・少年ジャンプ+ ネタバレ感想」タグアーカイブ

少年ジャンプ+作品のネタバレ感想。
少年ジャンプ+について。

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第35話ネタバレ感想『天仙様の新しい修行場』

ムーダン製、丹の生しぼり機を笑顔でしぼるラトナ大聖 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

ムーダン製、丹の生しぼり機を笑顔でしぼるラトナ大聖 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第35話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第35話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第35話ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸が短時間でタオを使いこなしたことに驚愕する百足道士。

しかも、タオを感知し、使うだけではなく、その精度は天仙様に比肩すると考える。

画眉丸は、百足道士に勝ち目はないから他の仲間や天仙様のことを話せという。百足道士は観念し、話し始める。

百足道士含む三人の道士が人間の偵察をせよと天仙様から命ぜられた。

今回の上陸者は、何かが違う。危険だという。放っておけばその牙は喉元に届くかもしれないと。画眉丸と戦って天仙様の予想通りだと感じる。

しかし、百足道士は、隠れてムカデを動かしていた。そこに巌鉄斎が画眉丸だけ目立つのは許さんとやってくる。画眉丸は巌鉄斎に注意がそれる。その隙を突いて、百足道士と蝶道士が画眉丸に一斉攻撃をしかける。

画眉丸は、巌鉄斎を踏み台にし、空中に待った百足を雷礫の材料とし、蝶道士に向かって蹴り飛ばす。

巌鉄斎は、そのまま勢い余って百足道士に向かう。

百足道士を真っ二つに切る巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

百足道士を真っ二つに切る巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸は蝶道士を、巌鉄斎は百足道士を倒す。

付知が、道士を始末したら仙薬の情報を聞きだせないとツッコミを入れるもメイが知っていそうとメイに視線を向ける。

しかし、巌鉄斎は、化物がメイに何をさせようとしているか考えれば酷だとメイのことを気遣う。

メイに二度助けられたので礼がしたいという画眉丸 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

メイに二度助けられたので礼がしたいという画眉丸 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸は、メイが自分のことを追ってきたのだろうと確認する。困難な道のりも顧みず、あの時、現れた。何か目的があって、画眉丸に頼みがあるなら聞かせてほしいという画眉丸。二度も助けられた礼がしたいと。

画眉丸を見て、付知は佐切の調書から、画眉丸の印象が随分違うと感じる。

メイが心配そうの画眉丸を見る。

タオを使った影響でカラダに異変が起きる画眉丸 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

タオを使った影響でカラダに異変が起きる画眉丸 | 引用元:地獄楽 第35話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸は、突然鼻血を出して倒れる。

タオとは生命そのもの。タオを使うことは生命そのものを消費することに等しい。多く使えば、肉体、魂のいずれかにその影響、反動が現れる。

骸骨道士が肉体と魂は別ではと聞くと、リエンはどちらもタオの一形態に過ぎないと応える。

そこにラトナ大聖が入ってきて難しい話してると注意する。頭を下げて謝罪する骸骨道士。ラトナ大聖は、頭下げないでむしろアゲていこうという。そこは新しい修行場。

プールや個室のある祭りのような場所。道士たちが各々に修行に励む。

ラトナ大聖は、楽器を奏でる道士に音が小さいと注意する。

ラトナ大聖は、リエンに新しい修行場の感想を聞く。

リエンは見事だの一言。

水中・水上で異なる運動と呼吸を学ぶことで”導引”と”胎息”の修行とし、音楽で瞑想を促し、”守一”と”周天”の修行も兼ねている。個室は、房中術に専念できると褒めるとラトナ大聖が喜ぶ。

しかし、文殊公々は、房中術を否定する。陰陽の循環なら中間でい続ければいいという。しかし、リエンは反論する。タオには生命によって個性がある。他と交わることでタオの新たな力を引き出せる。

