・少年ジャンプ+ ネタバレ感想」タグアーカイブ

少年ジャンプ+作品のネタバレ感想。
少年ジャンプ+について。

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第73話ネタバレ感想『不老不死の悩み』

【画像】不老不死の悩み | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

【画像】不老不死の悩み | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第73話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第73話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第73話ネタバレストーリー・あらすじ

巌鉄斎・付知コンビvsタオファ。

タオファがやる気を出して、ボディビルダーのように筋肉隆々にする。

巌鉄斎と付知が同時にタオファを攻撃。タオファは、巌鉄斎の攻撃を上手く避けて付知に当たるように仕向ける。

付知も巌鉄斎の攻撃を転がりながら回避するとそのまま、タオファの両足を刀でなぎ払い切断する。

タオファの動きを止めて、タオファに切りかかろうとする巌鉄斎だったが、タオの力で、二人は弾かれる。

付知は、士遠から聞いていた見えない攻撃を実感する。付知は巌鉄斎にタオの攻撃に対策を練る必要があるというと、巌鉄斎はウルサイという。タオのことはややこしくて覚えられない。楽しんでるんだから水を差すなと、タオファに突進する巌鉄斎。

タオファは、タオは大事だという。相手の動きも読めるし、方向も思いのままだと、片足だけで、巌鉄斎の頭をいろんな方向から攻撃する。

タオファは、タオが使えないと勝てない。そろそろ諦めたらという。

巌鉄斎は、タオファも楽しんでるんだろという。千年も人間をいたぶり続けているからと。

しかし、タオファは、寂しい顔をする。楽しくなんかない。ずっと不老不死の修行をして、人間を誘い込んで養分にする。その繰り返し。千年も繰り返し。でもあと千年やっても天仙では完璧な不老不死には届かない。

ムーダンも気づいていた。ジュファも。本当はみんな気づいている。笑ってないとおかしくなる。それともおかしいkら笑えるのか。

タオファは、タオ攻撃で巌鉄斎と付知を倒す。

付知は、血だらけになりながら立ち上がり、タオの初めて体感したという。

タオファは、諦めた?と聞くと、笑う付知。

【画像】タオという存在に生命研究の未来を見る付知 | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

【画像】タオという存在に生命研究の未来を見る付知 | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

タオはすごい発見だという。生命研究の新たな局面と目をキラキラさせて嬉しそうにいう。勉強したつもりでもまだまだ新しい分野があると立ち上がる。

【画像】死闘を楽しむ巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

【画像】死闘を楽しむ巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

巌鉄斎も、新しい玩具で遊んでるときが一番面白いと立ち上がる。

巌鉄斎も付知も楽しそうにしてるのが羨ましいタオファ。

タオファは、巌鉄斎も付知も頭がおかしいというと、その言葉をそっくりタオファに返す二人。

【画像】巌鉄斎も付知も頭がおかしいというタオファ | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

【画像】巌鉄斎も付知も頭がおかしいというタオファ | 引用元:地獄楽 第73話 著者:賀来ゆうじ

巌鉄斎は、タオファのタオ攻撃が感知する感覚を覚え、初めてタオ攻撃を回避する。

地獄楽 第73話ネタバレ感想・考察・まとめ

房中術は、なにもあの行為だけではないだろう。

互いのタオを絡ませながら作用させていくのなら、あの行為以上のタオが絡むような行為ながら、タオを成長させる助力となるのではないか。

巌鉄斎が開眼したのもタオファと楽しんで戦っているからなのではない。

そういう点では、付知も生命研究というなの興味分野がタオファと戦うことで見えてくる楽しさからタオを開眼するだろう。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第59話ネタバレ感想『真剣タケトvs素手マサト』

【画像】真剣であることに覚悟を決めるタケト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】真剣であることに覚悟を決めるタケト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第59話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

