・少年ジャンプ+ ネタバレ感想」タグアーカイブ

少年ジャンプ+作品のネタバレ感想。
少年ジャンプ+について。

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第84話ネタバレ感想『正しい判断をしたことを後悔する士遠』

【画像】正しさを選んだ自分が許せないという士遠 | 引用元:地獄楽 第84話 著者:賀来ゆうじ

【画像】正しさを選んだ自分が許せないという士遠 | 引用元:地獄楽 第84話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第84話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第84話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第84話ネタバレストーリー・あらすじ

ヂュジンの丹田を串刺しにする士遠。

丹田から刀を抜こうと士遠に蔓を絡ませるヂュジン。

テンザの最後に比べれば、この程度の痛みなどとやせ我慢をする士遠。

やめてと訴えかけるヌルガイ。

しかし、士遠はやめる木はない。

ヌルガイに、この場から離れるように指示を出す士遠。

ヌルガイは、士遠は頭が良くて、いろいろ考えて正しい判断ができる人。らしくないと訴えるも士遠は、テンザの叫びが瞬時に理解できたという。

勝ち得ない状況と、全滅を避けたいテンザの意思をくんで瞬時に行動した。

正しい判断だった。

しかし、どうして正しい判断をしてしまったんだと後悔している士遠。

愚かでも寄り添ってやれなかったことを後悔している。

テンザの無念と苦しみを考えると逃げることしかできなかった自分を許せない。

大切な者が失われる時でさえ、正しさを選んだ自分が許せない。

ヂュジンの攻撃が激しくなる。

士遠は、危険だからすぐにこの場から立ち去るようにヌルガイにもう一度勧告する。

せっつかれたヌルガイは涙を拭きながら、その場から離れる。

士遠は、あの時の自分を同じだと感じるヌルガイ。

村の人を失って自分を許せない。

自分がわからなくなった時と同じ。

【画像】ヌルガイの迷う心にテンザが道標を示す | 引用元:地獄楽 第84話 著者:賀来ゆうじ

【画像】ヌルガイの迷う心にテンザが道標を示す | 引用元:地獄楽 第84話 著者:賀来ゆうじ

そんな時、テンザがいった言葉を思い出す。

全然わからない。なんでそれで命を諦めるのか。

その時、テンザの姿が目の前に現れる。

ヌルガイは、テンザに自分が迷ってることを訴えかけようとする。

テンザは、やることはひとつだとヌルガイに声をかける。

その言葉で、ヌルガイが決意する。

テンザから刀を受け取り、士遠の元へ戻るヌルガイ。

地獄楽 第84話ネタバレ感想・考察・まとめ

士遠は、やられた後なんだろうな。

テンザと士遠の仇として、ヌルガイがヂュジンを討つ。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ、弔兵衛
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖(タオファ)
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々(グェファ)
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君(ラン)
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯GUREN 第3話ネタバレ感想『サチホの捕獲に成功した潤はスレイブゴーに挑む』

【画像】サチホの捕獲に成功する潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】サチホの捕獲に成功する潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯GUREN 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯GUREN 第3話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 概要
  • 奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯GUREN 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

サチホに拉致られた潤を救出にソサエティのメンバーが現れる。

潤は、サチホを捕獲対象とする。

サチホは、銃口を向けられ、囲まれているにも関わらず、反撃にでる。

近くの黒服から銃を奪う。

奪った銃をアサルトライフルだと知り、これが日本のリアルだと思うとワクワクすると笑う。

するとサチホの仲間たちもサチホに習い、銃口を向ける黒服たちを襲う。

銃が奪われていくなか、素手でサチホの仲間を次々と倒していくガトー。

ガトーは、サチホに向けられた銃口を、サチホの仲間を盾にして防御する。

仲間を盾にされて、発砲できずにいるサチホに、盾にした仲間の体を投げつけるガトー。

その隙に、サチホのバックを取り、首にナイフを突きつける。

勝負あったかに見えたが、そこからサチホは反撃する。

サチホは、背後にいるガトーの首元を掴みつねりだす。

ガトーも負けないように力を入る。ガトーの持つナイフが徐々にサチホの首に食い込んでいく。

そこで、潤が止めに入る。

そして、サチホの解放を要求。

潤は、自分を狙った覚悟があってのことかと問うもこっちはケツに火がついていると言い返す。

潤は、フィクサーの孫の自覚はなかったが、いままで恵まれた家庭で育った。それが一変した。ソサエティのロイヤル会員の権限は小さくない。ほとんど無敵。その上、このタイミングでサチホとの再開は、啓示といってもいいといいだす。