個室で相手を爆裂させるジュファ。ラトナ大聖はジュファに丹がいるかと聞く。ラトナ大聖はムーダンが作ってくれた丹の生しぼり機から丹のジュースを搾り出す。

ジュファはムーダンはどうしたと聞くと、門に向かったという。人間いじりが好きだからと。

門を開けて入った佐切たち。門の中は異様な雰囲気。

ムーダンに気付く前に、ムーダンはほうこの首を落とす。

地獄楽 第35話ネタバレ感想・考察・まとめ

道士は修行していった先には天仙様と同じになるのだろうか。ならないなら、完全な召使いとしてのポジションなのか。

道士がどんなに修行しても天仙様と同じにならないなら、リエンが道士に講釈たれてもしかたないような気もするけど、教えることで自分が学ぶというパターンか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流?位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想『黒の暴牛メンバーが若返ったヤミ団長をみた反応』

マグナの炎魔法攻撃も耐え切るヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

マグナの炎魔法攻撃も耐え切るヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 登場人物・キャラクター一覧
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 概要
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

団長ヤミが不在の黒の暴牛魔法騎士団のアジトでは、マグナが黒の暴牛魔法騎士団の音頭をとろうと躍起になるも、メンバーからは空返事しか返ってこない。

名家を追放された酒好き魔女バネッサ・エノテーカ。

本囚人シスコンのゴーシュ・アドレイ。

変身魔法の達人グレイ(本名不詳)。

止まらない食いしん坊チャーミー・バピットソン。

呪術魔法のエキスパート、ゴードン・アグリッパ。

笑顔の戦闘狂ラック・ボルティア。

アジトに戻ってきたアスタたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

アジトに戻ってきたアスタたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

そこにフィンラルの空間魔法で帰ってきたアスタたち。

調査のほうはどうだったとマグナたちが聞くも、人一倍暴れる者が一人。うるさいガキだというマグナ。ラックが団長っぽいというと、団長だと応えるアスタ。

ヤミ団長が若返って驚愕するメンバーたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

ヤミ団長が若返って驚愕するメンバーたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

もう一度、改めていう。縛られて喚いているのが団長。黒の暴牛メンバーは驚愕する。

ガキになったヤミを認めないマグナ。ガキガキいうマグナにケンカ売ってるのかと威嚇するヤミ。その威圧はヤミと似ていた。しかし、マグナは認めない。目標であり、理想のヤミが、いくら見た目が似てても認めない。

いきなり炎魔法をヤミ団長に投げつけるマグナ | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

いきなり炎魔法をヤミ団長に投げつけるマグナ | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

そういってマグナは、炎魔法の火の玉をヤミに投げつける。

突然の行動にアスタは抗議の声をあげるも本物のヤミ団長なら、これしきの攻撃でくたばらないという。

実際、ヤミはマグナの炎魔法を打ち消していた。

縛られた縄が解け、ヤミはマグナに覚悟できてるんだろうなと凄む。

ヤミ団長とわかったとしてもここまでつっぱっちまったら男として引けないとマグナはもう一度炎魔法を使う。

マグナが投げ飛ばした炎魔法をアスタは追いかけ、断魔の剣でマグナに打ち返す。アスタは仲間同士での争いはさせないつもりだったが、マグナの方向に飛んでいったのは不可抗力だった。

跳ね返ってくるスピードからマグナは自分の炎魔法に対処できない。

直撃必至だったものをヤミが炎魔法に追いつき、真っ二つに叩き斬る。

マグナの魔法を素直にすごかったと褒めるヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

マグナの魔法を素直にすごかったと褒めるヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

ヤミは、よくわからんが、アスタたちが自分の仲間なら、仲間は必ず守ると決めているといい、また今度ケンカしようとマグナにいう。

とにかく、ヤミ団長を元に戻す方法を探そうとするアスタたち。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想・考察まとめ

アジトにも戻れたし、完全にヤミだけが過去の姿に戻ったという案じか。

若返ったヤミ団長の謎を追う黒の暴牛メンバー | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

若返ったヤミ団長の謎を追う黒の暴牛メンバー | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

少年ジャンプ+『ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ』を読んで。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 登場人物・キャラクター一覧

