・LINEマンガ ネタバレ感想」タグアーカイブ

LINEマンガのネタバレ感想。
LINEマンガについて。

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

六道の悪女たち 第86話ネタバレ感想『取立ての友達が六道だと知るミナミ』

六道のために高額のスマホを購入してしまうミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

六道のために高額のスマホを購入してしまうミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第86話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第86話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

六道の悪女たち 第86話ネタバレストーリー・あらすじ

ミナミからアドバイスを貰って、課長たちは闇金と戦うことを決意。

仁と名残がきても徹底抗戦の構えだ。

仁は、課長たちに闇金との戦い方を教えた厄介なやつがいると確信する。

仁は、いつもの課長の家族以外に誰かがいると察し、その者に直接話せないかと持ちかける。

仁は、実際に弁護士がいたら脅迫すると不利になると考える。

その頃、ミナミはスマホを購入していじっていた。

ミナミは六道の連絡先をゲットするために、闇金対策の話しで釣って連絡先をゲットした。これで、六道と電話したりメールしたりできると家で嬉しそうにゴロゴロするミナミ。

ミナミのスマホに早速六道から電話がかかる。

ミナミは意気揚々と電話にでる。

六道は、闇金に自分の存在が勘付かれてしまったと報告。ミナミは落ち着きという。

顔を出さずに警戒させる。警察か弁護士がいる可能性がある限り、手は出してこないとアドバイスをするミナミ。

実際に、ミナミの言うとおりにしたら手を出してこなくなった。

ミナミが闇金ハンターだと勘違いする六道 | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

ミナミが闇金ハンターだと勘違いする六道 | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

ミナミのすごいアドバイスで、六道は、ミナミのことを闇金ハンターだと考える。

次にミナミの電話に仁がかける。課長がもう金を払わないと家からでてこなくなったと報告する。仁は弁護士がついているなら強引に回収するのは厳しいというもミナミは、課長家族が必ず払うという。典型的な金に執着心のない人間で金で解決できるなら目先の面倒から眼を背けてすぐに金を払う人間だという。

木嶋は、金に執着心のない人間だというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

木嶋は、金に執着心のない人間だというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

そんな奴は弁護士雇って、闇金を告訴したり、警察に被害届けを出すような面倒はしない。外に引きずり出して脅迫したら必ず金を払うというミナミ。

仁は、名残に指示を出す。

次は、煙攻め。六道はミナミに家に火をつけられたと電話するもミナミは、闇金業者がよく使う手で、煙をたいているだけだという。

仁がどうしても外にでてこないというとミナミは痺れを切らしてそっちにいくという。

ミナミは、課長の協力者にも陰湿に嫌がらせをして、脅迫して金を毟り取ってると考える。その金で六道に喜んでもらう。

六道は、ミナミに金の大切さを教えてもらった。絶対に闇金に負けないと覚悟を決める。

ミナミは持ってきたハンマーで名残に扉を壊すように指示を出す。

しかし、仁は防犯カメラなどもあって証拠握られて警察沙汰になったらマズイというも、ミナミは舐められたら終わりだと名残に扉破壊を命令する。

名残が扉を破壊して、中を見たミナミは六道がいたことに驚く。

借金の取り立て先で六道と出会ってしまうミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

借金の取り立て先で六道と出会ってしまうミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第86話 漫画:中村勇志

六道の悪女たち 第86話ネタバレ感想・まとめ

大好きな六道が取り立ての相手の友人だった。

六道のために大好きで溜めてた金を使うぐらいだから、闇金をやめるという流れになりそうだけど、やめたら悪女じゃなくなるから六道の魔法も消える。

どうなってしまうのか。

LINEマンガ『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話ネタバレ感想『トレジャーハントの間編:新キャラ真衣ちゃん登場』

真衣ちゃんがスキル「ディグダグ」を発動させる | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

真衣ちゃんがスキル「ディグダグ」を発動させる | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話ネタバレストーリー・あらすじ