【画像】凰斗羅を自分が率いると言い出す潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】凰斗羅を自分が率いると言い出す潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

悪いことに興味がなかった潤でも「凰斗羅」の名前は聞いたことがある。誰が相手でも引かない集団。潤は、今から「凰斗羅」が僕が率いると言い出す。

サチホは、自分らを扱えると思うなら付きあってやると承諾する。

サチホを捕獲成功する。

【画像】サチホの実力は未知数 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】サチホの実力は未知数 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第3話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鎖につながれ、サチホたちはソサエティの拠点に連行される。

カーターは、潤にデロスを使いすぎると注意する。

潤は、ゲームが苦手ではないとスライブゴーの参加表明をする。

* * *

メキラシティ

部屋の外で待つ、ゴトウ・ウィリアム。

部屋の中からお経を読み上げる声が聞こえる。

部屋の中は、女僧侶・寂隠法師が九十九の遺影に向かって勤行をあげてる。

周りは、99本のろうそくが立っている。

寂隠法師が勤行を終えると、立ち、部屋を後にする。

ろうそくは、奴隷たちの頭の上にたてられ、ろうそくが全て燃えきると、奴隷の頭は次々と爆発していく。

寂隠法師は、新米ロイヤル会員がスライブゴーを受けたと聞いてワクワクする。

奴隷遊戯GUREN 第3話ネタバレ感想・考察まとめ

髪型をかえたからかゴトウの印象がダイブ違う。

デロスを使いすぎるとカーターが言ってたけど、ロイヤル会員を警護するのにもデロスがかかるということか。

これまで、潤がやってきたことって、ソサエティで一回イイ思いをしたことと、一般女性を捕獲したことぐらいで、デロスを使うような場面はほとんどなかった。それで、「使いすぎる」というまるで潤が浪費癖があるような言い方をするということは、他のことでも使ってるということだろう。

サチホたちを黙らせるのに相当デロスを使ったとしても、襲われてる身だし、潤が能動的にデロスを使ったわけじゃないのに、カーターの言い方。

ま、ソサエティ側からすれば、スレイブゴーなどのソサエティ内で会員同士の争いがあったほうが良いということで、カーターは潤をその争いに巻き込むために言ったのだろうけど。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯GUREN』を読んで。

奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ

花純潤
祖父からソサエティのロイヤル会員を相続した27歳の男。

花純秀次郎
ソサエティのロイヤル会員で潤に相続させる。

伊勢谷祥穂(サチホ)
23歳の男。半グレ凰斗羅統領。

野神翔太
半グレ凰斗羅。

野神勇太
半グレ凰斗羅。

エドワード・J・カーター
ソサエティでの潤の秘書。

佐川
ノーブル会員。

奴隷遊戯GUREN 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

生者の行進 Revenge 第3話ネタバレ感想『お守りの次のターゲット』

【画像】しずるに胸を押し付ける佐々木 | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

【画像】しずるに胸を押し付ける佐々木 | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

  • 生者の行進 Revenge 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 生者の行進 Revenge 第3話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 生者の行進 Revenge 登場人物・キャラクター一覧
  • 生者の行進 Revenge 概要
  • 生者の行進 Revengeを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