北東医療少年院。院長室。

カムイ警察署長の美木丸人成は、桐島真咲人の矯正プログラム覚書を読んでいた。

マサトは道場に入ると、一人の男が背を向けて座っていた。

院長が、道場の男を先生と呼び、お願いしますというと先生は手を上げて受ける。院長はマサトを置いて退室する。

マサトは、道場脇に置いてあった木刀を手にし、先生と呼ばれた男を背後から殴りかかる。

しかし、木刀は男には届かなかった。

男は、マサトを素手で制圧する。

男は、マサトのことをゴミクズと呼び、始末してもいいことになってると脅す。

* * *

三年後。

少林寺拳法師範代は、マサトによく頑張ったと褒めた。

しかし、院長が道場で目にしたのは、師範代が無残な姿になった光景だった。

院長は、真の狂気は矯正でいないものと汗を滲ませる。美木丸は、だからこそ使い道があるという。

* * *

そんなマサトと相対するタケト。

真剣相手にマサトはどう迎え撃つのか。

しかし、マサトはスコップを捨てて、タケトとは反対方向に歩き出す。

向かったのは花杜の下。

マサトは大粒の涙をこぼしながら、花杜も死を嘆く。

マサトは、花杜の目を閉じ、抱きかかえる。花杜とはわかりあえそうだったと。

【画像】花杜に突然口づけをするマサト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】花杜に突然口づけをするマサト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

そして、マサトは花杜に口づけをする。

突然のラブシーンに観客一堂どよめく。レックス史上前代未聞のラブシーン。

その背後からタケトは歩み寄り、真剣を一気に振り下ろす。

マサトは、そのまま後ろに倒れこみ、タケトの足元に倒れこむ。それによってタケトの攻撃を無効化する。

一旦距離をとるタケト。

タケトは改めて自分が持っているものは竹刀ではなく真剣。一本決めれば終わりだと腹をくくる。

タケトは、構えを横にし、縦ではなく、横から刀を振る。

マサトはタケトの刀を回避し、少林寺拳法を叩きつける。

背後から腰を蹴られたタケトは倒れる。

【画像】マサトの強さが証明される | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】マサトの強さが証明される | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

マサトの著書「慟哭の荒野」にも記されてあった矯正プログラムで少林寺拳法師範代との交流について綴られており、マサトの強さは証明された。

マサトは相変わらず呆然としている。

タケトは、立ち上がりながらマサトを睨みつける。心は折れるなと自分に言い聞かせる。一本だけとるんだ。

タケトは、雄叫びとともにマサトに何度も切りかかるもマサトは避けきる。そして、真剣を握るタケトの手を掴み、刀の腹を蹴って、刀を折る。折れた歯は、マグマに落ちていく。

タケトは、残った柄をマサトに投げつけるも軽くかわし、タケトの襟首を掴み、転倒させる。

そこから、マウントを取り、タケトの顔を何度も殴打する。

視界がぼやけてきたタケトは自分の最後を覚悟する。

* * *

タケトは自宅のベッドで横たわりながら、仲間からの電話を受けていた。

部屋には剣道の大会のトロフィーがいくつも飾ってある。

タケトは、ちょっと出てくると母親にいって外出しようとすると、母親は「捕まるようなこと」「ケガはしないで」とお願いする。タケトも大丈夫だといって外に出る。

* * *

母親のことを思い出し、ここで諦めたら母親を一人にしてしまうと目を見開くタケト。

マサトは懐に忍ばせていたドスを取り出し、タケトに突き刺そうとしていた。

奴隷遊戯 第59話ネタバレ感想・考察まとめ

腕が訛っているのか。剣道の大会でいい成績を何度も残しているタケトが素手の相手に何度も切りつけて、ガードもされなければ、カスリもしないなんてありえるのだろうか。マサトが異次元の強さなのか。

【画像】剣道のトロフィーがいくつも獲得しているタケト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】剣道のトロフィーがいくつも獲得しているタケト | 引用元:奴隷遊戯 第59話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷ガチャであれだけ持ち上げられていたガトーは、それほど強そうな感じではない印象だけど、マサトは持ち上げられてなかったけど異常な強さというバランス。。。ガトーはまだまだ秘めた力があるのだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話ネタバレ感想『アーニャの必殺スターキャッチアロー』

