・少年ジャンプ+ ネタバレ感想」タグアーカイブ

少年ジャンプ+作品のネタバレ感想。
少年ジャンプ+について。

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

とけだせ!みぞれちゃん 第39話ネタバレ感想『リンちゃんの顔芸』

【画像】ダイアナはリンのことを好きなのではというこはるに怒りがこみ上げるリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

【画像】ダイアナはリンのことを好きなのではというこはるに怒りがこみ上げるリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

  • とけだせ!みぞれちゃん 第39話ネタバレストーリー・あらすじ
  • とけだせ!みぞれちゃん 第39話ネタバレ感想・考察まとめ
  • とけだせ!みぞれちゃん 概要
  • とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

とけだせ!みぞれちゃん 第39話ネタバレストーリー・あらすじ

今日もひまりとみぞれちゃんは元気よく外に遊びにでかけようと張り切って玄関のドアを開くと、コウモリになったリンが突撃してきて、みぞれちゃんの頭を粉砕していく。

リンは匿ってとひまりに訴える。

リンのところに妹のダイアナが尋ねてきた。ダイアナを見るなりすぐにコウモリになって部屋を飛び出すリン。

ダイアナはおねえさまレーダーで追跡。ひまりの家に向かう。

リンのところに遊びにきたやくもとばったり会い、やくもはダイアナに挨拶し、仲良くしようと声をかけるも細い目で見るダイアナ。

 

【画像】いままでダイアナにされた数々を思い出すリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

【画像】いままでダイアナにされた数々を思い出すリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

 

妹に追われているというリン。ロクでもないことを思いついてバカにしにきたに決まってるというリン。リンが家族と比べて何もできないと笑うという。妹にバカにされる姉なんて情けない。やくもにこれ以上そんな姿をみせられないと嘆くリン。

リンのところに向かうダイアナに一緒についていくやくも。

妹の顔をみるなり飛び出すリンはどうしたのだろうというやくもに、ダイアナは簡単だという。リンはダイアナのことが嫌い。それだけだと。

 

【画像】ダイアナはリンに嫌われていると知っている | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

【画像】ダイアナはリンに嫌われていると知っている | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

 

やくもは、リンに冷たくされて悲しかったんだねといい、リンは心の底ではダイアナのことが好きだというと、吐き気が起こるダイアナ。

ダイアナは、リンはもっと卑屈で、自分をバカにしてと思っていると。

 

【画像】ダイアナを嫌うリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

【画像】ダイアナを嫌うリン | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第39話 漫画:足袋はなお

 

リンは、ダイアナはマウントとって嗜虐心と承認欲求を同時に満たしてるという。

リンの愚痴を聞きつかれたひまりたちはダウンし、こはるが聞いている。

当たり障りない返事しかしないこはるに怒り狂うリン。

こはるは、話だけ聞くとダイアナはリンのことが好きなんじゃないかなというと、怒りがこみ上げてくるリン。

リンは、わかっているからこそ、会いたくないという。

とけだせ!みぞれちゃん 第39話ネタバレ感想・考察まとめ

ひまりたちによって、リンとダイアナの中は少しは縮まるが、基本的なやりとりは変わらなさそう。

ダイアナの姉思いは、変わらないだろうし。相手を助けるのは一方的ではいけないというを理解するのは、幼い子供には難しい。

リンのプライドは、心が成長すれば、ダイアナの行為も受け止められるようになる。今回の件でそこに辿り着くかどうかではないだろうか。

少年ジャンプ+『とけだせ!みぞれちゃん』を読んで。

とけだせ!みぞれちゃん 概要

真夏に顕現した、ことあるごとに溶けてしまう雪女・みぞれちゃん!もうなんか自分から溶けにいっている感すらある彼女は、夏をサイコーに楽しむことが出来るのか!?溶ける系雪女コメディ、ここに開幕!

とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第55話ネタバレ感想『喧嘩よりもプロレスのほうが強いテラノ』

【画像】喧嘩よりもプロレスのほうが強いというテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】喧嘩よりもプロレスのほうが強いというテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第55話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

復活したテラノが走り出し、自陣のコートへジャンプする。

無事に着地するテラノ。

正拳突き一発で命が吹き飛んだように見えたテラノ。

隻眼となって再び九十九と再戦しようとする。

テラノは、自陣コートの状況を見、柏崎がいないことを確認する。

テラノは、前座としては柏崎の仕事は上出来だという。

【画像】柏崎の仕事を上出来だと労うテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】柏崎の仕事を上出来だと労うテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

テラノは、カイに今日は特別にプロレスを見せてやると宣言する。

【画像】今からプロレスを見せるというテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】今からプロレスを見せるというテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

喧嘩よりもプロレスのほうが強いというテラノ。

その発言に笑う九十九。

先ほどのはプロレスではなく喧嘩だったから、倒れたというのかと問う。たいした負け惜しみだと笑う九十九。

九十九は、プロレスだろうが、マーシャルアーツだろうが私にとってはママゴトだという。

マーシャルアーツという言葉で、テラノはガトーを認識する。

ガトーは、ハンマーを捨てて、九十九の背後から近寄ってくる。

ガトーは、九十九の足下に落ちてるマグネットを取り、テラノにプロレスのタイミングがくるかなと思って、簡単なリングを作ったという。ガトーが指さす方向に、コートに打ち込まれたポールが4箇所。このマグネットロープをリングのロープにするという。

