<日曜日更新まとめ>」タグアーカイブ

日曜日更新の漫画のネタバレ感想を紹介まとめ。

【先読み】天空侵犯アライブ 第5話ネタバレ感想『新たに登場した女の子に導かれるセンヤ』

【画像】肩を掴んできたセンヤを拒絶する女の子 | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】肩を掴んできたセンヤを拒絶する女の子 | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第5話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第5話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第5話ネタバレストーリー・あらすじ

センヤは、よくわかってないけど、この世界で生きていくための「強さ」を手に入れたことは理解できた。

仮面との戦いも勝手に身体が動いたのではなく、「こう動けば勝てる」とわかって動いた。

仮面の動きも遅く見えた。初心者のサーブを処理するような感じだった。

スナイパーライフルに纏わり着いていた、黒い何かがセンヤの脳にはいってきたせいなのか。

この黒い何かは何者なのか。味方なのか。

精神世界で、その黒い何かを見るセンヤ。よくみると結構カワイイと思うセンヤ。この何かは、力を与えてくれる妖精なのかと思うと、甘いといい、センヤを頭からかぶりつく何か。

【画像】何かに食われるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】何かに食われるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

そんな悪夢に魘されていたセンヤ。

センヤの頬を舐める子犬。目を覚ますと、何故か横にいる犬もこの世界に迷い込んだのかと思う。

犬に和んでいる場合ではない。

犬がどうやってこの場所に辿り着いたのか。犬がハシゴを降りられるわけはないし、あのハシゴは壊れかけていた。吊り橋を渡って、屋上から来たわけではない。ピンポイントでこの場所に迷い込んだというのも確率的には考えづらい。

普通に考えれば、「地上から階段をのぼってきた」と考える。ビルを探索すれば降りられる階段が見つかるかもしれないと希望を持つセンヤ。

しかし、その希望を、すぐに否定する声が聞えた。

廊下の角から幼い女の子が現れた。

女の子は、犬を撫でて、仮面を倒したセンヤを見る。

【画像】「あいつら」に捕まると苦しい思いをするという | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】「あいつら」に捕まると苦しい思いをするという | 引用元:天空侵犯アライブ 第5話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

女の子は、センヤに、「あいつら」との戦いに負けて、捕まったりしたら苦しい思いをすることになる。戦いたく、苦しい思いもしたくないなら、いますぐ飛び降りたほうがいいという女の子。

いきなり、説明不足にもほどがあるとセンヤは女の子の肩を掴み、この世界のことを教えてほしいと訴える。

しかし、女の子は、いままでムスっとしているだけの表情だったが、センヤに肩を掴まれて、拒絶する女の子。

センヤはすぐさま手を離す。

飛び降りる気がなく、戦う気があるなら、ついてきてと歩き出す女の子。

ライフルを持って、戦う強さを手に入れたから、やってやると思うセンヤ。

そんなセンヤを別のビルから見つめる人影。

天空侵犯アライブ 第5話ネタバレ感想・まとめ

「あいつら」と戦う。

捕まったら苦しい目に会う。

この2点で、もしかしたら、前作の「天空侵犯」の世界設定とは違うのかもしれない。

前作は、「神を生み出すため」の機関で、それに向かって突き進んでいた。

前作のような、迷い込んだ人間vsゲーム主催者側といったものではなく、人間vs人間なのだろうか。前作は「神に近づいた者」同士の争いで人間vs人間にはなっていたけど。。。

つーか、センヤが心の中で思っていた疑問に返答する女の子ってテレパシーが使えるのか?

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

【先読み】天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想『センヤ覚醒』

【画像】戦うモードになるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】戦うモードになるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第4話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第4話ネタバレストーリー・あらすじ

センヤはスナイパーライフルからでてきた奇妙な物体に、体中を刺される。

こんなマヌケな死に方はカッコ悪すぎると思うセンヤ。

倒れるセンヤ。

それを通路の角から見ていた仮面は、倒れて白眼むいているセンヤを見下ろしながら、「祭司」と呼ぶものに電話をかける。

十四番と呼ばれる仮面は、状況を説明して、脅しただけで何もしてないのに倒れた。これはショック死で、この場合はポイントが入るのかと祭司に聞く。

祭司は、状況説明が雑過ぎてわからないので、詳しく説明するようにと。

少年がロッカーからライフルを取り出したら、いきなり倒れたという説明に、祭司は、少年が本当に死んだのかと仮面に確認する。心臓や脳はが止まっただけでは死んだことはいえない。その少年の脳を完全に破壊するように指示を出す。