アスタ
黒の暴牛メンバー。魔力がなく魔法が使えない。アンチ魔法剣の使い手。

ノエル
黒の暴牛メンバー。水魔法を使う。魔力はあるがコントロールが苦手。

フィンラル
黒の暴牛メンバー。空間魔法を使う。

ヤミ・スケヒロ
黒の暴牛。団長。

フレーゼ
先見のフレーゼという異名を持つ未来を見通す魔法が使えたといわれた貴族。現在は一族が滅亡している。

カルナ
謎の人物。

マグナ
黒の暴牛メンバー。炎魔法を使う。

バネッサ・エノテーカ
黒の暴牛メンバー。名家を追放された酒好き魔女。

ゴーシュ・アドレイ
黒の暴牛メンバー。本囚人シスコン。

グレイ(本名不詳)
黒の暴牛メンバー。変身魔法の達人。

チャーミー・バピットソン
黒の暴牛メンバー。止まらない食いしん坊。

ゴードン・アグリッパ
黒の暴牛メンバー。呪術魔法のエキスパート。

ラック・ボルティア
黒の暴牛メンバー。笑顔の戦闘狂。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 概要

大人気ゲームのシナリオをコミカライズ!!まさかのバトルが飛び出す…新たなブラッククローバー堂々開幕!!

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想『マハトの力でウェンヌを従順な奴隷にするアルク』

アルクの指を丹念に舐めまわすウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクの指を丹念に舐めまわすウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

  • 終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム ファンタジア 概要
  • 終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

セリーヌは、より一層剣の稽古をつけていた。

そこにアルクがウェンヌを連れてやってくる。

セリーヌはアノールの容態を心配する。アルクは今は落ち着いているという。それを聞いて安堵するセリーヌ。

アルクは、セリーヌに明日、剣の勝負をしないかという。

アルクから剣の稽古の申し出とは嬉しい。いつでもかまわないというとアルクは、勝負は明日。そして、セリーヌと戦うのは自分じゃないというアルク。

アルクが自分のことを厄介払いしたいと思っていると感じるセリーヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクが自分のことを厄介払いしたいと思っていると感じるセリーヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

セリーヌと戦うのはウェンヌだという。侮辱されていると感じるセリーヌ。しかし、アルクは本気だった。

さらにアルクは剣の勝負にセリーヌが勝ったら、法王庁の神聖騎士団に推薦状を書くという。以前興味を持っていたからだというアルク。神聖騎士団は、異教徒との戦争があって、現在優秀な剣士を探している。

ウェンヌ相手では勝敗は明らか。セリーヌが勝てば、神聖騎士団に入隊することになる。アルクがセリーヌを厄介払いしたいと感じた。

セリーヌはいたたまれない気持ちになり、その場から立ち去る。

書斎で、何かを書いているアルクにウェンヌが先ほどのセリーヌに対しての言動は酷だというと、アルクは書く手を止めて、そうかもと否定しない。

アルクが自分のことが好きかとウェンヌに聞く | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクが自分のことが好きかとウェンヌに聞く | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクは、ウェンヌに自分のことが好きかと聞く。突然のことで顔を紅くするウェンヌ。

アルクは、マハトについてもっと知る必要がある。

アルクは、椅子から立ち上がり、ウェンヌに近づく。

ウェンヌに迫るアルク | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ウェンヌに迫るアルク | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクは、これからすることを誰にも内緒だと前置きをして、ウェンヌに近づく。

触られると思って声をあげるウェンヌだが、違った。

アルクはナイフと取り出し、自分の指先をナイフで切る。血が出る。

アルクは、血が出た指を舐めてくれないかとウェンヌに問う。

ウェンヌは、手紙についてはいけないともっともらしい理由をのべてから、息を荒げて膝をつき、アルクの指を口の中に入れる。

アルクの指を丹念に嘗め回すウェンヌ。キレイに舐め取った頃、ウェンヌに変化が現れる。

ウェンヌのカラダは熱くなる。

アルクは服を脱ぎ、ウェンヌに手を差し伸べる。

我慢できずアルクに抱きつくウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

我慢できずアルクに抱きつくウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ウェンヌは、アルクの招きに抗わず、アルクを抱きしめる。

