・LINEマンガ ネタバレ感想」タグアーカイブ

LINEマンガのネタバレ感想。
LINEマンガについて。

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話ネタバレ感想『絹代の秘密がエリカによって暴かれる』

真実を知り、呻く絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

真実を知り、呻く絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

エリカが部屋を後にする。

部屋に残された絹代は泣き呻いていた。

絹代はエリカに言われたことは嘘だと信じない。自分がそんなことするわけがないと。

エリカは本当だという。ここに来る前の絹代が望んだこと。絹代はタツキに助けを求める。

体育館の扉の前で、土田は冴木と遭遇する。

土田も冴木も両名が互いを見て声を上げる。

岩楯が知り合いかと聞くと第一ミッションで一緒だったと説明する冴木。

土田は、冴木が生きているのを見て、円柱水路の間では上も正解だったと知る。

土田にキレる鬼頭。おっさんじゃなくて女を連れて来いと阿久津に文句をいう。阿久津はボスも命令で雑用係として連れてきたという。自分たちも随分減らされたという。

「まどろみの丘」で残っていたのは血痕だけ。すでに「狩人」に処理されたのだろう。コードだけでも回収できたらよかったという阿久津。

鬼頭は、自分がいればそんな無様なことにはならなかったというと岩楯が見ていない相手を甘くみるなと諭す。岩楯はそんなに女がほしければ、また毒島の人形にでも手を出してみればどうだと煽る。

それにキレる鬼頭。そこにエリカが邪魔だと割ってはいる。

エリカは5分遅刻だといって体育館の扉を開く。

中には、毒島と毒島の糸で吊るされたアスマ。

アスマは土田に挨拶をする。

土田は、アスマが捕まったということは絹代もいると推察する。隙を見て絹代を助け出したいが無理がある

毒島は、新しい人形についてエリカに聞くと、ドン引きだという。

エリカは、アスマに話があるからと毒島に下ろすように指示を出す。

イムホテプの仮面 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

イムホテプの仮面 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「イムホテプの仮面」。対象の身体状況を菓子か出来るアイテム。現在の怪我や体調の異常だけでなく、過去の怪我や病歴手術の過程に至るすべての肉体履歴を可視化できるアイテム。

エリカは、アスマにとんでもない女を連れているという。絹代にとってアスマが何人目か知りたいかとアスマに聞くエリカ。

アスマは絹代にとって何人目かの男 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマは絹代にとって何人目かの男 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

その意味がわからないアスマ。

体育館にもう一人、男が入ってきた。

男は自分のことをサイモン・F・ネッドと名乗り、この「ビッシオーネ」のボスだと名乗る。コードレスなのに、コード持ち3人相手に善戦したアスマは、やっぱりやると褒める。

サイモンは、バベルダンジョンのゴールを目指すために必要なものは、使えるコードと、優秀な仲間だという。サイモンは、アスマに仲間になってほしいという。

「ビッシオーネ」のボス、サイモン・F・ネッド | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「ビッシオーネ」のボス、サイモン・F・ネッド | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

しかし、アスマはサイモンを威圧し、申し出を断る。

サイモンは少し考え、毒島とエリカ以外は外せと指示を出す。単刀直入にいう。さっきいったバベルダンジョンをクリアするために精鋭を集めているといったのは嘘。でも今から話すことは本当。サイモンは自身は「特別枠」だという。そしてアスマも「特別枠」。

アスマが特別な理由は、「バベルダンジョン」の全てを知る者だということ。

サイモンはとあるレアアイテムを探していて、その在り処はアスマが知っている。だからアスマが欲しかったという。

アスマはバベルダンジョンの「全てを知る者」だというサイモン | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマはバベルダンジョンの「全てを知る者」だというサイモン | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第43話ネタバレ感想・まとめ