さらに、手の届く場所にライフルがあるなら直接触れないように。それも原型をとどめないぐらいに徹底的に破壊しろという。

センヤの頭の中に何かが侵入してきた。

その指示通り、仮面はセンヤの頭を潰そうと薙刀の切っ先で突こうとするも、切っ先をセンヤにつままれて止められる。

センヤは、仮面と距離をとる。

センヤは、頭の中のやつが「たたかえ」と言っていると闘志をむき出しにする。

センヤは、頭の中のやつも、仮面も何なのか全然わからないけど、そんなことはどうでもよくなってきた。戦って生き残ってやると決意するセンヤ。

【画像】銃を打撃武器として使い、仮面の上半身を吹き飛ばすセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】銃を打撃武器として使い、仮面の上半身を吹き飛ばすセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

仮面は、センヤに突進する。ライフルには弾丸が入っていない。ライフルを持ち直して、テニスラケットのように振り回し、仮面を撃破する。

天空侵犯アライブ 第4話ネタバレ感想・まとめ

<祭司様と仮面>

前作と同じ設定なら、祭司の支配下にある仮面だろうけど、祭司は人間を飛び降りか始末することを行っている。祭司が管理者という可能性もある。

気になるのは、仮面がいう「ポイント」。

【画像】仮面がポイントがもらえるのかと祭司様に尋ねている | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】仮面がポイントがもらえるのかと祭司様に尋ねている | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

この「ポイント」が溜まると、仮面から解放されたり、次のステージにいけるので、ポイントを溜めているのだろうか。

<センヤの能力>

センヤの能力。突かれた薙刀の刃を指で摘んでとめるということは身体能力アップがされている。さらにライフルの柄で仮面の上半身まるごと潰すほどのパワーも身につけてる。

【画像】刃を指で掴むセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】刃を指で掴むセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第4話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

前作でいういと、最終段階の理火たちレベルになっているということか。

身体能力を上げるのは、やめてほしかったなぁ。身体能力を上げるとほぼなんでもできてしまうようになっちゃうから、戦いのワクワク感がなくなっちゃう。

せめて、ライフルに寄生していた生物を取り込んだので、ライフルの使い方は一流だけど、そのほかの普通でいてほしかった。

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

【先読み】天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想『センヤが最初に見つけた武器はスナイパーライフル』

【画像】手に取ったスナイパーライフルから何かがでてきた | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】手に取ったスナイパーライフルから何かがでてきた | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

ハシゴを降りて、一安心したと思ったセンヤに、ハシゴの上から仮面が覗いていた。

センヤは、仮面の追いつくスピードが人間離れしていると感じた。

さらにセンヤを驚かせる仮面。仮面は、ハシゴを使って降りず、そのまま飛び降りて、センヤを襲うとしてきた。

センヤは咄嗟に、開けた扉の中に入る。

センヤが建物の中に入ったことを確認した仮面はまた「良し」という。

センヤは本当に逃げないと始末されてしまう。

センヤは、宇宙に行くんだとその場から走って逃げる。

通路の角を曲がれば、下り階段があるはずだと自分にいい聞かせて走るセンヤ。

角を曲がったが、下り階段はなかった。瓦礫に躓き、転倒するセンヤ。

何もない。下り階段どころか完全な行き止まり。もう逃げられない。

ここにいたら仮面に痛いことをされる。窓から飛び降りれば痛い思いはしないだろうと考えるセンヤ。

その時、飛び降りた少女のことを思い出し、「正解」を教えてくれてたんだと思う。

窓に足をかけた時、「こっち」とまた声が聞えた。

声は明らかにロッカーの中から聞えた。

ロッカーの中に誰かがいる。

どう考えても気のせいだかが、気になる。センヤは、ロッカーを開けると人がいたわけではなく、スナイパーライフルが一丁置いてあった。

センヤはスナイパーライフルを手に取る。この世界はこういう武器を見つけ出して、仮面を被ったモンスターを倒して行く設定なのかと考える。

スマホゲーでライフルは使ったことあるけど、現実で使いこなせるわけがない。ヘタに抵抗したら余計ヤバイことになるだろうと、やっぱり飛び降りを考える。

でも、せっかくゲットしたからちょっとだけと、ライフルを構えてみる。

するとライフルから目玉がついた煙のようなものがでてきた。

これもモンスターかと考えるセンヤ。

異世界だから、こういうモンスターがいてもおかしくない。

モンスター?これも罠かと思った時には遅く、煙のようなものはセンヤの胸を貫く。

【画像】何かに胸を貫かれるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】何かに胸を貫かれるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