そこから、アルクのカラダを嘗め回すウェンヌ。

そして、舌を絡ませた濃厚なキス。

アルクに濃厚なキスをするウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクに濃厚なキスをするウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

マハトの力というものが、ただ女性を虜にするだけだと物足りない。洗脳したり、強化したりしないと今後使えないことになる。いや、お色気漫画的にはそれだけで十分かもしれないけど。。。

ウェンヌをマハトにハメて、明日のセリーヌの剣の勝負で、剣の素人であるウェンヌが少しいい勝負をする展開になるのかな。アルクのマハトを受け入れた女性は、肉体的にもパワーアップするという仕様かもしれない。

少年ジャンプ+『終末のハーレム ファンタジア』を読んで。

終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧

アルク
セリーヌから若と呼ばれる辺境の小国ナーガラの後継者。

セリーヌ
主人公の剣の訓練を行う。剣術の達人。

ウェンヌ
ナーガラ家の侍女の一人。アルクのことを想っている。

アノール
ナーガラ家。アルクの父親。

ガビアル
イスティシア家。アルクを毛嫌いしている。

アウレリア
イスティシア家。ガビアルの姉。

アルゲス
イスティシア家。ガビアル、アウレリアの祖父。

ナイル
ガビアルの筆頭騎士。

皇帝
女性をはべらせ、魔物に対抗するべく「約束の神子」を探す。

ラティフォリアザード
アルクにマハトを授けにきた謎の女性。

トゥート男爵
アノールの弟。

終末のハーレム ファンタジア 概要

<5/20から隔週日曜更新!>※ウルトラジャンプと並行連載!話題の問題作『終末のハーレム』の完全新シリーズ!美麗絵師SAVANとLINKの新タッグによる、本格ダークファンタジー!めくるめく淫靡幻想譚に、陶酔せよ。

終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

ROUTE END(ルートエンド)第46話ネタバレ感想『新事実!アウン橘と被害者小田は繋がっていた』

END文字被害者 四人目。小田慎太郎とアウン橘は顔見知り | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 四人目。小田慎太郎とアウン橘は顔見知り | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

  • ROUTE END(ルートエンド) 第46話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ROUTE END(ルートエンド) 第46話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ROUTE END(ルートエンド) 概要
  • ROUTE END(ルートエンド)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ROUTE END(ルートエンド) 第46話ネタバレストーリー・あらすじ

END文字被害者 一人目。戸崎悟。

夫の戸崎悟とは19歳の時に出会った。アルバイト仲間だった。

どちらから付き合おうといったかお互いに覚えていない。そもそもはっきりとそういったことがあったか。自然にお互い惹かれ合って、気付いたら付き合うようになっていた。

二人の間には子供を授かる。悟も立ち合って子供を見て喜んでくれた。

END文字被害者 一人目。戸崎悟。転勤決まる | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 一人目。戸崎悟。転勤決まる | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

仕事から帰ってきた悟は浮かない顔をしている。理由を聞くと転勤。長くないから単身赴任を考えているが、子供が生まれたばかりなのにタイミングが悪い。

単身赴任で転勤。悟に電話する。転勤先の様子を聞くも薫の料理が恋しいという。息子の翔はどうしているかと聞くと、寝室にいき、ビデオ通話にすると薫が言うも、直接見るという。その時、ドアフォンが鳴る。玄関の外に悟がいた。

END文字被害者 一人目。戸崎悟。子供の顔を見に帰ってくる | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 一人目。戸崎悟。子供の顔を見に帰ってくる | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

2年後。悟が事件に巻き込まれたと聞き、悟の遺体を確認しにくる薫。小阪は写真で確認するにとどめておいたほうがというも直接見るという薫。遺体を見て倒れる薫。

END文字被害者 二人目。高橋和葉。

高橋和葉11歳。母親が亡くなる。

END文字被害者 二人目。高橋和葉。父子家庭。 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 二人目。高橋和葉。父子家庭。 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

