・サイコミ ネタバレ感想」タグアーカイブ

サイコミのネタバレ感想。
サイコミについて。

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話ネタバレ感想『金的攻撃の恨み』

【画像】ツヨシを倒すことに執念を燃やすジーフェイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

【画像】ツヨシを倒すことに執念を燃やすジーフェイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話ネタバレストーリー・あらすじ

ツヨシが去った後。

照は、無茶しやがってと倒れている愛之助に近づく。

照は、リュウに愛之助を運ぶのを手伝ってくれというとリュウは快諾する。

愛之助とウンチョウを病院に連れて行かないとロウラン。

ジーフェイは自分が付いているからというシェンメイ。

シェンメイは、ジーフェイに戦いは終わったから帰るよと声をかけると、目を覚まし、唸り声をあげるジーフェイ。

ツヨシはアトリエに戻ると、アトリエ仲間にさっきのは押し売りだったと嘘をつく。

中国の骨董品の押し売りだと。

ツヨシは本当に変なのにからまれると笑うと元。

卓は、元にコンテストに出す絵は順調かと聞く。あとちょいと返事する元。

雑談していると、窓ガラスが割れる音がする。

【画像】窓ガラスを割って乱入してくるジーフェイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

【画像】窓ガラスを割って乱入してくるジーフェイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

外から物干し竿を持ったジーフェイがアトリエに乱入してくる。

ジーフェイは、叫びながら物干し竿を振り回す。

卓は、ツヨシにどんな断り方をしたんだとツッコミを入れる。

警察に電話しようにもスマホを落としている。

ジーフェイは床に転がるスマホを2台とも物干し竿で破壊。

ジーフェイはツヨシを倒すことしか頭になかった。

ツヨシは、コンテストのために一生懸命描いた元の絵がジーフェイの乱入によって破壊されているのをみる。

【画像】田中元の絵が破壊されていることに気づくツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

【画像】田中元の絵が破壊されていることに気づくツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話 漫画:丸山恭右

ツヨシは、ジーフェイに殺意を向ける。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第26話ネタバレ感想・まとめ

スマホを破壊するところや、物干し竿を持っていくところなど、案外ジーフェイも正気を取り戻していそうな感じだけど。

いくら金的されたからといって、他人の大切なものを破壊するのはいけない。

ツヨシも戦うのではなく、怪我をして、警察に被害届けを出せば、相手は傷害罪になって解決すると思うけど。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話ネタバレ感想『ツヨシの神業の金的攻撃』

【画像】ジーフェイの股間に愛之助の顔面攻撃をするツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイの股間に愛之助の顔面攻撃をするツヨシ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話ネタバレストーリー・あらすじ

愛之助を倒したジーフェイは、ツヨシに対戦を願う。

ロウランが、愛之助との戦いで、ジーフェイは脇腹と腕を痛めていることに心配する。

ジーフェイは実戦ではよくあることだと気にしていない。

自分は格闘家ではなく、武術家だというジーフェイ。

愛之助が立ち上がり、ジーフェイの背後から拳を上げる。

ジーフェイは背後から飛んでくる愛之助の拳をかわし、愛之助の背中に蹴りを入れる。

背中を蹴られ、ツヨシのほうに飛んでいく愛之助。

ツヨシは飛んできた愛之助の頭を掴み、勢いを殺さずに、遠心運動を使って、愛之助の体の移動エネルギーをジーフェイに向ける。

【画像】愛之助の顔面攻撃をジーフェイの股間に | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助の顔面攻撃をジーフェイの股間に | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

そして、愛之助の顔面をジーフェイの股間にヒットさせる。

【画像】愛之助を使ったツヨシの金的攻撃 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助を使ったツヨシの金的攻撃 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話 漫画:丸山恭右