天空侵犯アライブ 第3話ネタバレ感想・まとめ

前作にはなかった見た目が人間ではない何かの登場。

「こっち」と呼んでいたことから、ライフルの聖霊のような存在が、持ち主を探していたのだろうか。

【画像】ライフルから出てきた目玉 | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】ライフルから出てきた目玉 | 引用元:天空侵犯アライブ 第3話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

【先読み】天空侵犯アライブ 第2話ネタバレ感想『センヤを見て笑う仮面』

【画像】仮面に見つかるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】仮面に見つかるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第2話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第2話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第2話ネタバレストーリー・あらすじ

異世界を案内してくれると思っていた女の子が突然、ビルから飛び降りて亡くなった。

その事実に驚き、思考が回らないセンヤ。

徐々にその事実を受け入れ、吐き気を起こす。

とうして、いきなり命を絶ったのか理解できなかったセンヤ。

「良し」

何か聞えた。女の子が立っていた屋上に人影。

仮面を被った者が立っていた。そのものは血まみれで薙刀を持っている。

仮面は、センヤを見て笑う。

センヤは、あの仮面がこの世界のモンスターだと直感する。

血まみれの武器は、この世界に迷い込んだ人間を始末するためのもの。さっきの女の子も仮面に襲われ、恐怖でおかしくなったに違いないと。

女の子は、この世界のことを教えてくれていたんだと考えるセンヤ。センヤは、仮面に始末されないようにがんばらなきゃいけない世界なんだと考える。

【画像】仮面がこっちを見て笑った理由を考えるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】仮面がこっちを見て笑った理由を考えるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

仮面は、自分のほうに向かって笑った気がする。笑う理由はきまっている。センヤは仮面から逃げなきゃと決意。

しかし、吊り橋を渡っても方向的に仮面と鉢合わせする。鉢合わせしたら武器を持ってる相手に勝てるわけがない。出会ったら確実に始末される。

【画像】仮面と出会ったら始末されると直感するセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】仮面と出会ったら始末されると直感するセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

「こっち」

何か聞えたような気がする。

センヤがその方向を見ると、屋上の柵の向こうにハシゴの頭が見える。

行って見ると下の階につながるハシゴがあった。ハシゴの下には扉があり、ビルの中に入れれば、地上に降りられるかもしれない。

しかし、ドアは鍵が閉まっているかもしれない。ハシゴがボロボロで降りる途中で壊れるかもしれない。そうなったら、あの女の子と同じ結末に。

恐怖に震えるセンヤだが行くしかないと決意する。

この程度の高さなんて怖いはずがない。自分ももっと高いところを憧れていたんだからと。センヤはハシゴを降り始める。

【画像】宇宙飛行士に絶対になると自分の心に正直になるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】宇宙飛行士に絶対になると自分の心に正直になるセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第2話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

ハシゴを折りながら、宇宙飛行士を諦めたなんて嘘だ。今でも宇宙飛行士になりたいと思ったセンヤ。

宇宙に行くまでは自分な生き延びると強い思いを心の中で叫ぶ。

到着したセンヤはドアノブを回す。ドアは開いた。光明が見えてきたと思って見上げると、ハシゴの上にもう仮面は到着していた。

天空侵犯アライブ 第2話ネタバレ感想・まとめ

前の設定通りなら、強い思いが強くする世界だから、センヤが宇宙飛行士への願望が強ければ強いほど、強くなっていく。

とりあえず、ドア閉めて、逃げろセンヤw

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

【新連載】天空侵犯アライブ 第1話ネタバレ感想『天空侵犯が帰ってきた』

【画像】センヤが異世界入りして最初に見つけた女の子 | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】センヤが異世界入りして最初に見つけた女の子 | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