トレジャーハントの間編。

「結果」つまり、「現状」には理由がある。

そして、理由は、「起因」と「過程」で構成されている。

それらを正確に把握・理解すれば、困難な「現状」を打開する光明を得ることができる。

水嶋は、「現状」を整理しようと頭を切り替える。

穴の中に化物と一緒に落ちている。どうしてこんなことになった。そして、「現状」を打開する方策を考える。

15分前。

水嶋は賢者の石碑に着陸して、石碑を読んでいた。

3枚の鏡を集めるミッション。素直に受取ればそうだと。そして、別の部屋の名前に「三日月の城門」があった。そこがゴールかと考える。

さらに別の碑文にこうある。

黒い影、姿変える怪物の内。それは青色の輝きを放つ。

呼吸ができない空間、闇の奥、水の奥底、様々な場所に潜む。それは黄色の輝きを放つ。

眩い輝きの元、それは偽り。ゴールへと導く道を示す。それは緑色の輝きを放つ。

3枚の鏡の場所を示すヒントというところかと考える水嶋。

石碑の名を冠する「愚者の石碑」も気になる。ここの運営はひねくれてるからどんなヒッカケがあるかわからないと頭を悩ます。

そこに、人影が近寄ってくる。人の形をしているが人ではない。

人の形をしたものの体が変形していく。

水嶋は、碑文にあった黒い影のことだと察する。

変形する黒い影 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

変形する黒い影 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

こいつを倒せば鏡が手に入るのかと考えるも今は武器も持ってない。水嶋は、黒い影が変形し終わる前に走って逃げる。

変形しきる前に逃亡をはかる水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

変形しきる前に逃亡をはかる水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

黒い影は、何かを飛ばし、水嶋の背中に突き刺さる。

抜こうにも抜けない。水嶋は仕方なく、刺さったまま逃亡をする。

水嶋は、黒い影から箸って逃げるもどうやっても黒い影はあとを追ってくる。背中に刺さった針がGPS機能があるのか。体が異常に重い。刺さった針から毒かと考える。

黒い影は追いついているのに攻撃してこない。

黒い影とともに穴に落ちた水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

黒い影とともに穴に落ちた水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

突然地面に穴が空き、黒い影とともに水嶋は落とし穴に落ちる。

ここまでが「過程」。現状を分析。

左足首捻挫。全治二週間。

擦過傷多数。「黒い影」の針による傷数箇所。そして意識が混濁気味。

留意すべきはこの穴。

突然足元が消えた。穴の中には崩れ落ちた土砂がない。特殊な偽装で地面があるようにみせられていたのか。そして、壁や床にひっかかりがまったくない。自然にできたものとはとうてい思えない。

確信に近い推論。この穴は故意に仕掛けられた罠。

落とし穴の目的を大別すると、「足止め」もしくは「致命傷を与える」。この穴には殺傷能力のあるブービートラップは仕掛けられていない。つまり、目的は「足止め」。

穴に落ちたらすぐに攻撃がくると考える水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

穴に落ちたらすぐに攻撃がくると考える水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「足止め」の対象が人間にせよ、黒い影にせよ、ただ深いだけの穴では、特殊スキルを有する可能性のあるバベルダンジョンでは一時の時間稼ぎにしかならない。つまり、時を置かず攻撃が来る可能性が非常に高い。

巻き添えを食らう前に回避しようとするも声が聞える。

上から女の子が降ってくる。

空から降って来た真衣ちゃん | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

空から降って来た真衣ちゃん | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

女の子は、穴の床に着地すると水島に謝罪し、能力を使い、水嶋含めて自分の周りの床に円を描く。

発動。スキル「ディグダグ」。

円を描いた部分が抜けて落とし穴ができる。

この穴はこの子のスキルと理解する。

真衣と呼ばれた女の子は、穴の上にいる野田に合図を送る。

上にいた男がスキル「ハンドカノン」を使い、黒い影を消滅させる。

コードインジェクターが二本残ってる。

真衣は水嶋に謝罪し、穴が元に戻るまでもう少し時間がかかるという。水嶋の高熱を察した真衣は、水嶋の背中に狩人の毒針が刺さっていることを知り、穴の上にいる野田、奥本、岩田に合図を送る。