愛之助はそのまま倒れ、ジーフェイは持ちこたえる。

ツヨシの戦いのセンスに敬服するロウラン。

シェンメイは、ジーフェイをさすがだと褒める。ジーフェイも硬気功の使い手だったのかと。

違う。ジーフェイは立ったままこときれていた。

ツヨシは、勝ったのは愛之助だといい。これで全員終わった。約束通り、二度と現れないでほしいと、あとのことは任せて立ち去って行くツヨシ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第25話ネタバレ感想・まとめ

こんなん笑うわw

攻めて、頭突きにしてやれ。

なんで、顔面なんだw

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想『愛之助の究極の正拳突き』

【画像】愛之助の究極の正拳突き | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助の究極の正拳突き | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレストーリー・あらすじ

ジーフェイの化勁を食らって、立っているのも限界の愛之助だが、ここで負けるわけにはいかないと踏ん張る。

さっきの正拳突きは、本領の正拳で撃てたわけではないのに、いつもと違う手ごたえがあった。

もう少し、その先にいける気がすると感じる愛之助。

視界が歪む。頭を抑え、ふらつく愛之助。

フェンメイの目からでも愛之助は限界だった。

ジーフェイも愛之助にやめておいたほうがいいと警告する。

それでも愛之助はかかってこいと強がる。

愛之助は、ジーフェイが仕掛けてこない限り、倒れるつもりはないといい、自分如き倒せないようではツヨシの足元にも及ばないとジーフェイを挑発する。

ジーフェイは、ため息をつき、一撃で終わらせるという。八極拳が二度打ちいらずと呼ばれる所以を見せてやる。

愛之助は奇遇だと返す。空手にも一撃必殺ってのがあると。

互いににらみ合い、ジーフェイが動く。

愛之助は、あの時の感覚を思い出せと体に言い聞かせる。

この時、愛之助の体からあらゆる感覚が消えた。視覚、聴覚、痛覚、触覚、平衡覚、、、極限状態により至る脱力の境地。

そして、究極の正拳突きが放たれる。

神槍脚

【画像】神槍脚を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】神槍脚を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

愛之助の究極の正拳突きはジーフェイに届かず、ジーフェイの足が愛之助の腹に深く突き刺さる。

通常八極拳において、中段以上の蹴り技を使うことは極めて少ない。幾多の実戦においてジーフェイの体に刻み込まれていたのは型ではなく、常識の裏切り方だった。

倒れて起き上がってこない愛之助を確認し、ジーフェイはツヨシに相手を願う。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想・まとめ

威力があっても当たらなければ意味がない。

しかし、ジーフェイは常識の裏切り方というが、愛之助は八極拳たるものを知らないだろうから、八極拳からみたら常識はずれに中段蹴りだったとしても、八極拳の常識をしらない愛之助からしたら裏切られたという感じにならないだろう。

単純に、蹴りが来て、究極の正拳突きがあたらなかっただけではないだろうか。

【画像】ジーフェイは常識の裏切り方が体に染み付いていた | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイは常識の裏切り方が体に染み付いていた | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話ネタバレ感想『気づかされた照に教えたい愛之助』

【画像】ジーフェイの発勁を受けて出血する愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイの発勁を受けて出血する愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話ネタバレストーリー・あらすじ

愛之助の攻撃を受け、いい攻撃だと評価するジーフェイ。

さらにジーフェイは、ダメージを受けながらもまだ動けることに関心する。

愛之助は、ジーフェイが言っている言葉の意味が理解できなかったが、すぐに体験することとなる。

愛之助の目や鼻から出血をし、視界が歪んで倒れる。

ジーフェイは発勁をあれだけ受けて、動けただけでも大したものだという。

そこに、リュウと照がタクシーでやってきた。

アトリエに行ってもいなかったから探したという。

愛之助が倒れている現場を見るリュウと照。

空手道場に見学に着ていた愛之助。本格的な練習は、次に来た時からやろうという。好きなだけ見ていくといいと。

愛之助は言葉に甘えて、ずっと見学し続ける。門下生が帰っていくなか、愛之助は見学を続けた。

そして、最後まで練習していた一人が照だった。

照は、愛之助に帰れというももうすこし見ていきたいという愛之助。照は、愛之助の見ていきたいを受け入れ、練習に戻る。

愛之助は、逆に照に帰らないのかと聞き、やっている練習のことについて質問する。

なんで、そんなにやっているんだと質問すると、強くなりたいからに決まっているだろと愛之助を煙たがる照。

【画像】弱いから強くなりたいと空手をする照に気づかされる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