テラノは、自分が向こうのコートにいった時は、まだなかった。俺がくたばったと思わなかったのかとガトーに聞くと、ガチャの時に蹴りを受け止められた。あれを止められて、正拳突き一発程度でやられるかなと思ったというガトー。

【画像】自分の蹴りを受け止めて、正拳突き一発でやられていないと思っていたガトー | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】自分の蹴りを受け止めて、正拳突き一発でやられていないと思っていたガトー | 引用元:奴隷遊戯 第55話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ロープを張るガトー。服を脱ぐ始めるテラノ。

その隙に九十九はガトーにとび蹴りを浴びせる。リンクの設営をしていたガトーは防御が精一杯で、九十九の飛び蹴りを受け止める。九十九は、ガトーを足場にして、三角蹴りで、そのまま、服を脱いでる最中のテラノの頭を蹴る。

膝をつくテラノ。頭を蹴られたテラノは、口をパクパクさせて利いているようだった。

九十九はさらにテラノに攻撃を浴びせようと接近する。

奴隷遊戯 第55話ネタバレ感想・考察まとめ

喧嘩よりもプロレスのほうが強いというのは、どういうことだろう。

プロレスは、漫画界隈だと大体強者の設定が多い。特に、プロレスの美学として、「相手の技は回避せずに、すべて受け切ってから反撃する」というものが多い。

耐久力が並大抵ではないパターンが多い。

テラノは喧嘩よりもプロレスのほうが強いということは、相手の攻撃を受けきったときのほうが、アドレナリンが大量分泌されて、ハイになって強くなるということだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

とけだせ!みぞれちゃん 第38話ネタバレ感想『不老不死のかおり?』

【画像】年齢不詳のかおり | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

【画像】年齢不詳のかおり | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

  • とけだせ!みぞれちゃん 第38話ネタバレストーリー・あらすじ
  • とけだせ!みぞれちゃん 第38話ネタバレ感想・考察まとめ
  • とけだせ!みぞれちゃん 概要
  • とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

とけだせ!みぞれちゃん 第38話ネタバレストーリー・あらすじ

お盆の時期、墓の掃除をするこはる。それを手伝うひまり。

みぞれちゃんは、こはるの腰から離れない。

こはるが離してというも、頑なに離れようとしないみぞれちゃん。

ひまりと一緒に掃除してというも、みぞれちゃんは、何が悲しくて墓地に来ないといけないのかと不平を口にする。

こはるは、もしかしてみぞれちゃんはオバケが怖いのかと思う。オバケは怖いのと聞くと、みぞれちゃんは知らんと顔をこはるに擦り付ける。怖いのだ。

【画像】オバケが怖いみぞれちゃん | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

【画像】オバケが怖いみぞれちゃん | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

雪女や河童がいるんだから、オバケもいるのかとこはるはみぞれちゃんに聞くと、いるわけないと顔を上げたみぞれちゃんの顔がのっぺらぼうだった。

ひまりは掃除終わったとこはるに声をかけたつもりだったが、知らない人だった。

夜、盆踊りの夏祭り会場。

こはるは、かおりにひまりとみぞれちゃんを預けて、町内会の仕事に行く。

今夜は盆踊り。やくもも太鼓を叩く。その前にこれだと渡された厚紙。

灯篭流しを目の当たりにするひまりたち。

お盆に帰ってきた先祖の霊を見送るするため。迷わずにあちらに帰れるようにするのが灯篭流し。

ひまりも灯篭を一つ作って、川に流してもらう。

お墓であった人が祭りでも見つけたひまり。

手を振ろうとすると、みぞれちゃんがひまりの手をとり、やくもの太鼓じゃないかと呼びかける。

【画像】こはるの母親の霊に気付いている風のみぞれちゃん | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

【画像】こはるの母親の霊に気付いている風のみぞれちゃん | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

かおりに促され、太鼓の音へと向かうみぞれちゃんとひまり。

ひまりが墓であった女性に手を振るかおり。

【画像】こはるの母親の霊に手を振るかおり | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

【画像】こはるの母親の霊に手を振るかおり | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第38話 漫画:足袋はなお

灯篭流しの回収場で、村の人に、年々母親に似てくるねといわれるこはる。

母親が、この村にお嫁に来た時に似てるという。かおりと仲が良くて。

そんな思いで話にでてくるかおりって今いくつなのだろうと思うこはる。

とけだせ!みぞれちゃん 第38話ネタバレ感想・考察まとめ

墓地に遭遇したのはこはるの母親。

昔から老けないかおり。こはるの母親の霊と毎年遭ってる風のかおり。

かおりは、みぞれちゃんのような物の怪の類で、こはるの母親とは、今のひまりとみぞれちゃんのような関係だったのだろうか。

こはるの母親の霊は、みぞれちゃんにも見えてるっぽい?

少年ジャンプ+『とけだせ!みぞれちゃん』を読んで。

とけだせ!みぞれちゃん 概要

真夏に顕現した、ことあるごとに溶けてしまう雪女・みぞれちゃん!もうなんか自分から溶けにいっている感すらある彼女は、夏をサイコーに楽しむことが出来るのか!?溶ける系雪女コメディ、ここに開幕!

とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。