黒い影が、「狩人」という名前と知ると、「狩人の巣」の部屋に入った彩花を心配する水嶋。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第38話ネタバレ感想・まとめ

狩人を倒したらコードインジェクターがもらえるのか。強敵であればあるほど、強力なコードインジェクターを手に入れられそう。

今回、二本出現したが、ひとつぐらいは水嶋にわけてもらえるだろうか。

トレジャーハントの間にくるまでに何かしらの攻撃系のスキルを持ってないと、結構しんどいミッション。アスマみたいな超人でない限りは、スキルなしで狩人を倒せないのではないか。

真衣ちゃんは元地下アイドルか何かで野田はその追っかけという設定だろうか。それともオタサーの姫か。

<トレジャーハントの間の攻略>

「3枚の宝鏡」「光充つる時」「三日月の門開かれ」

三つの鏡を集めて、光が充ちた時に三日月の門が開く。ゴールは水嶋が予想した。三日月の城門だろうか。

「黒い影、姿変える怪物の内。それは青色の輝きを放つ。」

青の鏡は、狩人を倒してドロップさせろということか。

「呼吸ができない空間、闇の奥、水の奥底、様々な場所に潜む。それは黄色の輝きを放つ。」

これは、いろんな場所で黄色の鏡が割れて点在しているということか。

「眩い輝きの元、それは偽り。ゴールへと導く道を示す。それは緑色の輝きを放つ。」

どこかの場所を指しているようにも見えるが、三日月の城門がゴールではなく、緑の鏡のありかということか。

愚者の石碑にもヒントがありそう。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

同級生:男「岬」「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

真衣
「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
真衣たちの仲間。

岩田
真衣たちの仲間。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

六道の悪女たち 第85話ネタバレ感想『ミナミの闇金撃退のアドバイス』

闇金に支払う金ではなく、闇金と戦うための金だという六道 | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

闇金に支払う金ではなく、闇金と戦うための金だという六道 | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第85話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第85話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

六道の悪女たち 第85話ネタバレストーリー・あらすじ

課長家では、闇金の返済を絶望視していた。

工場を手放そうとしている。祖父から受け継いだ工場を手放すことを悔しがる課長。

そこに六道が現れる。

六道は痩せた課長をカッコよくなってるとツッコミを入れる。

六道は、クラスの皆でバイトで稼いだ貯めた金を課長の両親に渡す。

課長の家に来る前に六道は、バイトで稼いで課長を助けようという提案をした皆を集め、お金の話をする。

自分が間違っていたと非を認める六道。お金は簡単に貸し借りしちゃいけないものだと気付いた。お金を稼ぐことは本当に大変で、みんなに提案できることじゃなかったと懺悔する。

大佐は、作戦に乗った自分たちも甘かったといい、飯塚は自分で稼いだ金は自分で使うべきだという。六道は覚悟した。

しかし、皆は自分で稼いだ金を課長に渡すという。飯塚も椿も番長も大佐も。

バイトで稼いだ金は木嶋製作所に使うと決めた六道たち | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

バイトで稼いだ金は木嶋製作所に使うと決めた六道たち | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

皆と相談して、このお金は木嶋製作所に渡すことを決めたという。金は50万以上ある。少しでも足しになればという六道。

課長の父は、これだけあれば利息を払うことはできるが受取れないという。

六道は、闇金に支払う金ではなく、この金で木嶋製作所を建て直し、闇金と戦うための金だという。

六道はミナミから助言を貰っていた。

ミナミの闇金撃退のアドバイス | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

ミナミの闇金撃退のアドバイス | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

闇金は犯罪。借金してるからといって下手にでる必要はない。強気で行く。警察にもいけないように脅されているはず、学校や近所や親戚にまで言いふらすとか言われていても絶対に下手にでたらだめ。