洗いものも片付けられていない散らかった家に一人、テレビを見ている和葉。そこに父親が帰ってくる。弁当を買ってきてチンするから待ってろという父親だが、弁当が温まるのを待っている間にソファで寝オチしてしまう父親。和葉は仕方なく洗いものを始める。

17年後。祖母が和葉が一人暮らししてから一度も会っていないから会いたいという。その夜、父親は和葉に電話をかけるも真人の犯行の最中だった。

END文字被害者 二人目。高橋和葉。犯行現場。 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 二人目。高橋和葉。犯行現場。 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 四人目。小田慎太郎。

小田はタクシー運転手。泣きながら誰かを待っている。

アウン橘がやってきて、小田は車から飛び出し、神様と呼ぶ。

アウン橘は、その呼び方は外ではするなと注意する。

END文字被害者 四人目。小田慎太郎はアウン橘に縋る | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

END文字被害者 四人目。小田慎太郎はアウン橘に縋る | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

小田は、アウン橘の前で正座し、何をしてしまったのでしょうと聞く。何の理由で涙を流しているのかわからなかったアウン橘は理由を聞く。

小田は、自分に授けてくださった神様の白骨を突然自分から取り上げるというのは自分が何かしでかしたのではないかと考えていた。

アウン橘は、ようやく白骨を太平洋に沈める算段がついただけで、当初より、床下にあるから隠しておいてくれと頼んだだけだ。取り上げるわけではなく、隠し通してくれて感謝していると小田の誤解を解こうとするアウン橘。

小田は、自分が見捨てられたのではないのかと聞く。

小田の精神状態を分析するアウン橘 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

小田の精神状態を分析するアウン橘 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第46話 著者:中川海二

アウン橘は見捨ててはいないといい、しばらく会わないうちに、最初に出会った頃のような不安定な状態になっているという。

小田は大丈夫だというも、アウン橘は隠し事かと聞く。しかし、小田は否定する。

後日、アウン橘のところに小田宅の特殊清掃の依頼の話がやってくる。

その時、アウン橘は何が起きているのかわからなかった。真人のことを夢にできなかったのかと考える。

ROUTE END(ルートエンド) 第46話ネタバレ感想・考察まとめ

新事実。アウン橘と小田がつながっていた。

・アウン橘と小田は顔見知り関係
・アウン橘のことを「神様」と呼ぶ小田
・小田の精神状態のことに言及するアウン橘
・白骨を小田に隠せと依頼する
・白骨を太平洋に沈める準備ができたので引き上げる計画
・真人が小田に手をかける

アウン橘と小田の関係はどういったものなのだろうか。神様というぐらいだから宗教的なものなのか。

小田が「あなたの白骨」と言及しているけど、それは「アウン橘のDNAと同じ」という意味での「あなたの」と、「アウン橘の所有物としての白骨」という意味の「あなたの」のどっちだろうか。神様と仰ぐぐらいだから、前者のような気もするけど、普通に後者か。

精神状態が不安定な小田にカウンセリング的なことを施してたのだろうか。

特殊清掃をしてるぐらいだから、白骨ぐらいどうにか始末できると思ったのだけど、始末できない理由があるのか。燃やしたり、潰して粉々にするのではなく、太平洋に沈める。何か再生してくるということなのだろうか。

アウン橘と小田が繋がっていたことを真人は知っていたのか。

真人も捕まったとき、「あの人」というのはアウン橘のことなのだろうか。神様的なポジションなのか。

そうだとすると崇める立場なのに手をかけた真人。END文字被害者に共通点がないのではなく、アウン橘を神様と呼ぶ集団だったのかもしれない。

小田の隠しごとというのは真人に関することなのだろうか。

明らかな宗教法人だったりすると、警察もわかるだろうから、宗教法人ではないだろうな。

少年ジャンプ+『ROUTE END(ルートエンド)』を読んで。

ROUTE END(ルートエンド) 概要

人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業”を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!