風呂回じゃなかった。。。

アスマがバベルダンジョンの「全てを知る者」と言っていたけど、それはタツキではないのか。それともアスマもそうだということなのだろうか。

サイモンは、バベルダンジョンをクリアすることを目的としていないのなら、レアアイテムをゲットして何かをしようとする。水嶋の目的と似たようなことなのだろうか。

サイモンは、外の世界では起業家で、バベルダンジョンのとあるレアアイテムの仕組みで金儲けしようということなのか。

そして、絹代にとってアスマが何人目かの男というのは、絹代はバベルダンジョンに何度も来ているということか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
「ビッシオーネ」の一員。岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
「ビッシオーネ」の一員。毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
「ビッシオーネ」の一員。吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
「ビッシオーネ」の一員。阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
「ビッシオーネ」の一員。円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

真衣
「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
真衣たちの仲間。

岩田
真衣たちの仲間。モヒカン。

須藤遊哉
彩花の彼氏。

江木心
遊哉の師匠。

メロ
江木の仲間。

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

サイモン・F・ネッド
「ビッシオーネ」のボス。

鬼頭
「ビッシオーネ」の一員。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

【最新話】偽装不倫 第56話ネタバレ感想『夫はサイコパスだった』

嘘の結婚生活と本気の不倫を続けるという葉子 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

嘘の結婚生活と本気の不倫を続けるという葉子 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

  • 偽装不倫 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 偽装不倫 第56話ネタバレ感想・まとめ
  • 偽装不倫 概要
  • 偽装不倫 登場人物・キャラクター
  • 偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

偽装不倫 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

賢治が葉子を愛していないということが理解できない鐘子。

賢治は、子供がほしいという。

賢治の意見を否定しない鐘子。

葉子は続ける。葉子たちは結婚相談所で紹介されたのが最初。たくさんの独身者のデータの中からお互い条件があったから結婚しただけ。

それでかっこいいダンナと結婚できたからいいのではと、それも肯定する鐘子。

賢治は、「僕にそっくりの子供がほしいから結婚したんだよ」といったという。

賢治は、今年中に子供を作って来年には育休とれるように仕事を調整してほしいという。

サイコパス賢治語録1 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

サイコパス賢治語録1 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

葉子は、結婚したばかりだし、もう少し、二人の時間を楽しんではというも、賢治は、葉子はもう31歳待ったなしだという。

賢治は、そのためにマスオになって二世帯住宅なら義母に子供を見てもらえるからだという。

葉子は二世帯住宅に関してはそのつもりで建てたけど、焦られなくてもいいと子作りには積極的ではなかった。

母体のことを考えると早いほうがいいという賢治。来年生まれたら成人するときに自分は57歳。息子と一緒にハワイでサーフィンはギリギリだと笑う。

サイコパス賢治語録2 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

サイコパス賢治語録2 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

息子かどうかもわからないというと、もし、女の子だったら、もう一人産んでもらうからという賢治。

賢治は、子供ができるように頑張ると。

サイコパス賢治語録3 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

サイコパス賢治語録3 | 引用元:偽装不倫 第56話 漫画:東村アキコ

頑張るの意味がわからない葉子。

夫の義務って感じで必死にやっていた。子作り意外はほとんどレス。葉子に魅力がないのもあるだろうけど、地味だし、色気ないし。でも子供の母親にはちょうどよかったんじゃないという葉子。

葉子は、賢治に恋人だった期間がほとんどないから二人で旅行したり、土日で近くの温泉いったり、子作りの前にそういう時間を持ったほうがいいというと、賢治は葉子の意見を受け入れて、これから半年はそういう時期にあてようという。