仁と名残が木嶋製作所にやってくる。サクラクレジットで利息の返済は明日だけど差し入れをもってきただけだという。

しかし、入り口は木の板を打って閉ざされている。

課長の父親は、利息はもう払わないという。違法な金利の利息は払わなくていいという法律で決まっていると覚悟を表明する。

これ以上、乱暴に取り立てると警察にいくという。

仁は、名残に合図を送ると、板を食い破る名残。

カメラで撮っていると返す。

闇金に厄介な相手と思わせて諦めさせるというミナミのアドバイス | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

闇金に厄介な相手と思わせて諦めさせるというミナミのアドバイス | 引用元:六道の悪女たち 第85話 漫画:中村勇志

ミナミの助言で、闇金は相手が厄介と思ったら諦める。

仁は本気は警察に行くと思っているのかと考える。いままでビビっていた連中だからと仁はさらに脅す。

その脅し文句をレコーダーで録音する課長の父親。

これもミナミの入れ知恵。

畳み掛けるように課長の父親は、違法な取立ては弁護士に相談して訴えるという。

仁は、木嶋製作所の態度が誰かの入れ知恵だと察する。闇金との闘い方を知っている厄介なやつがいると考える。

六道の悪女たち 第85話ネタバレ感想・まとめ

アドバイスしているのが闇金本人だからな。自分でやられたら困ることを言っているミナミ。

LINEマンガ『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

六道の悪女たち 第84話ネタバレ感想『友達でも金の貸し借りはNG』

金の貸し借りは絶対にしたらあかんというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

金の貸し借りは絶対にしたらあかんというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

  • 六道の悪女たち 第84話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 六道の悪女たち 第84話ネタバレ感想・まとめ
  • 六道の悪女たち 概要
  • 六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

六道の悪女たち 第84話ネタバレストーリー・あらすじ

六道はミナミに聞きたいことがあるという。

ミナミは同い年だから敬語はやめてという。

六道はご飯を奢ってくれるのは嬉しいんだけど、これ会計いくらかなと怯える。

ミナミが六道に奢るご飯が大テーブルで食べきれない量の料理が給仕係を使って運ばせる。

ミナミは自分が払うから気にしなくていいというも、あまりの豪華に気が引ける六道。

ミナミは、美味しいかどうかと聞くと、六道は素直に美味しい肉食べたの初めてだと嬉しそうにすると、ミナミも喜ぶ。

六道はミナミの正体を知らない。お金持ちで自分な何故かよくしてくれる。もしかしたら、悪女なのだろうかと考える。ミナミが悪女ならミナミの厚意に甘えちゃいけないと考える六道。