生者の行進 Revenge 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

理華が持っていたお守りを拾ったのは白石しずるという男子高校生。

「しずか」と呼ばわれたしずる。クラスメートに駆け寄るも走り方も女の子みたいだと笑われる。

自宅で、しずるを女装させて遊ぶクラスメートたち。

いじめられて、鳴きながら家に帰るしずる。

【画像】次のターゲットに取り付いたお守り | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

【画像】次のターゲットに取り付いたお守り | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

その頃、お守りをなくしたと思った公園に、理華と省吾が探しにきていたが、お守りはしずるが持っていったので見つからない。

ベンチに、そのお守りが置いてあったと感じる省吾。目撃者でもいればという理華の言葉にベンチの後ろをじっと見る省吾。

省吾は、今日は切り上げるかと理華を家に返す。

返した後、ベンチに戻り、省吾はジッポの火を灯し、ベンチに横たわる酔っ払いサラリーマンの霊に声をかける。

省吾は、サラリーマンの霊に、お守りの件を聞くもとぼけて答えない。ギブ&テイクだというサラリーマン。省吾は、サラリーマンをしばき上げ、ジッポの火で霊の体をあぶると、すぐに答えてくれる。

【画像】ベンチに地縛した酔っ払いサラリーマンと交渉する省吾 | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

【画像】ベンチに地縛した酔っ払いサラリーマンと交渉する省吾 | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

その頃、しずるの家では母親が夕飯を作っていた。

母親は、学校が順調かと聞くと、毎日楽しいと嘘をつくしずる。

しずるは中学の頃、女の子のような容姿と名前でついでに中身も女っぽいという理由でいじめられていた。

そのせいで一学期学校にも行けず、トップクラスだった成績もおちて高校受験にも失敗した。

母親は、大学受験があるからと優しく接してくれる。高校さえ進学すれば、これまでいじめてきた奴と縁がキレる。それだけを子こその支えに、母親は、第一志望の名門校に落ちたことも受け入れてくれた。

だから、またいじめられてるといえない。

しずるは、ネットでいじめ対策を読む。

冷静に受け流し、距離をとると。

翌日から、学校で実践してみるしずる。

【画像】いじめグループに対して冷静に対応するしずる | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

【画像】いじめグループに対して冷静に対応するしずる | 引用元:生者の行進 Revenge 第3話 原作:みつちよ丸 漫画:佐藤祐紀

いじめグループに声をかけられても冷静に受け流し、距離をとる。

図書室に逃げてきたしずる。

図書室までおっかけてきた佐々木が、かっこよかったとしずるのことを褒める。

佐々木は、あたしの家で二人で遊ぼうとしずるを誘う。

自宅で、親密な体のコミュニケーションをとろうとした佐々木に最後までできなかったしずる。

そろそろ帰るというしずるに佐々木は、記念に一枚と写真を撮る。

翌日、しずるが教室に入るとどよめきは起きる。

クラスの雰囲気に戸惑うしずる。

佐々木が鳴いている。

いじめグループの男子に体育館裏い連れて行かれ、佐々木とのメッセージを見せられる。

佐々木は、しずるに無理やりやられたと訴えるメッセージだった。

いじめグループは、しずるのことを許さないと暴力を振るう。

生者の行進 Revenge 第3話ネタバレ感想・考察まとめ

完全に、佐々木という女が主犯格のいじめグループというだけで、取り巻きの男をあしらってもダメなパターンだったということだろう。

少年ジャンプ+『生者の行進 Revenge』を読んで。

生者の行進 Revenge 登場人物・キャラクター一覧

神原省吾(かんばらしょうご)
除霊能力を持つ高校教師。

玉木理華(たまきりか)
神原が受け持つクラスの女子高生。

笹塚恭一郎(ささづかきょういちろう)
神原のはとこ。警察官。

佐倉遥(さくらはるか)
看護師をしていた女性。帰国後告白するつもりだったが院長の息子で婚約が決まっていた。その後、失踪する。

生者の行進 Revenge 概要

あなたには“復讐”したい相手がいますか?いじめが横行するクラスに神原という教師が赴任してきて…!?生者と死者、そしてその狭間で生きる者たちが織りなす復讐と代償のホラーサスペンス!!

生者の行進 Revengeを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。