葉子は、賢治の区切り方に不満や違和感を感じる。

賢治は、話が通じているようで、通じてない。ゆずっているようで絶対にゆずらない。

賢治にとって、葉子はライフプランの一部に過ぎない。記念日もディナーもこの週末の温泉旅行も子供を作る前に過ごす二人の時間という彼のプラン。

それを葉子はカラオケのように延長し続ける。

賢治が求めることは当たり前。葉子自身もライフプランのために結婚したのだからと。

自分にとって条件のいい男を選んだ時点で葉子も賢治と同じ。

頭がおかしくなりそうという葉子。

結婚は甘くなかった。

浮気は甘い。甘くてやめられない。

仕方ないからどっちも続ける。もう二世帯住宅も建てちゃったんだから。

嘘の結婚生活と本気の不倫を続けるしかない。

その言葉に青ざめる鐘子。

偽装不倫 第56話ネタバレ感想・まとめ

サイコパス賢治。

自分そっくりの子供がほしいって賢治。。。ナルシストだったのか。

葉子をマシーンとしか思ってない賢治との結婚生活は悲惨だな。。。

だからといって不倫ではなく、離婚をすればいいと思うけど。。。

二世帯住宅を建ててしまったのが何。二世帯住宅に賢治の金も入っているのか。

離婚しようとしても、この状況だと葉子の分が悪くなるのだろうか。賢治は、結婚したら子供がほしい。葉子のいうように二人の時間も取るといっているから、賢治の対応に感情を抜きにすると悪いところはない。しかし、葉子の感情が全否定されてるわけで、この状態だと結婚という契約が事実上破綻している。それを感情抜きで賢治が原因であることを説明することは難しいのだろう。

でも、これは離婚すべきだろう。

葉子が賢治に恨みを持っていて、痛めつけるために離婚せずに、賢治の要望を叶えられないようにズルズルと時間を延ばしてるのならそれはそれでありだろうけど、不倫してるとなるとバレたときに葉子が圧倒的に不利になる。

でも、そんなことはどうでもいいのだろうな。

LINEマンガ『偽装不倫』を読んで。

偽装不倫 登場人物・キャラクター

濱鐘子
婚活に疲れた30代女性。韓国一人旅行で婚活サヨナラパーティをする予定。

ジョバンヒ
鐘子の偽装不倫相手。韓国人男性。韓国行きの飛行機で出会う。去年まで日本の大学に留学していた。

こぶたん
ジョバンヒの荷物でできた鐘子のたんこぶ。使い古された手法の幻覚。

葉子
鐘子の姉。鐘子に婚活を推し進める。

賢治
葉子の夫。商社マン。年収1000万円。

ジョバンヒの姉
スペイン料理の店を経営している。

ユン
ジョバンヒの主治医。

風太
髪の毛がピンクの男の子。葉子の不倫相手?総合格闘技の選手。

偽装不倫 概要

「偽装不倫」は婚活疲れを癒そうと海外旅行に向かった主人公が、行きの飛行機でイケメンと“禁断”の出会いを果たすことから始まるストーリー。オールカラーの週刊連載。

偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

【最新話】偽装不倫 第55話ネタバレ感想『葉子と賢治の間のある夫婦の真実』

露天風呂に入る鐘子と葉子 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

露天風呂に入る鐘子と葉子 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

  • 偽装不倫 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 偽装不倫 第55話ネタバレ感想・まとめ
  • 偽装不倫 概要
  • 偽装不倫 登場人物・キャラクター
  • 偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

偽装不倫 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

鐘子を連れて、夫が待つ熱海の旅館に着いた葉子。

夫・賢治は笑顔で迎える。

夕食は食べたかと聞く賢治に食べたと返す。新幹線の中でサンドイッチを食べた鐘子と葉子。

賢治は、ビールを冷蔵庫から出して、コップに注ぐ。

葉子たちが着替える間もなくビールで乾杯する三人。

賢治は、何があってこんなことになってるのかと話を切り出す。

葉子は、大変だったと賢治に謝る。

葉子は、最近、鐘子がと原因を鐘子に振る。

何の打ち合わせもない鐘子にとって葉子が何を言い出したいのかわからない。

葉子は、鐘子がメンタル的にやばいと言い出す。

今日も、旅行先から電話をかけてきて、鐘子はもうギリギリだという。そして、葉子は鐘子に同意を求め、肩に手を置く。

賢治は、鐘子がメンタル的にヤバイということを信じられないでいた。旅行も一人旅で楽しそうだったと。言葉を詰まらせる鐘子に、葉子は鐘子の旅は逃避だという。

賢治は、鐘子に何があったのかと聞く。不倫でもしているのかと。

急にメンタルやられるなんて恋愛がらみとしか考えられない。鐘子は、実家でいつも気軽にのんびり暮らしている。それだけ悩むということは不倫と断定する賢治。普通の彼氏なら隠す必要ない。