アイスクリーム屋で客にクレームをつけられる番長。

番長は、謝るも敬語ができていないと客はヒートアップ。

他の店員が客のクレームに対応して身を引く番長。

学校では、椿が飯沼にカラオケに誘うも今日は仕事だと断る飯沼。だりーと口癖になってる飯沼を注意する椿。

大佐も元気がない。バイト4連勤でしんどいという。六道もバイトで怒られちゃって憂鬱だと。番長の元気もない。

学校とバイトの両立で疲れている。当然だけど、仕事は楽なことばかりじゃなかった。甘く考えすぎたのかもしれない。言い出した自分が頑張らないとと考える六道。

コンビニバイトで、給料を手渡しされる六道。

人生の初給料を渡される六道 | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

人生の初給料を渡される六道 | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

自分で稼いだはじめての給料。嬉しい。

給料を渡されただけで、全てが報われたこの感じ。。一ヶ月頑張って稼いだ自分の給料。

6万4千円。一ヶ月6万4千円。なんでも買えちゃうと足取りが軽くなる六道。

初給料で浮かれる六道 | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

初給料で浮かれる六道 | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

その時、ミナミが温かいお茶を持って現れる。

六道は初給料の嬉しさをミナミに共有する。

ミナミは、初給料の六道に、お金は普段何に使うか聞くと、ゲームと恥ずかしながらも答える六道。良いと賛同するミナミ。

ゲーム買い放題に嬉しくなるも六道は、この金は使えないとバイトを始めた理由を思い出す。

どうしても助けたいなら貸すとはいわずあげればいいというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

どうしても助けたいなら貸すとはいわずあげればいいというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

友達がお金に困ってて、貸してあげようと思っているというと、ミナミは、金の貸し借りは絶対したらあかんと六道に顔を近づけて真顔でいう。

どうしても助けたいなら貸すなんていわず、あげればいいというミナミ。

あげるという言葉に下を向く六道。

ミナミは、六道に「あげる」について嫌だと思ったやろと内心を言い当てる。

六道は、言い繕うとするもミナミはその気持ちを肯定する。

金は己の血肉そのもの。命と同じくらい大事にせなあかん。それがもし、返って来なかったら「友達だから」が「友達なのに」に変わってしまうかもしれない。

金は友情も壊す化物だというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

金は友情も壊す化物だというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

金は友情なんか簡単に壊す。恐ろしい化物だと持論を展開するミナミ。

それでもその血肉を分け与えてもいいと思えるくらい大事な人がいるなら、それはすごくステキなことだと今は思うというミナミ。

金をあげてもいいと思える大事な人がいることはステキなことだというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

金をあげてもいいと思える大事な人がいることはステキなことだというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

でも貸すのはあん。これは六道と友達のためだというミナミ。

ミナミの真剣な言葉に感謝する六道。

もう一度、みんなとしっかり話し合ってみると心に決める六道。

ミナミを悪女だと疑っていたことが失礼だと考えを改める六道。

高校生を客する同業者のヤミ金をセコいと思うミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

高校生を客する同業者のヤミ金をセコいと思うミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

事情を話す六道。友達が怖い人たちに借りちゃったみたいでというと、ミナミは同業者かと細い目をする。高校生を客にするセコい闇金だと心の中で罵る。

ミナミは、六道の友達の件は山吹ミナミが追っ払うと宣言する。

六道が困っている友人を助けるというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

六道が困っている友人を助けるというミナミ | 引用元:六道の悪女たち 第84話 漫画:中村勇志

六道の悪女たち 第84話ネタバレ感想・まとめ

自分がその取り立ててる闇金だと知ったとき、ミナミはどうするのだろうか。

LINEマンガ『六道の悪女たち』を読んで。

六道の悪女たち 概要

不良だらけの亞森高校に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子友達の大佐、課長とグチをこぼす日々を送っていた。そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてくる。巻物が光り、六道の額に五芒星のマークを刻み付けると、六道は問答無用で「悪女」に愛される体質になってしまった。六道は校内外のさまざまな悪女、そして最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈に惚れられることになる。当初は乱奈を利用すれば平和な学園生活を送れるかもしれないと考えていた六道だったが、不良にボロボロにされても自分との約束を守る乱奈に「漢気」を感じ、自分も漢気を見せなければならないと決意する。

六道の悪女たちを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話ネタバレ感想『トレジャーハントの間編:腕を欠損しても戦うアスマ』

勝者の特権として絹代を襲う冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

勝者の特権として絹代を襲う冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

トレジャーハントの間編。

アスマの前に現れたのは、円柱水路の間で亡くなったと思われた男。

両足をライオンに切断されたはずの男が、下半身を獣のような形になって登場した。

アスマは、右腕を手榴弾で失い、敵は一人加勢されて、三人になった。最悪の状況だった。

アスマの最悪という言葉に冴木興奮し、アスマの最悪は自分だという。アスマに恐怖と絶望を届ける最悪の運び屋、最悪の復讐者だと。

しかし、冴木が罵る言葉が言い切る前にアスマは勘違いするなと訂正する。

アスマは、冴木のあそこを食いちぎったことを思い出して最悪だという。

アスマの挑発で頭に血が上る冴木。

冴木はアスマの挑発にのり、攻撃をしかける。

強靭な足で上から何度もアスマを踏みつける。

アスマを足蹴にする冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマを足蹴にする冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

