。

それとも日本は取り仕切るといいながらも、ちゃっかりとツヨシ獲得のために水面下で動いているということか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

マルコフ・チェゲノビッチ
ニキータの格闘技のコーチ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話ネタバレ感想『ツヨシの修羅場』

【画像】なぜか英語でシェンメイとナターシャのケンカを止めるツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話 漫画:丸山恭右

【画像】なぜか英語でシェンメイとナターシャのケンカを止めるツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話ネタバレストーリー・あらすじ

突然、ナターシャがロシアのスパイだとカミングアウトするシェンメイ。

ナターシャがツヨシと同じシフトを組んだり、デートに誘ったりしたのはロシアのスパイだからというシェンメイの言葉を喘ぎるツヨシ。

そういうのは疲れたという。誰も信用できなくなる。

ナターシャは、シェンメイのカミングアウトに乗り、任務で日本に来たけど、ツヨシがとても紳士的だったから本当にと言い出す。シェンメイは、それもナターシャの常套手段だから騙されたらダメだと警告する。

ロシアの戦い方は姑息。勝つためにはどんなn手段もいとわないとツヨシに教えるシェンメイ。

だから、ツヨシは私たちが守るというシェンメイ。

ナターシャは、ツヨシに騙されないでという。コンビニの仕事だって、シェンメイはいつもツヨシに仕事を押し付け、こっそりナゲットを食べてると密告する。

私のほうがむしろちゃんとツヨシを守ることができるという。

そこからは、シェンメイとナターシャの言い争いが始まる。

シャーラップと叫ぶツヨシ。

帰れというツヨシに、シェンメイはツヨシの存在は世界中に知れ渡ったから、今よりももっと多くの強者たちがツヨシを狙うという。今、ツヨシにとって必要なのはツヨシをサポートするべき人間。それは大きな組織しかできないという。

ツヨシは、そんなことはどうでもいいという。ケンカを売られれば買えばいいだけだと。やられたら、二度と襲ってこないように徹底的にやり返すだけ。これまでもずっとそうしてきたと。

シェンメイは、それは無謀だという。四六時中襲われる生活なんて耐えられない。ツヨシがかわいそうだというシェンメイ。ナターシャもツヨシには理解者と協力してくれる組織が必要だという。

仕方なく受け入れるツヨシ。

ツヨシは、自分はどうすればいいのかと聞くと、中国とロシアの戦いの見届人になってほしいという。

わかったから、今日は帰って欲しいという。

そうして、アトリエからシェンメイとナターシャを追い出す。

気を利かせて、アトリエ仲間の卓と元が飲みに行くかとツヨシに声をかけるも、気分じゃないので帰るという。

アトリエを出たツヨシに声をかけたのは山篭りから帰ってきた愛之助だった。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第63話ネタバレ感想・まとめ

ツヨシは、中国やロシアのどちらかにつく条件として、最高水準の芸術を学べる教育機関や環境を整えるように要求を出したら、自分のやりたいことができるんじゃないかな。でもそれは自分で勝ち取ったものじゃないからダメという考えに至ってしまう性格なのだろうか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

マルコフ・チェゲノビッチ
ニキータの格闘技のコーチ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。