不倫について葉子に直接聞く賢治 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

不倫について葉子に直接聞く賢治 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

賢治は、葉子に不倫は葉子的にはどうなのかと聞く。不倫している人ってどう思う?と聞く。

葉子は、最低だとばっさり。

不倫は最低だとばっさり斬る葉子 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

不倫は最低だとばっさり斬る葉子 | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

その言葉に驚愕する鐘子。

葉子は、ビールもなくなったし、露天風呂終わる前に入ろうとそそくさと鐘子と部屋を後にする。

露天風呂で、葉子は鐘子に欲しいバッグをネットで見つけてリンク送ってという。鐘子はほしいバッグなんてないという。優しい賢治に嘘をつくのに付き合わされるのは嫌だという。

嘘を突き通すのも優しさだという葉子。それは不倫オヤジのセリフだという鐘子。

鐘子は、風太とは本気ではなくて遊びなんだよねと葉子を問い詰める。

葉子は自分は悪くないという | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

葉子は自分は悪くないという | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

葉子は、自分は悪くないという。愛していないという葉子。

鐘子は、葉子が風太のことを愛していないのだと思って不倫はやめようと説得しようとすると、葉子はそっちじゃないという。

鐘子は、賢治を愛していないということと確認すると葉子はそっちでもないと応える。

賢治が、自分のことを愛していないという葉子。

葉子は愛していないという | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

葉子は愛していないという | 引用元:偽装不倫 第55話 漫画:東村アキコ

偽装不倫 第55話ネタバレ感想・まとめ

賢治の誘導尋問に引っかかった葉子。鐘子のメンタルがヤバイという原因を隠した状態ではあるけど、賢治が不倫と断定した時に否定しなかった。そして、否定しないまま、賢治は葉子に不倫についてどう思うか質問。葉子は最低だと言い切る。

鐘子が落ち込んでいる原因が不倫を否定していないのに、不倫自体を否定するというのは、鐘子のメンタルを考えたらばっさりとはいうのは酷。

不倫は最低というには、まず鐘子のメンタルに落ち込んでいる原因を不倫であることを否定しておかないと。賢治は、葉子自身が不倫しているのに不倫について聞くことで、自分への思いがどれだけあるかを測っていたのではないかと思う。

不倫しているのに、不倫に対して断言して否定する。それは、自分は不倫しないというアピールとともに、賢治にも気持ちはないと断言しているようなもの。

これで賢治は、葉子の気持ちを確認したのだと思う。

それにしても、葉子の告白。本当だろうか。賢治が葉子を愛していない?これも葉子の嘘だろうか。、もし、葉子の言い分が本当だとしたら、賢治は、葉子を愛してもいないし、子供もいないのに結婚して、家まで葉子の親に立てさせて、何がしたいのだろうか。

可能性としては二つ。

賢治自体が元々家が貧乏で、勉強し、いい企業に就職して、家庭を持ち、持ち家を持つことが夢で、それに向かって突き進んだ結果というだけで、形があっても中身がないパターン。

もうひとつは、葉子の実家と二世帯住宅で暮らしているなかで、鐘子のことが好きになって、葉子から気持ちが離れてしまったというパターン。

前者の派生でいくつかパターンはあるが、夫婦や濱家以外のところに原因がある場合だと、話が盛り上がらず、収束していくしかないので、「賢治が葉子を愛していない」という原因が夫婦内や濱家内にあってほしい。