  • 天空侵犯アライブ 第1話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯アライブ 第1話ネタバレ感想・まとめ
  • 天空侵犯アライブ 概要
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯アライブを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

天空侵犯アライブ 第1話ネタバレストーリー・あらすじ

都心のほうで起こっている謎の大量失踪事件。

ハッキリした原因はわからず世間では「巨大犯罪組織」「宇宙人の仕業」などと言われている。

学校のみんなは、フィクションのような「異世界」が本当にあったなんて噂している。そういうのは好きだけど、さすがにないと思っていた。

屋上で昼飯を食べながらセンヤが学友と話をしていた。

漫画やアニメでは学校の屋上に普通に上っているけど、現実だと登れるほうが珍しいという。

こうやって登れるウチも割と特別らしいと。しかし、学友はセンヤの話に興味はなくスマホをいじってる。

センヤは、自分もスマホがほしいと思う。

部活の呼び出しで学友はそそくさと立ち去って行く。

センヤは、やりたいことが具体的にハッキリしない。小学生の時は宇宙飛行士になりたかった。空の向こう側まで行ってみたいと思った。

しかし、宇宙飛行士になんてなれるわけがないと諦めた。

その時、空に異変が起きてるのを見て驚くセンヤ。

空の一部が渦巻く黒い雲から、見たこともない建造物が出現した。

何の建造物かわからなかった。小学生の時に本で読んだ、軌道エレベーターに似ていた。

いきなり、謎の建造物は、突風と光を放ち始める。

気絶したセンヤが目覚めた時、そこは学校の屋上ではなくなっていた。

見たこともない風景。高層ビルが立ち並ぶも、どの建物も老朽化している。

先ほどみたい、謎の建造物はそこにあった。

【画像】異世界入りしたセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】異世界入りしたセンヤ | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

センヤは、「異世界」入りしたと直感した。

妙に落ち着いているセンヤ。

もしも、自分が異世界入りしたらと想像していたからだろうか。

しかし、イメージした異世界とダイブ違う。ボロボロの高層ビルがいっぱいで全然ファンタジーじゃない。

ビルの屋上とビルの屋上に吊り橋がかけられるのを発見するセンヤ。

幼い頃に、ビルとビルの間に橋でつながってたら面白いと考えたことがあるが、実際に見てみるとバカっぽい。

センヤは考える。これは異世界でもなんでもなくテレビの企画なのかもと。しかし、テレビ局がこんな世界を作れるわけがないと思いつきを否定する。

別のビルの屋上に、一人の女の子がいるのを発見するセンヤ。

【画像】異世界入りして初めてあった人間 | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

【画像】異世界入りして初めてあった人間 | 引用元:天空侵犯アライブ 第1話 原作:三浦追儺 作画:大羽隆廣

迷い込んだ人間ではなく、この世界の住人なのかと考える。この世界の住人ならこの世界のことを迷い込んだ人間に教えるのがルールのはずだと思うセンヤ。

女の子は、センヤに気づく。しかし、センヤの予想を裏切り、女の子はビルから飛び降りる。

センヤは笑っているから空を飛ぶのだと予想するも、女の子はそのまま地面に激突した。

天空侵犯アライブ 第1話ネタバレ感想・まとめ

天空侵犯の初代と同じ設定だったら、種明かしされちゃってるから、クリア方法まで粛々とする感じなのか。

でも初代のほうは、管理者がルールを無視しはじめて大混乱になったので、今度は、厳格な管理者でゲームが進むということだろうか。

それとも設定が違うのか。

初代の天空侵犯の世界とは違う世界なのか、同じ世界で、遊里や理火が登場するのだろうか。

マガポケ『天空侵犯アライブ』を読んで。

天空侵犯アライブ 概要

宇宙飛行士にあこがれていた普通の少年・千夜は、学校の屋上で天を貫く「塔」のようなものを見た瞬間、突如異世界に飛ばされてしまう。そこは高層ビル群の間が吊り橋でつながれた無機質な世界。戸惑う千夜は、別のビルの屋上に立つ一人の少女を視界にとらえるとともに、もう一人、血まみれの武器を手にした仮面の男も目撃してしまう…?

天空侵犯 概要

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

天空侵犯アライブを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!