【画像】アーニャの必殺スターキャッチアロー | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

【画像】アーニャの必殺スターキャッチアロー | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話ネタバレストーリー・あらすじ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話ネタバレストーリー・あらすじ

アーニャは体育の授業。

3組と4組でドッチボールの対抗戦を行うこととなった。

3日前、今度の体育の授業で星がもらえるかもしれないとロイドに報告する。

対抗戦で勝ったほうのクラスのMVPの人に星ひとつを授与される噂だとベッキーが言っていたというアーニャ。

ヨルと特訓するアーニャ。

星を取ってロイドのお手伝いをしたいアーニャは、ドッチボール対抗戦に意欲を燃やしていた。

ダミアンの家来が、アーニャに足手まといにならないようにと貶す。

ダミアンと仲良くなるのもロイドへの手伝いになるが、いじめてくるから嫌いとそっぽを向くアーニャ。

ダミアンも星を獲得して兄と同じインペリアル・スカラーにならないとと思っていた。そうしないと父親に振り向いてもらえないと。そんなダミアンの考えを読むアーニャ。

試合開始。

ダミアンはボールを投げつける。

目標は決まっている。まず、あいつを倒さなければ勝ちがない。

【画像】人民軍陸軍司令部少佐の息子ビル・ワトキンス | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

【画像】人民軍陸軍司令部少佐の息子ビル・ワトキンス | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

ダミアンがボールを投げつけた相手は、人民軍陸軍司令部少佐の息子ビル・ワトキンス。

ビルは、ダミアンのボールを片手で軽々と受け止める。

ビルは、恵まれた体格と頭脳で、幼稚園時代から数々の球技大会を総なめしているポーダムの怪童と呼ばれていた。

ビルがボールをひとたび投げれば、4ヒットする。

ベッキーもアウトにされる。

ビルの強さは凄まじく、アーニャの組はあっという間に劣勢。ダミアンをかばって家来のエミールとユーインもアウト。

ダミアンは、他のやつらがどうなろうと、自分だけは勝ち残って目立とうとしていた。

ビルは、次に狙ったのはアーニャ。足元を狙ってアウトにしようと投げようとした直前に、アーニャはジャンプする。それでビルは驚いて、投げるのをミスする。

次は、右腕を狙うとビルはアーニャにボールを投げる。左に避けるアーニャ。

次は、左とボールを投げるもアーニャは左手をあげて避ける。

【画像】ビルの必殺スーパースライダーショット | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

【画像】ビルの必殺スーパースライダーショット | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

ビルの奥の手、目の前で急激に軌道を曲げて、逃げ回る者と追撃して捕らえるスーパースライダーショットを投げるビル。

しかし、アーニャは、避けて当たるなら棒立ちする。ボールのほうからアーニャを避けて飛んでいく。

ことごとく回避されて涙目になるビル。

ベッキーに注意を促されて気をとられたアーニャは転倒してしまう。

この隙にビルはアーニャを狙ってボールを投げつける。

【画像】アーニャをかばうダミアン | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

【画像】アーニャをかばうダミアン | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話 著者:遠藤達哉

ダミアンは、自分が生き残って勝利に導くとアーニャを見捨てようとしたが、アーニャを狙うビルのボールを受け止めようとするダミアン。

ビルのボールは勢いが強く、落としてダミアンアウトとなる。

護ってくれたことに、ダミアンいいやつというアーニャだが、憎まれ口を叩き、外野に向かうダミアン。

託されたアーニャは、ヨルのアドバイスを思い出し、思いっきりボールを投げる。

しかし、アーニャのボールは床に叩きつけられて、浮いただけだった。すぐにアウトになるアーニャ。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第15話ネタバレ感想・考察・まとめ

ビルは、アーニャの能力に少しずつ気づいていくキーマンになっていくのだろうか。

少年ジャンプ+『SPY × FAMILY (スパイファミリー)』を読んで。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要

凄腕スパイ<黄昏>は、より良き世界のため日々、諜報任務にあたっていた。ある日、新たな困難な司令が下る??…。任務のため、仮初めの家族をつくり、新生活が始まるのだが!?スパイ×アクション×特殊家族コメディ!

SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。