だから、

・葉子が嘘をついている
・賢治が鐘子を愛してしまってる

のどちらかであってほしいな。葉子が最初に「私、悪くないよ」と言ってるところから、葉子の不倫の原因は賢治にありそうだけど。大体原因なんて自分にないと思ってしまうものだからわからないな。

鐘子をこき使ってるのは、賢治が鐘子のことが好きである意味で鐘子のせいでこうなったんだからいいでしょの精神だろうか。

葉子が不倫を「最低」とばっさり言ったのは、鐘子が好きになってる賢治へのメッセージでもあるのか。

LINEマンガ『偽装不倫』を読んで。

偽装不倫 登場人物・キャラクター

濱鐘子
婚活に疲れた30代女性。韓国一人旅行で婚活サヨナラパーティをする予定。

ジョバンヒ
鐘子の偽装不倫相手。韓国人男性。韓国行きの飛行機で出会う。去年まで日本の大学に留学していた。

こぶたん
ジョバンヒの荷物でできた鐘子のたんこぶ。使い古された手法の幻覚。

葉子
鐘子の姉。鐘子に婚活を推し進める。

賢治
葉子の夫。商社マン。年収1000万円。

ジョバンヒの姉
スペイン料理の店を経営している。

ユン
ジョバンヒの主治医。

風太
髪の毛がピンクの男の子。葉子の不倫相手?総合格闘技の選手。

偽装不倫 概要

「偽装不倫」は婚活疲れを癒そうと海外旅行に向かった主人公が、行きの飛行機でイケメンと“禁断”の出会いを果たすことから始まるストーリー。オールカラーの週刊連載。

偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

【ドラマ化決定】偽装不倫 第54話ネタバレ感想『飛行機で気絶するジョバンヒ』

最新話 表紙 | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

最新話 表紙 | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

  • 偽装不倫 第54話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 偽装不倫 第54話ネタバレ感想・まとめ
  • 偽装不倫 概要
  • 偽装不倫 登場人物・キャラクター
  • 偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

偽装不倫 第54話ネタバレストーリー・あらすじ

ソウル行きの飛行機が離陸準備に入っていた。

機内では、薬をカバンから出して準備するジョバンヒ。

隣にはクマの帽子を被った小さな男の子が本を静かに読んでいる。

後ろの座席から母親が隣の子供のことについてジョバンヒに一言断りを入れる。

母親は男の子よりも小さな女の子の相手をしなければならなかった。

ジョバンヒは快く返事をする。

泣く女の子。母親は、男の子にいい子にしててという。ゆうくんと呼ばれて男の子は、けだるそうに返事をする。そんなやりとりを微笑ましく思うジョバンヒ。

ジョバンヒは、ゆうに飛行機が怖くないのはすごいというと、いつも乗ってるから怖くないというゆう。父親が仕事で韓国に住んでいるからと。ジョバンヒが、パパに会いにいくんだねというとうんと応えるゆう。