ROUTE END(ルートエンド)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第33話ネタバレ感想『最後の夜』

最後の夜に全員召集をかける留美子 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

最後の夜に全員召集をかける留美子 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第33話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第33話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第33話ネタバレストーリー・あらすじ

最終日・七日目。

「赤い人」の心臓は生産棟の中庭。その場所のヒントは家政学室のマネキン。

今夜しかない。だからそれが間違いなら、みんな「赤い人」に始末されてしまう。そう語る美紗。

美雪は前向きに考えたいと、健司のカラダが全部揃い、「赤い人」の心臓も見つかったら、その後はどうすればいいのと美紗に聞く。

美紗は部屋の中に入り、儀式の部屋に行く。

心臓はみんなに託す。美紗の役目はそこで終わり、「赤い人」に始末される。

美紗が始末された時点で「カラダ探し」の空間はなくなり、みんなは学校から解放される。そしたら、この儀式の部屋に来て。

心臓を祭壇の壷にいれてくれればいい。

気をつけて欲しいのは、「カラダ探し」から解放されるのは留美子たちだけではなく、「赤い人」も解放される。留美子たちを追ってくるはずだという美紗。

美雪は、心臓を壷にいればときの話を聞く。心臓を壷に入れたら、この世界を支える美紗の中の美紀の力と「赤い人」の力が失われるから、この世界が終わる。そうしたら、現実では亡くなってるものたちも消える。

留美子は、みんなが買出しにいっている間の美紗の頼みを思い出していた。

本当の世界に戻ったら、すべての呪いを解いて欲しいと留美子に頼む美紗。

本当の世界では、明日香たちが呪いを解こうとしているんだけど、そのやり方がわからない。

呪いを解くには、美子の心臓が必要。その所在はこの世界の「赤い人」の心臓のある場所と同じ。だから、本当の世界に戻ったら、また心臓を見つけて、墓に眠る小野山美子の遺体に返してほしい。

そうすれば、「赤い人」は消える。「赤い人」の魂が地下室の壷に吸い込まれた時に割ってしまえば、呪いはすべて終わる。

本当の世界で明日香たちに説明すれば助けてくれるという美紗。もしかしたら、呪いの歪みがすべて無くなれば、美雪やあゆみが生きている世界に戻れるかもしれない。

留美子は、美紗と龍平のことを聞くも消えると応える美紗。

この世界での魂が残ることがあれば、姿を変えて、どこかで生きているかもしれない。

そういう美紗の言葉は嘘だと思う留美子。留美子に希望を持たせるための優しい嘘。

留美子は、美紗に心配かけまいと、やってると元気に返事する。

今夜の作戦を立てる。

健司のカラダを探す組と「赤い人」の心臓を探す組に別れてやることを確認した。

健司のカラダを探す組は、健司、龍平、あゆみ。

「赤い人」の心臓を探す組は、留美子、美雪、美紗。

そうと決まればと龍平は部屋を出て行こうとする。

武司をぶん殴って目を覚まさせてあゆみを連れてくるという。留美子も行くという。

公園で殴りあいをする武司と龍平。昨日みたいに武司が一方的に殴っているわけではない。強くなっている龍平。

武司と勝負をする龍平 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司と勝負をする龍平 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平は、武司が妹あゆみを守るために強くなった。龍平はいままでなかったが今ならある。命を懸けて守るものが。

龍平の拳が武司を倒す。正気に戻った武司は、まるで高広みたいだと龍平のことをいう。悪い気分じゃない。何が起きているかわからないが、龍平に任せたと武司はいう。

武司に勝ち、あゆみを迎えにいく留美子と龍平 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司に勝ち、あゆみを迎えにいく留美子と龍平 | 引用元:カラダ探し解 第33話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

その後、あゆみの部屋に行き、連れ出す。

これであとは「赤い人」に始末されるだけだというも留美子は、最後の夜なのに、「赤い人」に始末されるのをただ待つなんて冗談じゃないと全員召集をかける。

カラダ探し解 第33話ネタバレ感想・考察

武司がこの世界の主なら、気付かれるようなことしても大丈夫だったのか。

武司にとって、この世界が夢みたいなものなら、現実にはいないけど、夢の中で当たり前のように存在する龍平という存在がいてもおかしくないか。

▼健司
回収済:3
未回収:2
未発見:1
頭未回収:1

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。