【画像】弱いから強くなりたいと空手をする照に気づかされる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

愛之助は、なんで強くなりたいのかと聞くと、照は弱いからだと答える。

その時、愛之助は自分も弱いことに初めて気づいた。そして、心底、強くなりたいと思った。

【画像】心底強くなりたいと思う愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

【画像】心底強くなりたいと思う愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話 漫画:丸山恭右

愛之助は、照の横に並び、同じ練習をして見る。照はアドバイスする。

強くなりたいと思った日のことを思い出した愛之助。それは照のおかげ。そんな照が、勝ち負けに興味がなくなっていたことにショックを受けた。

照の前で、倒れた姿なんて見せられない。

愛之助は、立ち上がり、照に見とくようにいう。

ジーフェイに勝ってまだ強くなると宣言する。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第23話ネタバレ感想・まとめ

自分を強くしたいから空手をやっていた照が、ツヨシに敗北し、勝ち負けに興味がなくなった。

それは、自分がツヨシに敵わない。どんなに努力して強くなろうとも敵わないと心が折れたからだろう。

相手との比較が主になってしまっているなら、敵わない相手がでてきたら諦める。

自然な流れかもしれないが、そもそも空手を始めた理由の「弱い自分」を「強い自分」にするためとは別問題。

過去の自分の現在の自分の比較。照は、比較対象をいつの日か、過去の自分と今の自分から、他人と自分に変化してしまった。

だから、ツヨシという壁にぶち当たった時、心が折れた。

しかし、愛之助は、その軸をずらさなかった。だから挑み続ける。そういうことなのではないだろうか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想『ボーンクラッシャー愛之助』

【画像】ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレストーリー・あらすじ

ジーフェイの鉄山コウを食らった愛之助は、息が出来ないほどの衝撃を受ける。

内臓がダメージを受け、愛之助は倒れる。

咳き込みながら、今のは何だったのだとジーフェイを見る。

いままで受けたことがない打撃だった。

カラダの内側が気持ち悪い。

【画像】ジーフェイの発勁を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイの発勁を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

ジーフェイは、愛之助に発勁を食らうのは初めてかと聞く。

初めてではないと答え、しかも骨までは砕けていないという。

愛之助は立ち上がる。立ち上がるも全身に力が入らない。

このまま攻撃しても威力は6割が限界。まずは、立て直さないと。

愛之助は、呼吸を整える。一撃で倒すのは無理。まずはジーフェイの攻撃を凌ぐことを考える。

【画像】空手の基本の型サンチンの構えをする愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】空手の基本の型サンチンの構えをする愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

愛之助の構えを見て、ロウランは白鶴拳かと考える。似ているが、空手のサンチンと呼ばれる基本の構えだとロウランに教えるシェンメイ。

ジーフェイの突きに対して、いなす愛之助。

ジーフェイの肘の攻撃を肘で迎え撃ち、ジーフェイの動きを止める。

そこに正拳突きを繰り出す愛之助。

正拳突きを回避するジーフェイ。屈んだまま、蹴りを出し、足にヒットさせるも愛之助はびくともしない。

【画像】正拳突きをジーフェイに食らわせる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】正拳突きをジーフェイに食らわせる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

そして、愛之助は改めて、正拳突きを繰り出す。ジーフェイはガードしつつも正拳突きの威力で後ろに飛ばされる。

シェンメイは、愛之助は空手においてかなりの実力者。周りから、「ボーンクラッシャー」と呼ばれているという。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想・まとめ

ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助が、ツヨシの発勁で逆に骨を砕かれたのか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。