その時、機体が大きく揺れる。

機内放送で、気流の乱れにより、しばらく揺れが続く、フライトには影響はないという内容だった。

ジョバンヒの隣に座る怖くないと強がるゆうくん | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

ジョバンヒの隣に座る怖くないと強がるゆうくん | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

ジョバンヒはゆうを心配するも、ジェットコースターも怖くないと強がるゆう。

ジョバンヒは、ゆうに捕まっててもいいよというとゆうはすぐにジョバンヒの腕にしがみつく。

機内放送で気流の乱れによる揺れが激しいため機内サービスを控えるという内容だった。

ジョバンヒは薬を用意していたが水が運ばれてこないことで飲むことができなかった。

機内から夜空を眺めるジョバンヒ | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

機内から夜空を眺めるジョバンヒ | 引用元:偽装不倫 第54話 漫画:東村アキコ

揺れる機内。ジョバンヒは外の夜空を眺める。

そのまま目を閉じるジョバンヒ。

テーブルから薬が落ちても気づかないジョバンヒ。

ゆうが、薬が落ちたことをジョバンヒに伝えるもジョバンヒに反応はない。

ゆうは、ジョバンヒが寝ているものだと思う。

偽装不倫 第54話ネタバレ感想・まとめ

ジョバンヒの病気は、脳腫瘍だろうか。

飛行機に乗れないということは、脳腫瘍が肥大したことで、頭蓋内圧が高くなるような症状がでていて、飛行機の搭乗は危険と医師が判断したということだろうか。

LINEマンガ『偽装不倫』を読んで。

偽装不倫 登場人物・キャラクター

濱鐘子
婚活に疲れた30代女性。韓国一人旅行で婚活サヨナラパーティをする予定。

ジョバンヒ
鐘子の偽装不倫相手。韓国人男性。韓国行きの飛行機で出会う。去年まで日本の大学に留学していた。

こぶたん
ジョバンヒの荷物でできた鐘子のたんこぶ。使い古された手法の幻覚。

葉子
鐘子の姉。鐘子に婚活を推し進める。

賢治
葉子の夫。商社マン。年収1000万円。

ジョバンヒの姉
スペイン料理の店を経営している。

ユン
ジョバンヒの主治医。

風太
髪の毛がピンクの男の子。葉子の不倫相手?総合格闘技の選手。

偽装不倫 概要

「偽装不倫」は婚活疲れを癒そうと海外旅行に向かった主人公が、行きの飛行機でイケメンと“禁断”の出会いを果たすことから始まるストーリー。オールカラーの週刊連載。

偽装不倫を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想『絹代の嘘』

タツキの部屋でベッドの上に絹代と一緒に行為に及ぼうとしている記憶が甦る | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキの部屋でベッドの上に絹代と一緒に行為に及ぼうとしている記憶が甦る | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

吉那の突然の誘いに戸惑うタツキ。吉那は、男子同士が川原で殴りあって親交を深めるのと同じだと言い出す。タツキは服を着て欲しいと吉那から目を反らす。その行為から、吉那はタツキが「初めて」かと聞く。

男女の営みにはその人間の本質が嘘偽りなく現れる。言葉や態度でなくタツキの人となりを推し量れる最良の手段だといい、吉那はタツキの手を自分の胸に持っていき、揉ませる。

タツキの手を取って自分の胸に押し当てる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキの手を取って自分の胸に押し当てる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

同時に、吉那のことも理解できる。初めてでも構わない。タツキの思うようにすればいい。

吉那は、行為に及ばないタツキが「初めて」だからという理由に好きにすればいいと応えてもタツキが応えない。次の理由として、吉那との行為が嫌かと聞く。

タツキは顔を赤くしてそういう問題じゃないという。

アイギスの傘の外に「狩人」が現れる。

しかも一人だけではなく複数の「狩人」がアイギスの傘を取り囲んでいる。

吉那は、いい機会だから「狩人」を観察するようにタツキにいう。「狩人」にはランクがある。虫の形をした「丁型」は最も弱いが数が多いから厄介。人型をした「丙型」。動きは俊敏ではないが、力が強い。アイギスの傘のテントを破壊する力はない。「丙型」が変形して「乙型」に進化すると厄介。「乙型」までならアイギスの傘を破壊することはできないとタツキに説明する吉那。

「甲型」は割合的に数は少ないが、見返りは大きい。基本逃げるべき「狩人」だという。

このミッションでは「狩人」を倒しても「コードインジェクター」を入手できる。「丁型」「丙型」なら食料や衣料など日用品や消耗品がメイン。「乙型」以上なら星4以上のレアコードが入手できる。このミッションは今後のための強化期間とも解釈できる。

ファングの奴がいたら宝の山だと狂喜するという吉那。

BDCに見られて恥かしがる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

BDCに見られて恥かしがる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキは、ここの勢力の話を切り出すも吉那は突然、胸を隠し、恥かしそうに「BDC」のことを口にする。タツキは、「BDC」に吉那のカラダが見えないように目を閉じる。そのスキを付いて、吉那はタツキを押し倒し、馬乗りになる。