片手が吹っ飛んだくらいでヘロヘロになりやがって虚弱だと罵る冴木。虚弱、脆弱、軟弱、情弱、貧弱。

冴木の蹴りで倒れるアスマ。絹代が心配になってアスマに駆け寄る。

自分の強さに酔いしれる冴木。

毒島は、冴木の足の具合が良さそうだというと、冴木はこんな良いレアコードをくれたボスに感謝だという。

アイテムコード「リトルマーメイド」。

冴木はターゲットを絹代に移す。勝利のご褒美にいただくと、絹代を押さえ込む。

岩楯はヤバイと感じる。

冴木は、絹代が生き残ってて嬉しいという。下卑た発言を繰り返す冴木。

絹代は、円柱水路の間で冴木とのやりとりを思い出すも誰かを助けようとしていたが思い出せない。

毒島は冴木に何をしてるのかと質問すると、勝者の特権を満喫するという。

岩楯は、冴木を止めようとする。冴木のためにやめろという岩楯。

絹代を襲おうとする冴木を糸で縛り上げる毒島 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

絹代を襲おうとする冴木を糸で縛り上げる毒島 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

冴木は、助けた礼が聞きたいとデカい態度になる。すると、瞬時に冴木の全身が糸でがんじがらめになる。

全く動くことができない冴木。毒島は、危ないところを助けてくれたことには感謝するけど、絹代は自分の人形だという。アスマの生け捕りは絶対命令だけど、それ以外は、毒島の一存で決めていいことになっている。

もう一片、足三本なくして見るかと凄む。冴木は、阿久津から聞いた、吉野と毒島には逆らうなという忠告を思い出す。

形上、謝罪する冴木。すると心がこもってないと糸を締め上げる毒島。

毒島の目を血で潰すアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

毒島の目を血で潰すアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

突然、毒島の両目に血が飛び散る。アスマだ。

アスマの失った右手の切断面から血を飛ばし、毒島の目潰しに使う。

さらにアスマが拾った岩で冴木の後頭部を殴ろうとしていた。

片手でも確実に始末できるタイミングを見計らっていたアスマ。

点火。

岩楯のハンドキャノンが火を吹き、アスマを壁まで吹き飛ばす。

壁に激突したアスマは気絶する。

生け捕りという制約があったとはいえ、手負いの男に三人がかり。これ以上は岩楯も腕が限界。

カラダの部位が欠損した場合は、急激な重量バランスが崩れるが、片腕がなくなった直後にあれだけ動ける。しかも冷静。まるですでに欠損状態での戦闘を経験したことがあるかの如く戦うアスマ。

過去に手足を失っていたらさっきまで五体満足なわけがない。すくなくとも「外」の世界では。

アスマを糸で拘束して、冴木が担ぎ、アジトに戻る指示を出す毒島。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話ネタバレ感想・まとめ

アスマは、コードインジェクターを研究している組織にモルモットとして人体実験させられていたのではないだろうか。

アスマ外伝で出てきた謎の組織がコードインジェクターを開発した闇組織だったとか。

アスマを生け捕りにしろと命令したボスは、その組織も人間だろうか。

でも、トレジャーハントの間に残っているのは、岬チームよりも格下の者ばかりだからすごいのは残っていないイメージだけど。

欠損状態で戦闘経験があるような戦いぶりを見せるアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

欠損状態で戦闘経験があるような戦いぶりを見せるアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第37話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

岬は、バベルダンジョンの中身を知っていたとして、むちゃくちゃ強くなれるものなのか。バベルダンジョンはゲーム自体の攻略方法も重要だけど、同じチームになった人間を御する交渉術や腕力も必要。隠されているコードインジェクターも知っているなら、それを優先的に取得し、コードの力でチームを従わせることもできるか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

同級生:男「岬」「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドキャノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!