吉那は、何があっても相手から目をそらすなとタツキに説教する。タツキは、一度は吉那を見るが「BDC」のことを考えて、また目を反らす。

隙を突いてタツキに馬乗りになる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

隙を突いてタツキに馬乗りになる吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

吉那は、もう慣れたから気にするなという。ココに来る前も見られてなんぼの仕事だったという。バベルダンジョンでは、使えるものはなんでも使わなければ生き残れない。自らの身体や貞操などその最たるもの。ここまで来ていればそれぐらいのことは理解しているだろうとタツキに問う。

タツキは、頭痛がする。

言われなくてもそんなことはわかっていると返すタツキ。

タツキは、それで彼女に助けられたと。だからといって、納得できるものではない。タツキはそんなこと認めないと涙を浮べる。そんなことで彼女が辱めを受けるいわれはない。バベルダンジョンのルールなんて知ったことかというタツキ。

そんなタツキを面白く不思議だという吉那。佐鳥アスマより断然興味が湧いてきたという吉那。

タツキの頭痛が酷くなっていく。

タツキに「初めて」かと質問する吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

タツキに「初めて」かと質問する吉那 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

吉那は、タツキに質問をはぐらかす悪い癖があるという。さっきの質問にこたえてもらっていない。吉那はタツキに顔を近づけて、「初めて」かと聞く。

その言葉に、タツキはある記憶が甦る。

絹代が「樹も始めてだよね」といる記憶。記憶の部屋はバベルダンジョンの攻略の紙が壁に貼られた自分の部屋のようだった。

その記憶に驚愕するタツキ。

部屋に絹代がいたということは、バベルダンジョンのことを調べているということを知っている。絹代はタツキに嘘をついているのかと思う。

タツキの身体に斑紋が浮かび上がる。

巨人の谷底にて。

建物の中で、縛り上げられている絹代。そこにエリカがやってくる。エリカを見ても動じない絹代。エリカは、そんな絹代を見て、毒島が気に入るはずだという。

これからボスに会うために絹代を風呂に入れるというエリカ。

その前に、お医者さんごっこをして、絹代を検品するというエリカ。

イムホテプの心眼。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第42話ネタバレ感想・まとめ

次回は皆が大好き風呂回か。

エリカが持っていた仮面はファッションかと思ったけど、普通に考えたらアイギスの傘と同じようにバベルダンジョンのアイテムだよね。

「イムホテプの心眼」

イムホテプは、wikiによると以下の通り。

————–

イムホテプは、古代エジプトの高級神官。第3王朝のファラオのジェセルに仕えた宰相で、第3王朝最後のフニの時代まで活躍したとされる。

トートの神官であり、祭儀文朗読神官長の地位にあったが、ナイル川が7年にわたって氾濫せず、深刻な飢饉が発生した際、ジェセルからどうすべきか下問されたところ、ナイル川の水源の主であるクヌムの神殿に土地を寄進すれば再びナイル川は氾濫するであろう、と答えたと記す古代文書が発見されている。

また、史上初のピラミッドといわれる、ジェセル王のピラミッドを設計したことでも知られる。建築家としてのみならず、内科医としても優れ、死後には「知恵、医術と魔法の神」として神格化され、ギリシャの医神アスクレーピオスと同一視された。

イムホテプはメソポタミア出身という説がある。

ジェセル王のピラミッドのそばには、名を記念したイムホテプ博物館がある。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都をはじめとしたシリーズに「イムホテップ」という名の神官が登場する。

————–

つまり、建築家で内科医。心眼という名前からして、相手の心を読むアイテムか。だとするなら、土田に「アスマ」かと問うたときにも使えばよかったのに。使わなかったということは、そこまで万能な能力はないということか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

真衣
「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
真衣たちの仲間。

岩田
真衣たちの仲間。モヒカン。

須藤遊哉
彩花の彼氏。

江木心
遊哉の師匠。

メロ
江木の仲間。

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!